Entries

『ラブライブ!サンシャイン!!』メロディとロケーションを利用した意味の補完

『ラブライブ!サンシャイン!!』二話「雨の音」は次回予告の映像やサブタイトルとは裏腹に、仲間達の魅力を再確認して明日へと繋げる美しい作品だった。特に音響演出が素晴らしく、二度三度と見直して音を確かめることで気づく要素が多い一話だったように思う。

二話はまずアバンタイトルからして素晴らしかった。「0を1に、1を10にしても廃校を阻止することは出来なかった」という現実に打ちのめされたAqoursが「それでも諦められない」と意思を固めて再び立ち上がるまでを描いた前話を踏まえて、現理事長の小原鞠莉の交渉から始まり、彼女達が起こす「奇跡」を具体的な形として提示する。その奇跡を「0から1に」や「1から10に」と言った作中で何度も何度も繰り返されてきたセリフに合わせて「10から100に」と表現するのは分かりやすいし、何よりステップアップした彼女達の新たな目標であることを改めて確認させてくれる。
オープニングが終わった後は短期的な目標――つまり今すぐ取り組まなければならない事の再確認。「ラブライブ!予備予選のための新曲制作」と「入学説明会用の新曲制作」、「浦の星女学院のスクールアイドル」にとって大事な事だという事を見せた後、二つの目標の並行処理は作業量が多く、中心核である高海千歌・桜内梨子・渡辺曜への負担が大きい事を見せる。ここで二つの作業を切り分けて、今回の話が「中心核となる二年生以外にスポットを当てた話である」ということを理解させている点はさり気ないが上手い。元々二年生組の制作過程は一期でも散々見せているわけで、二年生以外にスポットを当てさせる方法としてはかなり綺麗に落とし込んでいるように思う。
「作業量分担のため、これまで制作の中心にいた二年生抜きで楽曲を作ることになった」とはいえ、Aqoursの一年生組と三年生組はかなり真逆の属性を持った存在だ。一年生組は文学少女の国木田花丸を始めインドア系を趣味に持っているし、三年生組は松浦果南を始めとして体を動かすことが好きなアウトドア系である。黒澤ダイヤと黒澤ルビィは仲の良い姉妹である事から両陣営に一定の理解を示すものの、趣味嗜好の話であるため「譲る」ということはなかなか難しい。「二年生組の不在」という状況がAqoursにとって予想以上に大きなものである事を感じさせると共に、二年生組がいてこそ今まで一つのユニットとして動いていた事を見せつけるような展開だが、その趣味嗜好の違いを「音」に例え、「自分と違う音を合わせると音楽となる」としたのは良い着地のさせ方だった。
寺で雨宿りすることになった六人は雨漏りを様々な形の器で受けることで、世の中には様々な器があって同じものを受けたとしても全く違う音を響かせる事に気づく。音の違いがあるから違う音同士を重ねることで深みが増し、違う音を繋げることでメロディになる。そのことに気づくことで新たな楽曲が生まれる、という展開そのものも素晴らしいのだが、天井から垂れた水滴が床に置かれた器に落ちた時に一音響き、それが連続することでメロディが紡がれるように嵌め込まれた音が素晴らしい。加藤達也氏の制作した劇伴そのものがそういう作りであるのか、それとも音響チームがギリギリまでタイミングを調整して行ったこだわりの仕事なのかは分からないが、「数多ある音が重なり、連なることでメロディになる」という着地点を耳でも感じさせてくれるのは素晴らしい演出ではないかと思う。さすがは『ラブライブ!』である。今回の裏側で二年生組も新曲を無事に完成させたようであるし、二曲そろって披露される日を楽しみに待ちたい。

その他によかった点としては「静岡県沼津市内浦」と言う場所のロケーションならではの演出を上げたい。
元々『ラブライブ!サンシャイン!!』は静岡県沼津市内浦と言う場所をしっかりと研究して制作された作品であるが、今回は特に「内浦でしか見られないもの」を盛り込み、セリフの補強として上手く使っていた。
例えば屋上での練習中にラブライブ!の厳しさにぼやく千歌に対して、ダイヤが「頂からの景色を見ることが出来る景色が、出来るのですわ」と返すシーンがそうだ。カメラをぐっと引いてロングショットで左へとゆっくりとPAN(カメラを振る)ことで遠くに富士山が見える。富士山といえば「日本一の山」なので、ダイヤが例えた「頂き」が「日本一の場所」という意味合いであることが伝わってくる。これは富士山が見える場所でなければ出来ない上手い補完の仕方だ。そういう意味では『ラブライブ!サンシャイン!!』は自分達の扱っているものを上手く作品の中に組み込んでいると言えるのではないだろうか。

『ラブライブ!』と言うシリーズにおける三話は重要な意味を持つが、その意味を形にするためには一話と二話までで描くべきものを精査しなければならない。『ラブライブ!サンシャイン!!』は2nd seasonにおいてもその点においてはきちんと精査できているように思うし、描ききれている。だからこそ三話が楽しみで仕方がないのだが、はたしてどうなることか。Aqoursがラブライブ!に進めることを期待したい。






スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2398-98cf34ed

0件のトラックバック

2件のコメント

[C1725]

なんでツイ垢に鍵かけたんですか?

[C1726] Re: タイトルなし

「仕事の関係です」としか言えないです。
  • 2017-10-17
  • 水音
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター