Entries

『劇場版空の境界』について

『Fate/Grand Order』にて2016年に開催された『劇場版空の境界』コラボイベントが復刻されるという。
コラボイベントの復刻は権利周りの関係で自社コラボであっても復刻するのが難しいと思っていただけに、コラボイベントの復刻はとても嬉しい。与太話力こそ高いものの、原作者自らが書き下ろした事によるあのセリフの外連味の利かせ具合はこのコラボイベントの最大の魅力だと思っているので、未プレイの方には最後の最後までプレイしてほしい。
それはそれとしてである。今回コラボ(復刻ではあるが)することになった『劇場版空の境界』は本当に素晴らしい作品だ。短編連作の形で発表された原作小説『空の境界』はどちらかといえば「わかりにくい」作品で、なおかつ現在展開中の『Fate』シリーズほど王道エンターテイメントをしているわけではない。そのため「映像表現に落とし込む」というのは非常に難しい。ましてや本作はミニシアターで上映されたもので、視聴しにくるようなユーザーは完全に「ファン」である。求められるハードルは高いなどというものではない。事実「やるよ」と聞かされた時、自分の脳裏をよぎったのは「無謀」の二文字であった。第一章を視聴するまで「せめて看取ってやろう」と思っていたぐらいである。
ただいざ見てみると「完璧なまでに『空の境界』そのもの」であった。両儀式はぶっきらぼうで男性的な立ち振舞いの中に芯の強さと優雅さを思わせる主人公であったし、黒桐幹也はメインキャラクターの中でも限りなく一般人に近い交換が持てる男であったし、デザイン変更された蒼崎橙子は動いてみると「これしかない」と思えるほど蒼崎橙子であった。
そして原作から「何を描いて何を描かないのか」を含めた編集の技術も流石であった。特に第一章はもう真正面から打ちのめされるほどで反復表現によって黒桐幹也の異変を描いていたり、一切説明こそされないものの蒼崎橙子の「メガネのオン/オフで人格が変わる」という点も限りなく再現されていた。そして原作第一章はどちらかと言えば静的な印象を受ける作品であるのにも関わらず、あえてアグレッシブなアクションを挟んでくるアレンジの技術もパーフェクトだ。
端的に言えば文句のつけようがないほど『空の境界』で、そして『劇場版空の境界第一章』に相応しい作品だったのだが、以降のエピソードも本当に凄かった。
例えば『第三章 矛盾螺旋』は『空の境界』の中でも唯一と言っていいほど「王道伝奇活劇」で、かつ「真正面からの異能バトル」を描いているエピソードだが、同時に90年代伝奇物的な陰惨な描写が多い作品だった。その辺りを表現しなければ成立しない作品なので、どう描くのかが気になっていたが、ufotableはあえて真正面から描いた。そして殺人者として覚醒していく浅上藤乃を演じる能登麻美子の狂気的な演技といったら!「深窓の令嬢でありながら根は殺人者」という静かな狂気は能登麻美子の怪演っぷりも相成ってゾクゾクする。その辺りを昇華する両儀式対浅上藤乃も素晴らしい。「これってどういうこと?」を原作をよく噛み砕いて、「こういうことだと思います」と映像表現にしてくる当時のufotableは何かもう化物だと思っているのだが、『矛盾螺旋』はもっと凄かった。
『矛盾螺旋』は言ってしまえば一つの最終回とも言えるエピソードだ。
これまでの一連の事件の黒幕である荒耶宗蓮が登場しておおよその物語が完結を迎える(残る『忘却録音』は鮮花の話だし、『殺人考察』は両儀式と黒桐幹也の物語の最後なので、大きな謎はほぼこのエピソードで解決を見る)のだが、それだけに「やらなければならないこと」が多く、また同時に「『矛盾螺旋』と言う物語の肝を外してはいけない」と映像化するハードルが特に高かったように思う。だが、ufotableはやってくれた。
舞台となる小川マンションがごくごく普通のマンションであるのなら物語は成立しない。だから小川マンションの「違和感」を生み出し続けなければならない。そこまでは理屈として分かる。しかし実際にそれをやってこられるとぐうの根も出ない。小川マンションにいる時は情報酔いしそうなほど密度が高い空間を描き、それ以外の場所にいくとそうではなくなる。
気持ち悪さとそうではない瞬間のオン/オフで体験を積み上げ、それが螺旋が破壊される瞬間にカタルシスをもたらすあの映像はそうそう見れるものではない。あれを映画館で見れたことは一つの幸運だとすら思っている。極上の体験だった。

閑話休題。
今回の『劇場版空の境界』コラボイベントをきっかけに『空の境界』を知る人もいることだろう。
イベント終了後でもいいし、何か暇なタイミングが生まれた時でもいいので『劇場版空の境界』、『劇場版空の境界』を見てほしい。
見やすいのは第一章と第三章辺りだ! ところでクレイアニメの出来が良かったのに、最近のufotableにはそういう要素がなくて寂しい限り。そろそろ復活させてほしい。



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2434-6978ba21

0件のトラックバック

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター