Entries

ぜんハリ解進と『ドリフェス!』武道館に寄せて

2月28日にSTAR☆ANISとAIKATSU☆STARS!の解散ライブが終わって「結局未来向きな今を見せていくしかない」といういつもの結論に辿り着いて自らを奮い立たせていたところ、『少年ハリウッド』周りの事業を取り仕切っているハリウッドファクトリーから「ZEN THE HOLLYWOODの解散」が告げられてしまい、ショックを受けている。自分でも「ぜんハリの解散でここまでのショックを受けるのか」と驚くぐらい、このニュースはあまりにもショックだった。
ZEN THE HOLLYWOODは『少年ハリウッド』に登場するアイドルユニット「少年ハリウッド」の公式ライバルとして位置づけられたアイドルユニットだ。少年ハリウッド達は究極的には二次元の存在であるが、三次元の存在であるZEN THE HOLLYWOOD達が彼らを声高々に「ライバル」と呼ぶことで少年ハリウッドは現実世界においても「ZEN THE HOLLYWOODのライバル」として確実に存在していた。『少年ハリウッド』というプロジェクトを構成するものの一つとして、「ZEN THE HOLLYWOOD」という本当に実在するアイドルの価値はとても高いものであったが、『少年ハリウッド』というフィルタを抜きにしても、彼らのパフォーマンスのレベルも高い。その一部はyoutubeでも見ることができるが、彼らはいつも「最高のアイドル」をしていた。今この瞬間しか成立しない輝きを、見てくれている全ての人たちの心に焼き付けんと彼らは懸命にアイドルであろうとしていた。
そんな姿を知っているので、「アイドルではなくなる」という決断を下した今回のニュースはあまりにも衝撃的だった。「なんで?」という思いが先走って思考回路が停止し、「つらい」という気持ちが後からやってきて停止した心を破壊して感情を吐き出させた。正直仕事する気が全く起きなかったし、近い未来に自分の一部となっていたものを喪失すると分かった事実はただただ苦しさを生み出す限りだった。
ただ救いだったのは橋口いくよ社長が解散について書いた記事でこちらの感情を全て読み切り、説明してくれていたことだった。その記事はここで読むことができる
名文中の名文である。「なぜアイドルを辞めるのか」からはじめ「アイドルとは何なのか」「アイドルにとって解散とは何を意味するのか」まで踏み込んでいく。『少年ハリウッド』で語ったことそのものであるが、『少年ハリウッド』を見ていればこそここに書かれていることが「本当に考え抜いた末に彼らなりに永遠にする方法として此処に辿り着いたのであろう」ということが如実にわかる。ああ、凄い。このニュースを見たときに湧きあがったものは全て吹き飛んだ。もうこれ以上のものはない。きっと最高のいつも通りで終わることができる。そう心の底から思える最高のメッセージだった。

と名文を読んだが故の高揚感で満足していたら3月6日に『ドリフェス!』の終了が告げられた。
ショックだった。自分でも「ドリフェス!の終了でここまでのショックを受けるものなのか」と驚くぐらい、このニュースはあまりにもショックだった。『少年ハリウッド』とZEN THE HOLLYWOODが遠い未来を照らしだす星だとするのなら、『ドリフェス!』は熱くさせてくれる太陽だった。
「『アイカツ!』の脚本を手掛けた加藤陽一さんがそのまま男性アイドル物をやる」というだけで見始めた作品であったが、加藤陽一さんらしいインパクトのある出だし、細部に至るまで考え抜かれたアイドル哲学、そしてキャラクターとともに成長していくキャスト達……。何もかもが最高だった。いや最高を超えていた。ライバルユニットとして突如強襲をかけてきたKUROFUNEも、その名通りの衝撃とともに出てきて、こっちも最高だった。何かもう最高以外の言葉が出てこないほど最高だった。語彙を失うとはこのことだ。今「最高」という二文字を何回使ったのやら。ともあれ、最高のアイドルアニメだった。
そんな『ドリフェス!』がついにゴールを……!と聞いて穏やかでいられるだろうか。いや穏やかではいられまい。いられるはずがない。であるがゆえに、今「つらい」という気持ちと向き合っている。データカードダスもアプリ版も終了が発表されてしまい、どう向き合っていいのか全く分からない。分からないが、『ドリフェス!』の最高を超えたゴールとして「武道館」という場所が選ばれたのは本当にうれしい。
芸能界における一つの頂点。そこを選んでくれた『ドリフェス!』のスタッフには感謝の思いしか無い。ありがとうドリフェス!。最高を超えたゴールを武道館で、そして笑顔で迎えたい。






スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2440-43e0d6cb

0件のトラックバック

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター