FC2ブログ

Entries

『メギド72』推しメギドの話をするとしよう

先日からちょくちょく述べていたように、ここ最近は仕事と並行しながら『メギド72』をプレイしている。以前からTwitterのフォロワーの「『メギド72』が面白い」「どうしてこんなに面白いのに売れていないのか!」という嘆きを目撃していた事や、開発が『ワイルドアームズ』を手掛けた場所であること、「宣伝費を全部開発費に回した」というあり得ない判断と興味を持つ要素が山のように積み上げられていたところ、「面白いらしいのでどう面白いのか分析、よろしく」という通常業務が回ってきたので腹をくくってプレイを開始したのだが実に面白い。
シナリオ、キャラクター、音楽。どれをとっても一級品であるが、特にフロップ・ポーカーめいた「フォトンの奪い合い」と、独自性を持ちつつも様々な動きを見せるキャラクター達の組み合わせて勝ち筋を作り出していく高い戦術性が特徴的な戦闘システムが良い。カードゲームのロジックをターン性RPGに落とし込んだような戦闘であることから「何が強いのか」を理解するのに時間がかかるが、一度理解してしまえば応用が利くため徐々に「上手くなっていく」。その上達の面白さがたまらない。もちろんシナリオも良い。
こうした話はどこかに書いておきたいのだが、今回はそうした話はひとまず置いておくとする。代わりに推しメギドの話をする。
推しメギド。自分の編成の主軸にしているメギドであり、背負う物語や顔の良さ等に魅せられてしまったメギド。
そんなメギドがいればスマホゲームで一番面倒な周回も精神的には楽になるというものであるが、これを書いている自分の推しメギドはサキュバスであった。

メギド72公式ポータルサイト - サキュバス

自分は顔のいい女が大好きである。とりわけ自分の顔の良さを自覚している女が大好きである。『Fate/Grand Order』ではメイヴが好きであるし『キラッとプリ☆チャン』では現状緑川さら推しである。前世の『プリパラ』では紫京院ひびき推しで、プリティーリズム三部作では天宮りずむ→上葉みあ→速水ヒロだったが。話は逸れたが、この流れを鑑みるに自分が推すメギドはマルバスであろうと思っていた。マルバスは自己愛強すぎ女である。「私が愛されるのは当然」とまで言ってのける女である。ついでに異常なまでの回復能力を持つヒーラーである。どう考えても急所だと思っていたのだが、サキュバスを引いてからというもの全てが変わった。いやあやっぱりビッチこそ至高ですよ。
サキュバスは一言で簡単に表すと「ビッチ」である。
メギドごとの個別シナリオでも言及されているように金持ちの男に貢がせて、飽きたら捨てて、次の男を探しに行く。絵に描いたようなビッチである。メギドごとに用意されたストーリーも「ビッチが純情な金持ちをひっかけたつもりが、本気の恋愛になってしまった」というもので、テンプレ中のテンプレであった。だがそれが良い。ビッチとは愛を与える女である。ビッチから見れば偽りの愛であるが、相手からすれば真実の愛だ。
まさかこういう存在が『メギド72』もいるなんて。普段の会話もビッチ然としたものだし、ビッチ最高や!と言わざるを得ない。
性能面では「男性特攻」という分かりやすいマスエフェクト効果が素晴らしい。自分の所持しているメギドの中には多段ヒットする高火力アタッカーであるゼクシィもといゼパルがいるのだが、このゼパルとのシナジーがあまりにも美しすぎるのだ。
ゼパルは男性を一緒に編成することで攻撃力を20%も上昇させる特性を持つが、サキュバスのマスエフェクトと組み合わせることでダメージが頭がおかしいことになる。放り込んでいる男性メギドは当然のようにフォラス。準備が必要だがゼパルが奥義を出すと死ぬ布陣の完成である。
能力も面白いものばかりだ。
奥義は横一列にダメージを叩き込みつつ、後列の敵を前列に引き寄せてついでにあらゆるバフを解除してしまう。スキルを撃てば半分ほどの確率で相手のフォトンを奪い取った上に自身へのダメージを一回無効化する。覚醒スキルは最低でも攻撃力アップは保証である。色々出来て何て便利なんだ。どれも超一流とは言い難く、使いどころを考える必要があるが、まあビッチに求められるのは他者を立たせる能力なのでこれもキャラクター性の表現として見れば悪くない。あと山崎はるかのビッチボイスはちょっと癖になるから聞いて。
そんなわけで徒然と「俺の推しメギドがビッチすぎて最高だ」と言う話をしてきたのだが、勘違いしてほしくないのは自分にとって「推せる」となったのがサキュバスなだけで他のメギド達も十二分以上に魅力的だ。
シナリオ上でもそうだし性能面においてもそうで、「全員が主役」と言わんばかりにどのキャラクター達も魅力が輝くようにデザインされている。そのため、「俺の推しメギドが最高に輝いている!と言う局面が一度はやってくる」。そこが『メギド72』の面白いところであり、自分がやり続けてしまう理由だ。
現在はチュートリアルガチャを何度でも引き直せるし、メギドの日を記念してサプチケも販売されている。始めるなら今である。是非とも推しメギドと出会って欲しい。

メギド72 - 公式ポータルサイト


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2478-d9d1693f

0件のトラックバック

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター