FC2ブログ

Entries

『シンゴジラ』地上波放送に寄せて

先日『シンゴジラ』がついに地上波放送されました。
「限られた放送時間の中にきっちりと収めなければならない関係上、結構なカットが入るのでは?」と危惧していたのですが、まさかのほぼノーカット! CMに入るタイミングも悪くなく、おまけにグランゼーラの『巨影都市』のCMまで挿入されるなど何とも「分かってる」感のある放送で、編集担当を始め今回の放送に尽力された関係者の方々の愛を感じざるを得なかったわけですが、まさか公開してから一年以上経過して再び「『シンゴジラ』と同じアプローチをした特撮作品のプレゼン」の熱量まで蘇ってくるとは思わなかった……! いや熱いプレゼンが多く、面白いから大好きなんですけどね!
この手の話で真っ先に名前が挙がるのは金子修介監督の『ガメラ 大怪獣空中決戦』『ガメラ2 レギオン襲来』『ガメラ3 邪神覚醒」の、いわゆる平成ガメラ三部作だと思うのですが、個人的にお勧めしたいのは小中和哉監督の『ULTRAMAN』ですね。

新たなウルトラマン像の開拓をテーマに円谷プロダクション自らが立ち上げた「ULTRA N PROJECT」。そのプロジェクトの中核を担う作品の一つとして制作された『ULTRAMAN』ですが、この作品で特徴的なのは『シンゴジラ』と同じように「もしも現実でフィクションとしか思えないような出来事が起きたとしたら」のシミュレーションを行っていること。
そのため本作には多くのウルトラ作品に存在するような防衛隊のようなものは存在せず、怪獣出現時に戦うのは自衛隊となっており、板野一郎が空中戦を演出したおかげもあってミサイルが板野サーカスっぽい軌道をしたり、ウルトラマンのピンチを直接的に救うなどやたら強い空自を見ることが出来ます。
「現実的な目線で制作された『ウルトラマン』第一話」「現実にもし怪獣が出現したら」という現実に足を着けた数々の描写に目がいきがちですが、柱に据えられた「愛する家族を守るためにウルトラマンと共に戦う覚悟を決める父親」という物語も熱いのでオススメです。
なお本作のその後の世界を舞台にした作品として『ウルトラマンネクサス』があり、こちらはハードな展開こそ多いものの終盤の怒涛の展開とハードな展開があってこその絶大なカタルシスから今もなお根強いファンを持つ作品に仕上がってますので、興味がある方はこちらも是非!

「大災害に立ち向かう人々を描いた作品」という視点から言えば『救急戦隊ゴーゴーファイブ』はいい作品ですね。
世紀の大災害である大魔女グランディーヌを復活させようとする災魔一族! そんな災魔一族が引き起こす災害から人々を守るために立ち上がった五人の兄弟達!父親が開発したアンチハザードスーツを着装した彼らは救急戦隊ゴーゴーファイブとして人々の命を救うために出動する!という粗筋の作品なんですが、この作品の最大の魅力は「敵と戦う事」が目的ではなく、「人々の命を救うこと」が目的なことですね。なので敵を目の前にしても優先されるのは救命活動で、敵と戦う事はどちらかと言えばメインではないというのがまた面白い。ゴーゴーファイブと敵との戦いが始まったらアナウンスが流れたりする描写もあったり、ゴーゴーファイブではないごくごく普通の救命救急士達と連携して人々の救命活動に励んだりという描写があったりする辺りに凄くシビれますね。
また敵は単体で地震などの大災害を起こすことが可能にも関わらず、主人公達の装備はその全てが科学由来なので敵に圧倒される事が多いのも特徴といえば特徴ですね。何度倒れても、何度傷ついても立ち上がって、人々の命=無限の未来を守るために戦う彼らの姿は格好よかったです。
ところでゴーブルーが絶対アマゾン殺すマンになって特撮にカムバックしたのは色々と面白かった。いや好きですけどね、『アマゾンズ』。

あとは『仮面ライダークウガ』はこの手のお話では外せないですね。
突如現代に蘇った超古代の先住民族グロンギがゲームと称して人々を襲い始めた。冒険家・五代雄介は遺跡から発掘されたベルトから感じ取った戦士のビジョンに導かれ、戦士=クウガに変身!人々の笑顔を守るためにグロンギと戦う!という作品なんですが、この作品の魅力は「人々の笑顔を守るために戦い、暴力は嫌う」という五代雄介の人間性もあるんですが、「恐れながらもグロンギに立ち向かう警察官達」という描写が終盤に至るまで徹底されている事ですね。
確かにグロンギは五代雄介=クウガでなければ対抗できない存在ではあるんですが、五代雄介は一般人なので神出鬼没なグロンギには対抗できませんし、中盤以降に目覚めた金の力は絶大なエネルギーを秘めている分、都市部で使えばそれだけで大きな被害を巻き起こしてしまう。この辺りを一条薫を始めとする警察と連携を取り合うことで克服し、グロンギ達に対抗していく!という作劇は色々な意味で衝撃でした。あと被害者側の描写が生々しい……。特にゴ・ジャラジ・ダ回あたりは台詞でとはいえ「訳も分からずに死ぬのが怖い」と発狂して自殺した人間の存在まで言及されているのがあまりにも……。おまけに「倒す」ということに解放感がないんですよね、この回……。

とまあ、色々と作品を上げてきましたが、特撮も長い長い歴史があるので、「もし本当にこういうことが起きたらどうなるのか」というアプローチした作品も数多く存在して面白いですね。また同じアプローチでもその時代ごとの現実が反映されていたりして、そういう部分もまた面白いところではないかと思います。
ところで変神パッドの仕様は現実に目にすると滅茶苦茶笑えますね……。これさえあればいつでも「宝生永夢ゥ!」が出来ると思うと愉快だ……。

  
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2408-4a279045

0件のトラックバック

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター