FC2ブログ

Entries

『オクトパストラベラー』体験版をプレイして――固有アビリティだけで妄想が捗る

『スプラトゥーン2』の有料DLC「オクト・エキスパンション」の配信開始と同日に『オクトパストラベラー』の体験版が配信開始された。
この作品はスクウェア・エニックスが、「伝統と革新の融合」をテーマとして掲げた完全新規のファンタジーRPGタイトルで、7月13日に発売が予定されている。
今回配信された体験版は「プレイ時間は最大三時間」「各キャラクターの一章を最後まではプレイできる」と言う厳しい制約こそついているもののプレイした内容は製品版へとデータの引継ぎが可能ということで、発表当初から期待していた人間としてプレイするしかなかった。「どんなものだろうか」とさっそく落としてプレイしてみたのだが、体験版ながら期待を遥かに超えるほど面白かった!
基本的には公式サイトを見てもわかるとおりの「ドット絵調グラフィック」「バーストとブレイクによる攻めと防御のスイッチを意識した戦略性のあるコマンド形式のバトル」といった感じで、主人公八人分用意された導入シナリオはよく言えば王道的で安心感がある作風、悪く言えばベタで先が読めるものであるが、第一章は「主人公達がなぜ旅立つのかを描いた話なので奇を衒わない方が今後取ることが出来る選択肢の多さ的にも人を選ばないのでちょうどいいように思う。
個人的にはプリムロゼの一章は「おいおい百合か?」と言いたくなるような要素が盛り込まれていた事と、ファム・ファタール感のあるキャラクター描写、そしてなぜか緻密に作りこまれた悪徳商人のアニメーションもあって気に入っているのだが、体験版をやっていて一番「おっ」と思わされたのは「キャラクターごとの固有アビリティ」だ。これが本当に素晴らしい。
『オクトパストラベラー』では八人の主人公が用意されているが、その八人にはそれぞれ固有のアビリティが設定されており、フィールド上で使用することが出来る。剣士オルベリクであれば街の人々に試合を申し込むことが出来るし、盗賊テリオンであれば町の人々から物を盗むことが出来る。商人のトレサならば金を出して街の人々から直接物品を購入して、神官オフィーリアなら人々を導く事が出来るのだが、これらがきちんとキャラクターごとの問題の解決方法に繋がっているのが本作の面白いところだ。
トレサは子供で商人なので腕っぷしでは絶対に叶わないが、街の人々から購入したアイテムを活用することで腕力に物を言わせる海賊を攻略するための糸口を作り出すし、プリムロゼはその美貌を武器として町の人々を戦闘の際の火力として使うことが出来る。
「固有アビリティを駆使すれば出来ないことや苦手なことでも十分補える」というのはTRPG的な発想ではあるが、こうした解決策を提示されるとロールプレイが捗る。加えて同じ出来事でもキャラクターが違えば解決方法も異なってくるわけで、「このキャラクターを主人公にしたからこそのこの解決方法!」というのがあって実に面白い。凡人にはよく分からないことでも学者先生ならわかるはずだ。多分きっとメイビー。

それにしても体験版の段階でかなり遊べてしまうので、本編でどのぐらいプレイすることになるのやら!
夏コミは落ちたので新刊の準備をしながらゆっくりとお盆休みにでもプレイしていくことにしよう。



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2472-992d84a0

0件のトラックバック

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター