FC2ブログ

Entries

二大コンテンツが同時期に新作をリリースする件について――『キラっと プリ☆チャン』『アイカツフレンズ!』

2010年の『プリティーリズム・ミニスカート』の発表以来、タカラトミーアーツとシンソフィアによって絶え間なく展開されてきたプリティーシリーズ。プリティーシリーズ第一弾である『プリティーリズム』は2016年にスピンオフ作品として『KING OF PRISM』を生み出して新たな客層を獲得し、第二弾としてリリースされた『プリパラ』は「トモチケ交換」によって一大ムーブメントを巻き起こした。
2017年12月10日にはそんなプリティーシリーズの二作品『プリティーリズム』と『プリパラ』のクロスオーバープロジェクトとして『プリティーオールフレンズ』の始動が告知されているが、2018年1月24日に開催された「プリティーシリーズ新プロジェクト」発表会にて『プリティーオールフレンズ』とは別の新プロジェクトの発表が行われた。
そのプロジェクトの名前は『キラッとプリ☆チャン』。『プリティーリズム』『プリパラ』に続く「プリティーシリーズ第三弾作品」として2018年4月より展開されていくことになる。
大まかな概要については各種メディアにて参照してほしいのだが(一番詳細なのはSocialGame info)、これまでプリティーシリーズを追い続けてきた人間として最初に抱いたのは「いよいよ来たか、この時が」であった。
子供向けコンテンツを熱心に追いかけている人間にとっては既に周知の事実であると思うが、子供の成長は大人が想像するよりも遥かに早い。あれだけ好きだった作品も三年も経過すれば「飽きた」とされることもごくごく普通のことであり、玩具やゲームをリリースする側は「飽き=卒業」のタイミングを見極めて、新たな作品をリリースしていく必要がある。
『プリパラ』はその辺りの見極めと新展開を非常に上手くやっていた作品で、卒業していくユーザーを執拗に追いかけるのではなく、育児を始めとして新しいものをどんどん導入して新たなユーザーを獲得することで今日の繁栄を築きあげたわけだが、『アイドルタイム・プリパラ』へと移行してからはそうした新規性が薄らいだためか、厳しい状態ではあった(念のため書いておくが方針としては間違ってないし、アイドルタイムからのキャラクターは大人にも子供にも受け入れられている)。
なので『プリティーオールフレンズ』とは別の新規プロジェクトとして『キラっと プリ☆チャン』がこうして発表されたことは素直に嬉しい。
「これまでの集大成」である『プリティーオールフレンズ』とは別に新規展開があることは、既存ユーザー以外にも新規ユーザーの獲得を見込める。それはシリーズそのものを存続させるためには絶対に必要なことだ。その点をきちんと見極めて展開してきたタカラトミーアーツのやり方は「流石」としか言いようがないのだが、内容についても唸らされる。
何と言っても秀逸なのは「SNS要素」を「プリティーシリーズらしさ」に変換できていることだろう。
『プリパラ』ヒットの鍵となった「トモチケ」は「フォロチケ」と名称変更されたが、役割そのものはさほど変わらない。大きく違うのはユーザーキャラクターの扱い方だ。
これまでは「ゲームプレイ時に読み込ませることで友達のキャラクターと一緒にライブが出来る」「友達が自分のトモチケを同一筐体で使ってくれるといいね♡が入る」程度であったが、『キラっと プリ☆チャン』からはフォロチケを筐体に読み込ませるとネットワーク上でもフォロワー化。いいね☆を送り合ったり、友達が遊んだ画像を見ていいね☆を送り合ったりと、「友達の存在」をより濃密に感じられるようになった。
またこれまでの筐体に外付けする形で開発された「キラっとマシン」も面白い。ゲーム中にキラッとボタンが輝くと超当たりである「キラチケ」が排出されるという。これまでプリチケにプリントされるアイテムは基本的には完全ランダムで、運要素が強いものであったが、究極的には運であっても「自らアクションを起こす必要」があることで運要素を感じにくくする意味でも悪くないアイデアだ。
「インスタグラム」をパロディにした「プリスタグラム」などの『プリパラ』でも見られた語感の良い言葉遊びも楽しい。まさに正当進化形といった出来である。
また同時に展開されるアニメはアニメで、「テレビやスマホで見る事が出来る一大エンターテイメント「プリ☆チャン」でアイドルを目指す!」とSNSが普及した昨今の時代を反映しつつも、一歩先をいくところを押さえているのが実に面白い。「誰でもチャンネルを開設できる」と言う設定を組み込むことで、「みんな友達!みんなアイドル!」の路線は守りつつ発展させているのは本当に良い。
シリーズ皆勤賞のめが姉ぇや『プリパラ』から参加しためが兄ぃが登場するかどうかまでは分からないが、いずれにせよ楽しみだ。

一方、ライバルであるアイカツ!シリーズも黙って見ているわけではない。
『キラッとプリ☆チャン』が発表された翌日となる1月25日にシリーズ第三弾となる『アイカツフレンズ!』を発表した。
詳しい概要は2月4日の発表会待ちではあるが、「友達と一緒にアイカツ!」をコンセプトに据え、友達と二人でトップアイドルを目指していくストーリーが展開されるという。
筐体は『アイカツスターズ!』のものがそのまま続投するようだが、「友達のカードを読み込ませることで、友達のマイキャラと一緒にライブが出来る」という機能は『アイカツスターズ!』でも実装されているし、まだまだポテンシャル的には持て余しているわけで、現状更新する必要はないとするバンダイナムコの判断は正しいように思う。一方カードの方では、従来のドレスカードやアクセサリーカードの他に「アイドルカード」という新たなカードが追加されている。このアイドルカードの立ち位置が不明瞭ではあるが、これまで「私のストーリー」を紡いできたアイカツシリーズが新たに挑む「私とあなたのストーリー」は期待が持てそうだ。
グッズ展開としては「コスメアイテム」の存在があるなど、大人への憧れ=背伸び感は今まで以上のものになりそうな気配があるが、この辺りをどうやって作品に反映していくのか注目していきたい。

何にしてもである。
「互いに良いところを盗み合い、切磋琢磨し合う良いライバル関係を長く続けてきたアイカツとプリティーシリーズが、初めて同時期に新作をリリースする」という非常に熱いことになってきた女児向けアーケードゲーム界隈。今後どのような展開を見せてくれるのだろうか。自身もプレイし、定点観測し続けている民としてはこれだけは間違いなく言える。「最高に楽しい」。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2428-fcaeb1f8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター