FC2ブログ

Entries

『ラブライブ!サンシャイン!! 2nd season』七話と永遠に残る記録と言う名の記憶

当たり前のことだが、物語に組み込まれなければ設定は所詮設定に過ぎない。いくら設定レベルでは面白くとも、その設定を物語の中に組み込み、血を通わせなければその設定は魅力的にはならない。設定は活かさなければ意味が無いただの文字列に過ぎないのである。
今回の『ラブライブ!サンシャイン!!』は素晴らしかった。Aパートを丸々使って「僅かに力が及ばず、廃校阻止が出来なかった」という挫折の物語を描き、Bパートでその挫折からの再生の物語をやる。CMで一旦流れが途切れる事を見越しての構成も上手かったし、一話で片付けてしまう事で後を引かなかったのも良かった。
その中でも特に素晴らしかったのは「廃校を阻止できなかった」という事実に血を通わせ、上手に肉付けして「Aqoursの物語」として再構築している点だ。元々凄い作品ではあるが、今回は本当に素晴らしかった!

そもそもアニメ放送以前から展開されていた電撃G'sマガジンの連載小説の頃からAqoursは廃校を阻止する事が出来ていない。2016年6月末に発売された『ラブライブ!サンシャイン!! FIRST FAN BOOK』においても複数人物が「廃校は決定済み」「無くなってしまう」と述べており、Aqoursはどれだけ頑張ったとしても「浦の星女学院は近いうちに廃校になってしまう」という事実は決定事項で、既に揺らぎようがない事実のようだ。
もちろんこれは雑誌展開では「決定済み」というだけで、アニメにおいてそれを踏襲する必要はないといえばない。現に雑誌連載では「Aqoursの活動が始まった時点で廃校は決定済み」だったものが、アニメでは「廃校を阻止できるかもしれない」というところからスタートするし、現在展開されている『2nd season』では「入学希望者数100人を突破すれば廃校が阻止できる」という具体的な目標が設定され、一話から六話まではその「100人」に向かって走っていく物語が展開されているわけで、「両者は基本設定を共有するものの別個の作品として制作されている」と見てほぼ間違いないだろう。
今回の七話でアニメでも「廃校決定」という結果となったことは「アニメが連載小説に合わせた」というよりも「基本設定の段階でそうだったものが、ようやくアニメでもそうなった(つまり予定調和だった)」という気がしないでもないのだが、それでも「彼女達の手が、指先が奇跡にあと一歩届かなかった」と言う事実に無力感を覚え、彼女達が悔しがる姿に共感してしまうのはアニメが彼女達を血の通った存在として描き、彼女達が一つ一つ不可能を可能に変えていく様を見せて「奇跡を起こせるかもしれない」として信じさせるような物語を紡いできたからだろう。これはアニメスタッフの功績だし、同時に演じるキャストの力があってこそだ。

こうした血の通った「挫折の物語」を丁寧に描いたことと同じぐらい、挫折から復活する物語の方も素晴らしいの一言だ。
「浦の星女学院を守りたい」という彼女達の願いには「この場所があったからこそ私達は出逢えた」という彼女達の確信も含まれていた。だからこそ彼女達は「私達が出逢えたこの場所を守りたい」と必死になり、「この場所で出逢えた私達の輝き」を追い求め続けた。しかしそれは叶わぬ願いとして水泡のように弾け、波に飲まれて消え去ってしまった。
「唯一無二の仲間と出逢えた場所すらも守れなかった」のだ。「私達ももっと輝きたい」を目的に始めたスクールアイドル活動への意欲すらも失われてしまっても無理からぬ事だろう。
浦の星女学院は力及ばず、無くなってしまう。しかし廃校が覆しようのない現実になったからと言って、Aqoursがやってきたことのその全てが無に帰すわけではない。少なくとも浦の星女学院はAqoursがいなければ全校生徒が「廃校阻止」と言う目的に向かって一致団結することはなかった。「廃校」という危機を自分達の力で打開しようと思うことはなかった。
だからAqoursが輝きを失った時、希望を見失った時、彼女達は自分達がAqoursの九人がしてくれたように希望を示す。
「この場所がここにあったという事を永久に残る歴史の中に刻みつけて欲しい」と。
たとえ浦の星女学院という場所が失われたとしても、「浦の星女学院のスクールアイドル」の記録は「そこに確かにあった」という記憶を蘇らせる。それは永久に「浦の星女学院」が存在し続けるのと同じことだ。廃校阻止と比較しても見劣りしないほど凄い偉業なのだ。

「終わらないこと」を求めた九人は「終わり」を受け入れ、仲間達の想いを背負って自分達に出来ることを目指して再び輝き出した。
決戦はアキバドーム。それは憧れたμ'sが切り開いた地平のその先にあるラブライブ!のステージ。
最後の最後の瞬間まで足掻き続ける彼女達が残す記録は、見届けたものたちの中でどんな記憶を残すのだろうか。
私は今万難を排して見届け無くてはならないという思いで胸がいっぱいである。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2409-fc62d2d5

0件のトラックバック

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター