Entries

2017年面白かったものアレコレ

ついこの間始まったように思えた2017年がもう終わろうとしている。
まさしく光陰矢の如し。目の前にあることを一つづつ片づけていたらいつの間にか年の瀬、というのはあまりにも切ないのだが、逆に言えば「目の前に手を付けなければならない出来事」が常にあったわけで、そういう意味では実りのある一年だったのだのだろう。自分の記憶の中にも面白い作品と数多く出会えたという喜びが手ごたえとして確かにある。今年もまた面白い作品と出会えたいい一年であった。
そんな充足感を元に今年も例年通り最後の更新で「面白かったもの」をまとめて書くつもりだったのだが、今年は『ラブライブ!サンシャイン!!』が年内ぎりぎりまで放送するようなので、今年のまとめは前倒しでこの記事に全て記しておく。そういうシステムです。

今年のアニメシーンにおいて、誰もが認める「今年の代表作」は間違いなく『けものフレンズ』だろう。
自分が何者かを知りたくて旅を続けるかばんちゃんを通じて「人間とは何か」を見つめ直す『けものフレンズ』は、フレンズ達の「自分とは違うところ」を認め合う牧歌的な雰囲気とのコントラストも相成って老若男女問わず多くの人達を魅了した。もちろん自分もその一人で、知人が視聴していた事から二話ぐらいからリ視聴に参加。最後まで楽しませてもらったわけだが、人形劇に近いものを感じていて、そうした3DCGによる受け取り方の変化についても面白い作品だった。
だが、個人的に今年のテレビアニメは『ドリフェス!R』が一番面白かった。
『ドリフェス!R』とは『ドリフェス!』の第二期シリーズのことで、五人組アイドルユニット「Dear Dream」と、そのライバルとなるデュオアイドルユニット「KUROFUNE」を通じて彼らがアイドルとして成長していく物語なのだが、『アイカツ!』のシリーズ構成を務めた加藤陽一がシナリオ周りを担当しているためか、「アイドル」について視聴者一人一人に深く考えさせる作品になっているのである。おかげでアイドル物好きとしては一話から完全にやられた。「アイドルになる」ということがこんなにも奥が深い事だとは思ってもいなかった。そしてその事を一言で表してくるあたりが本当に「一見するとぶっ飛んではいるが、よくよく考えると本質を突いている」加藤陽一さんらしい。『アイカツ!』もそうしたところが特に好きだったのだが、『ドリフェス!』は大人の男だから出来る事が多すぎて最高だ。
『ドリフェス!』以外だと『宝石の国』も期待していた通り素晴らしかったし、『ラブ米』の台詞回しは大好きである。あと『ヘボット』は傑作SFなので見てもイインダヨー。

劇場版アニメも今年は視聴機会が多くて色々と見ていたのだが、やはり今年は『KING OF PRISM-PRIDE the HERO-』以外に選ぶ作品は存在しない。自分にとってこの作品は一生愛せる作品なのでどうしようもないのである。もう『プリティーリズム・レインボーライブ』で初登場して以来、ずっと気になっていた速水ヒロが様々な苦難を乗り越えてついにプリズムキングになった。この光景を見たくて見たくてどうしようもなかった人間なので、今年はこの作品以外に上げることは出来ない。あと5.1chサラウンドになった事を活かして「座席ごとに聞こえる歓声が違う」という気の狂ったことをやってたのは凄いと思った。あの臨場感は映画館でしか味わえないもので、ついつい50回以上映画館で見てしまった。その都度涙を流した。ヒロ様がいっちばーん!だよ!!あ、これは戦でですけど、冬コミでそんなキンプリの本を出します。三日目ナ43bのそれいゆ様に委託しているのでよろしくお願いします。

映画は今年は30本近く見ているはずだが、印象に強く残っているのは『劇場版プリパラ み~んなでかがやけ!キラリン☆スターライブ!』と『ベイビードライバー』だろうか。
前者はもはや春恒例となった『プリパラ』の映画だが、応援上映会に通いまくっていたので印象に残るのも当然というか。明らかに『キャプテン・ハーロック』をパロディにしたひびき様達と一人三役ライブとなった南みれぃの印象は強いが、やはり「らぁらとみれぃの出会いの一回性」に切り込んで「運命」としたらぁらルートが素晴らしかった。百合的にも。物語的にはいつも通り「シリアスになりつつある本編とは逆にお祭り感を出す」だったので、それはそれで。
『ベイビードライバー』は愛するエドガー・ライト監督の最新作なので「見ないわけにはいくまい」と思って見に行ったが、「大傑作」の三文字がしっくりくるほど素晴らしい作品だった。
「自分の意思で選んだことがきっかけで、様々なものを失って傷ついていく」というハードな決断の物語と音楽に嵌め込まれたミュージカルのような映像は何度見ても絶対に見飽きない。カーアクションも常軌を逸したレベルで印象深いが、ジョン・ハム演じるバディのあの変貌っぷりと、彼との決着がいい。車を使っての素手での殴り合いとしか言いようがないあの戦いは本当に最高で、最初に見た時はあのシーンだけ繰り返し見せてほしいと思ったぐらいだ。
あとは『KUBO』も噂に違わぬ素晴らしい作品だった。

ゲームはもうニンテンドーSwitchが最高すぎる。
「10年戦える」と最初に見た時に思ったことを今でも思い出す。『スプラトゥーン2』の直前に入手することが出来たこのハードは触れば触るほど「最高」という言葉以外が出てこないほど素晴らしいゲームハードだ。ローンチタイトルとなった『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』に満を持して発売された『スプラトゥーン2』、そしてマリオらしくないことをやりながらも中身はきっちりマリオであった『スーパーマリオオデッセイ』も本当に面白い。今は『ゼノブレイド2』をプレイしているが、まだ八話なのに既にプレイ時間は150時間に届いている。発売して四週間ぐらいなんだけどなぁ、このゲーム。
この後メガテンも出るし、ベヨネッタ3も出るので、本当にいい買い物をした。そのせいで『アサシンクリードオリジンズ』が全く触れてないのだけれども。
スマホゲームについてですが、今年は『どうぶつタワーバトル』と『ドラゴンクエストライバルズ』の印象が強いです。今年終了組としては『アイドルマスターミリオンライブ』かなぁ。まさか終わるとは思ってなかった。


そんなわけで今年も色々触れてきたわけだが、一番読んでいたものが技術書なのは一体……。
単に個人的な研究のために読んでいたものなのだが、はたしてどこに行こうというのか。とりあえず来年もまた色々やります。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2420-5954d8ae

0件のトラックバック

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター