FC2ブログ

Entries

『モンスターハンター:ワールド』メインストーリーについて

『モンスターハンター:ワールド』が発売されたのが1月26日のことなので、まもなく発売から一ヶ月経過するということになる。発売日を迎えて以来、毎日数クエストづつでもプレイするように課してきた自分も、先日どうにかこうにかメインストーリーを終わらせてハンターランクを無事に解放。ようやくモンスターハンターシリーズの本領発揮となるエンドコンテンツに挑む資格を得た。今後イビルジョーを始め、様々なモンスターが追加されていく事やカスタム強化という深淵に挑まなければならない事を考えると、今の自分は果てしなく続く坂道をまだ登り始めたところ、と表現するのが正しいのであろう。実際まだ坂の上に何があるのか見えてこなくて恐怖しか無い。
三月には『プリパラ』が発売され、四月からは女児向けアーケードゲーム界隈が一新されるというのに!あと『ゼノブレイド2』の二週目とかもあるのに!
しかし今回の『モンスターハンター:ワールド』はこのシリーズ特有のストレス要素が大幅に削減されていることや、ほぼ全ての武器に大きく手が入ったこともあってとても面白いのだが、メインストーリーの出来もとても良かったように思う。
今回のプレイヤーは一定周期で古龍が海を渡って新大陸へと向かう「古龍渡り」という現象を解き明かすべく、新大陸へと向かった第五期調査団の一人で、物語は古龍と新大陸へと向かう船が激突するところから始まるのだが、外へと放り出されたプレイヤーはここがどこなのかも全く分からないまま、同じように放り出された受付嬢とともにただ大地を前へ前へと駆け抜けていく。そして翼竜飛び交う脱出地点に辿り着いたプレイヤーは気づくのだ。今まで立っていた場所が古龍ゾラ・マグダラオスの体の上だったということに!
チュートリアルも兼ねたこのホットスタートな展開は否が応でも物語に夢中にさせる。モンスターハンターシリーズをプレイしていると何となく察しがつく展開ではあるものの、ハードスペックが向上したからこそ表現できるものであり、「古龍」という災害級の存在の強大さを強く印象に残す。ゾラ・マグダラオスから脱出した後は武器を持たないまま古代林を隠れながらひっそりと駆け抜け、この大地に暮らすモンスター達の姿を確認していくのだが、拠点目前のタイミングに登場するアンジャナフの姿は「これと戦うことになるのか」と闘志を沸き立たせる。実に良い導入ではないかと思う。
今回の拠点に辿り着いてからはいつものモンスターハンターといった感じになるのだが、アンジャナフを倒してゾラ・マグダラオスの捕獲出来たか!?と思いきやネルギガンテの襲撃。ネルギガンテを倒したと思えばテオ・テスカトルやクシャルダオラと言ったシリーズを代表する古龍達が姿をあらわすなど次から次へと展開されていき、飽きさせることはない。メインストーリーの最後を務めるモンスターは「生物である」ということを大事にするモンスターハンターらしくない部分こそあるものの、「古龍達に海を渡らせる理由」も兼ねている事を考えると悪くはない。古龍を食らう古龍と呼ばれるネルギガンテよりも強大な存在である。その身に宿す絶大な力にも納得がいく。ビームは絶対正義である。
エピローグも良い。メインストーリーをクリアしてもモンスターハンターというゲームはまだまだ続いていく。そのことを考えるとどうやっても新大陸に残るしか無い。そのまとめ方として様々な選択肢があったように思うが、本作はフロンティアスピリッツの要素を感じさせる方向でまとめている。今回の舞台は「新大陸」という海一つ超えた場所なので、このフロンティアスピリッツの方向でまとめたのは素晴らしいと思う。本作は世界展開も視野に入れたタイトルであるので万人に通用するような価値観を持って締めくくるのはそれ自体も綺麗だが、何より「今後は海外でも展開していくし、そうする準備もある」というスタッフの意気込みも感じられるのがよい。
日本国内だけでなく、常に新たなユーザーを開拓していこうとする精神に満ちた本作のメインストーリーを締めくくるものとしてこれ以上無い幕引きだ。

ただ残念な点がないわけではない。少々突飛に感じられるシーンがいくつかあるからだ。
特にオトガロン戦での受付嬢の「おばさま!」はエピソードの一つや二つを読み飛ばしたかのような感覚を覚えた。
エピソード一つだけだとキャラクターの関係性を描くには弱すぎる。せめてもう一本エピソードがあれば自然に感じられたと思うのだが……。勿体無い限りである。追加でエピソードもセットでつくのなら有料DLCでも買う。

メインストーリーは終わって書きたくなったことはそんなところだろうか。
それでは持ち替えたランスの性能を確かめるためにネルギガンテを狩っていきたい。。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2436-2e5eec0f

0件のトラックバック

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター