Entries

『スーパーマリオオデッセイ』ファーストインプレッション

かねてから注目していた『スーパーマリオオデッセイ』が10月27日に発売された。いや正しく言おう。『発売されてしまった』。
由々しき事態である。現在のところ冬コミの原稿の進捗状況は大体五割程度であり、その他の仕事も進捗状況は好調だとは言い難く、追加でいくつかやらねばならない作業が降り掛かってきたばかりである。手の空いている時間があれば『アズールレーン』のハロウィンイベントの周回をしておきたいし、『Fate/Grand Order』のハロウィンイベントもまだ走りきれていない。
12月1日には『ゼノブレイド2』が出てしまうし、「ウルトラマンゼロとベリアルが出て来る」というだけで購入してしまった『巨影都市』もある。『モンスターハンターワールド』は「未来で待ってる」と財布から前金として金を抜き取って予約券を置いていった。何もかも時間が足りない。圧倒的に余暇不足である。自分の手が足りない。可能ならば分身したいぐらいである。ああ、『スーパーマリオオデッセイ』をやれるのはいつの日か! 『ゼノブレイド2』までに開封できれば幸運に恵まれたぐらいの気持ちを作っておいたほうがいいのかもしれない。
ということを思っていたのが発売日直前の自分だったのだが、やっぱり「自らの手で購入してしまい」、「職場にも持ち込めてしまう」ハードで出てしまったらもうやらないでいることは出来ない。いくら鋼の意志を持ったとしてもだ。大体鋼だって熱を加えればいつかは融点に達して溶け出してしまうのだから、鋼の意志なんてものは熱くさせてくれる何かの前では無意味なのである。

そんなわけで熱が加わってすっかり柔らかくなってしまった鋼の意志を相棒に『スーパーマリオオデッセイ』をプレイしているのだが、これがもうハチャメチャに面白い。下手すると『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』以上に新しいマリオに夢中になっている。
今回の『スーパーマリオオデッセイ』で素晴らしいと思うのは、何と言っても「一つのコンセプトに統一された国々を探索する面白さ」だ。
今回の『マリオ』は「旅」がテーマということで、ピーチを連れ去ったクッパを追いかけて砂漠の国、森の国、湖の国、雪の国、都会の国……と様々な国を相棒であるキャッピーと共に巡っていくのだが、どの国もコンセプトが明確にあって、それらの国々を走り回っているだけで楽しい。砂漠の国は「砂漠」ということで砂丘を始めとして緩やかに高低差がつけられているし、都会の国はマリオらしからぬビジュアルである事や敵らしい敵は町中には皆無であるものの、だからこそスクーターに跨ってビルとビルの合間を走り抜けるマリオに面白さが現れている。加えて「訪れた場所をしっかりと探索すれば絶対に何かがある」というのが嬉しい。
本作では「パワームーン」という収集アイテムが有り、このアイテムを集めていくことで次の国へと行く事が出来るのだが、「次の国に行くために必要なパワームーンの量」よりも遥かに多くの量のパワームーンがサブイベントとともに隠されており、それらを発見するのが本当に楽しい。巨大なアスレチックをただブラブラと歩き回り、ジャンプやダッシュを駆使してパワームーンのある場所に辿り着けた時の気持ちよさは何者にも変え難く、「一つ一つの国をプレイヤーが探索したくなる仕掛け」としては非常によくねられていると思う。

また今回の新アクションとして用意された帽子投げアクションも良い。攻撃範囲を広げている事はもちろん、帽子を足場にしてさらなるジャンプが出来るなど従来のアクションを拡張するアイテムとして活用されているのも良いのだが、やはりキャプチャーが凄く面白い。帽子をかぶることが出来るものに帽子を投げつけた時、そのものに憑依して操ることが出来るのだが、これにより「今まででは出来なかった事ができるようになる」。これにより何でもない場所が道となり、不可能な行動は可能なものとなるのだから面白い。
パワームーン探索ももちろんこうした事を駆使することになるため、頭を捻って突破していくことになるのだが、自分が当たりをつけた方法がパワームーンといった形で返ってくるのはとても嬉しい。
加えて今回、こうした「帽子投げとキャプチャーを駆使して試行錯誤する面白さ」を中心に据えた事で、アクションとしては若干ではあるがマイルドになっているように感じる。特にマリオ状態の時に要求されるアクションは複雑な操作を要求するものがなく、出来る事はシンプル極まりない。これがいいことなのか悪いことなのかは分からないが、このシンプルな設計は自分としてはかなり好みだ。なおアクションに自信があるプレイヤー向けに応えるものもあるため、この辺の懐の広さはさすがといったところか。でもミニゲーム関係の面倒臭さは難易度云々よりも面倒さの方が勝るのでちょっと困る。

全体的にはそんなところだが、最後にこれだけは述べておく。
旅の思い出として買ったステッカーを見て、船の形が帽子であったことの意味に気づいて感動した。
ずるいよこれ。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2402-022f832a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター