Entries

『KING OF PRISM』公開から二年

『KING OF PRISM by PrettyRhythm』の公開から二年が経った。しかし二年経った今でもなお「ハリウッド行きの電車に乗り込んで星座になる」という映像に尊さを感じ、涙を流してしまう自分と向き合い続けている。
自分は今は亡きドアサアニメの頃から菱田正和監督とプリティーリズムシリーズを崇めてきた民の一人である。たまたま友人の家で見た『プリティーリズム・オーロラドリーム』の「自分の個性を意図的に殺して画一化するぐらいなら、いっそ際立たせて個性同士をぶつけ合わせた方がいい」というデュオ回で衝撃を受けて以来、土曜日はジュエルペットとプリティーリズムの鑑賞から始まっていた。
『プリティーリズム・レインボーライブ』はもちろんリアルタイムで見ていた。母親から過度なプレッシャーをかけられたべる様が虚空に向かってプリズムライブを連呼する――俗称でいうところのプリズムダイブ回はあまりの痛々しさで心の余裕が削ぎ落され、直後のハピなる音頭の余りの能天気さにくらくらしていた。そして七日間もの間、「べる様はどうなってしまうのだろう」「さよならべるってどういう意味……?」と悶々とした日々を過ごし、ようやく放送された「さよならべる」を見た時に深く感動し、同時に「あ、この作品、相当ガチじゃないか」と実感した。
その後もジュネ様の圧倒的なプリズムショーに大きな衝撃を受け、りんねちゃんとの因縁に羽衣伝説と竹取物語を思い出し、神話的ロジックで出来上がっている事に気づくなど、『プリティーリズム・レインボーライブ』を通じて様々な体験をさせてもらったわけだが、正直なところ「プリティーリズム」というシリーズはこれで完全に終わったものだと思っていた。菱田監督自身も「これが最後」と言っていたし、後継作として『プリパラ』も発表されていたわけで、ここにきて「新作」なんてことはまずありえないと思っていた。だから「これが最後になるかもしれない」と思い、『劇場版プリパラ』にはとにかく足を運んだ。公開終了した時は寂しかったが、「まあ仕方がない。さらばプリティーリズム」ぐらいの気持ちであった。
しかしながらプリティーリズムはまだ終わっていなかった。
いつものように開催されることとなったCD購入者限定イベント。そのイベントの席で発表される『KING OF PRISM』の名前。
「プリズムの女神はいたのだ……」と思った。そしてそこから先は『KING OF PRISM』を見るために何としてでも生き延びなければならない日々に変わった。大げさかもしれないが、推しコンテンツが生きる理由を一つ増やしてくれたのである。
冬コミで試写会で見た友人から「これはヤバいですよ」と概念上の死を宣告をされたり、菱田監督の「見てほしい」というお手紙に涙を流したりしていたら気が付いたら公開当日。「映画館に行ったら前売券を買う」という生活をしていたので前売券は束であったわけだが、そんなことは関係なく定価で予約。推しコンテンツに金を落とすためなら手段は選ばない姿勢である。
見た直後の事を率直に書くと「訳が分からな過ぎて混乱しているのに、涙は止まらず、全く席から立てなかった」。一緒に見に行った『レインボーライブ』入りの弟に支えられながら劇場を後にする最中、必死で考えてようやく出てきた言葉が「凄いっていうか……凄かった……」だった。
言語中枢を破壊されていた。情報の密度もそもそもの情報量も凄すぎた。にも関わらず、最初に通常上映を選んだ事でアウトプットの量が追い付かず、何を喋っても「ヤバい」しか出てこない状態になっていた。とりわけヤバかったのは大和アレクサンダーの「鋼鉄の6Pack-core Wonder!」だった。今でこそ最高にクレイジーでエキセントリックなプリズムジャンプだと認識できるし、あれを考えたアレクは小細工抜きで真っ正面から相手を受け止めるストロングスタイルの使い手である事に感動するレベルのアレクの女になっているが、当時はもう訳が分からなかった。「鋼鉄の腹筋で受け止める」とか説明されても意味が分からなかった。
しかしながら世間の反応は冷ややかだった。元は女児向けアニメなので当たり前と言えば当たり前の話である。だが、だからこそこんなとんでもない映像は一度全人類が見ておくべきであると思った。物語骨子は少年漫画なので、そこからでもつながる可能性はあると信じていた。
だから熱心に布教活動に勤しんでいたわけだが、まさか一週目二週目のあの絶望的とも言える状況からV字回復を果たし、半年以上も公開し続ける作品になろうとは誰が予想しただろうか!そして念願の続編『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』が2017年6月に公開され、今月末にはBDの発売も予定されている。二年前では予想も出来なかった事が現実に起きている事に感謝しかない。ありがとうプリティーリズム、ありがとうKING OF PRISM。応援してきてよかった……。



ところで、これは宣伝なのですが、冬コミで出したKING OF PRISM本ですが、余った分を書店委託する予定で調整してますのでよろしくお願いします。
詳しい概要はこちらです

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2424-30c39d7f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター