Entries

最近見た『ダリフラ』『ゾイドワイルド』『シンカリオン』『ニンジャバットマン』の感想文

先日から多忙気味なので、Twitter等で書いていたもののブログの記事に出来るほどの量にならなかったテキストを載せておく。これといった意味はない。ただの感想文である。

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』を見終えた。見終えた今の気持ちを端的に表現すれば、「最初から最後までどこかで見たもの――具体的には『エヴァンゲリオン』『グレンラガン』『トップをねらえ!』『トップをねらえ2!』と言ったガイナックス作品のパッチワークだけで構成されていて、ガイナックス出身者が集まって結成されたトリガーらしい」とか「『中島かずきや庵野秀明や鶴巻和哉無しでガイナックスっぽい作品を作るとこうなるのか』と思い知らされている」とかそのあたりになる。実験作としては面白い結果をもたらしたように思うが、作品としては「微妙」の方のフォルダに入れておく。
別に「どこかで見たもの」で構成すること自体が悪いと言っているわけではない。この世にある全ての作品は何らかのものに大なり小なり影響を受けているわけで、そういう意味ではほぼすべての作品があらゆるもののパッチワークである。先に述べた『エヴァンゲリオン』だってウルトラマンを始めとすると特撮作品に影響を受けているわけで、「どこかで見た作品のパッチワークである」ということをもってこの作品を批判する気はさらさらない。ただ個人的に残念だったのは「既存作品の要素をどう組み合わせるか」という部分についての工夫が見られなかった事や、結局ガイナ的なものになってしまったことで、もう少し踏み込んで「トリガーらしさ」を見せてほしかったのである。どうせ『トップをねらえ!』になって、最後が『グレンラガン』と『トップをねらえ2!』になるというのなら「イナズマキックが通じない!」をやってほしかったし、その流れを受けてみんなの力でギガドリルブレイクするぐらいの気概を見せてほしかった。「俺たちは元ガイナックスではない。トリガーだ!」と言い切る意思の強さを見せてほしかったし、なんなら『リトルウィッチアカデミア』あたりまでの文脈が欲しかった。
まあ終わってしまった作品なので今更何を言っても変えようがないのだが。とりあえず久しぶりに錦織敦史監督の作品を見たけど、しっかりとしたイメージを持つ脚本家と組んだオリジナルアニメをもう一本ぐらい見てみたいです。

『新幹線変形ロボシンカリオン』最新話が面白かった。先々週あたりから敵がシンカリオンを超えるために開発したブラックシンカリオンとの第二戦が描かれているのだが、このブラックシンカリオンがまあ強い。これまでに登場した全てのシンカリオンの武装を持ち、「出てくれば勝利が確定する存在」として描かれていたのぞみのアドバンスドモードですら若干不利になるほどの圧倒的なスペックを誇るブラックシンカリオンは、差し掛かりつつある物語の折り返し地点を印象づける「最強の敵」である。そんな最強の敵に対抗するためには主人公の乗るE5はやぶさと主人公の父親が乗る500こだまの合体しかない! ということになっているのだが、最新話の何が面白いかと言うと「大人と子供が共に勝利を目指す」というシンカリオンの基本的な路線は変わらず、シンカリオンパイロットだけでなく、彼らをサポートするオペレーターや基地設備や機体を整備する整備員すらも一丸となってわずかに見えている勝ち筋を通すために力を尽くす!と言う話を展開していることだ。単騎で強いブラックシンカリオン対みんなの力を合わせて勝ち筋を通していくシンカリオンチーム。この対立軸になっていることで、満を持して描かれたE5はやぶさと500こだまの合体が滅茶苦茶熱かった。合体ギミックそのものは別に凝ってないのになぁ。やっぱり物語の勝利か。

『ゾイドワイルド』。放送開始前は大人を中心に「今回のキットは凄いぞ!」と盛り上がっていたわけだが、放送された一話を見ると「やれることは全部やっているのではないか」という気持ちになった。テーマとなる「人間とゾイドの絆」に今回のゾイドの最大の魅力である「本能開放」の魅せ方、主人公のアラシを始めとするキャラクターの魅力を余すところなく詰め込んでいる。一話としては完璧と言ってもいいだろう。特に体を張って自分を助けたアラシをワイルドライガーが相棒と認めるシーンは最高だった。ベタではあるけれど、無印『ゾイド』のバンとジークを思い出してしまう。当時の直撃世代としては防御不可である。絆の証がちゃんとあるのも良い。
今後に繋がりそうな要素として今のところあるのは「主人公の父親探しぐらいだが、今回の敵役であるデスメタル帝国との因縁が「ワイルドライガーが逃げてきたところ」になっているので、このあたりがどう絡んでくるのか。『ゾイドジェネシス』も旅立ちのきっかけは「戦いの余波で破壊された村のライフラインを直せる人間を探す」だったのに、最終的には帝国との大戦争に発展しているわけで、どこかでデスメタル帝国との決戦を軸にしだすと思うけれど、どうなるのやら。

『ニンジャバットマン』。『ダークナイト』が歴史に名を残す傑作だったせいで以降映像化されるバットマンは「ダークでシリアス」な路線になり、「陰鬱ですっきりとしない」という問題は『マン・オブ・スティール』から始まったDCユニバースにおいてかなりのハンデを抱えていたと思うのだが、中島かずきが脚本を手掛けた『ニンジャバットマン』はバットマンシリーズのもう一つの側面である「活劇としての魅力」を出せていたと思う。トンデモ時代活劇ではあったけれど、「21世紀の武器をほぼ全て失ったブルース・ウェインが失敗を経て自らの力を再定義しなおすことでバットマンとして復活する」とか「バットマンは人殺しをしない!という点に付け込んで大立ち回りを見せるジョーカー」とか良かったし、「ヴィラン大名」という寝言のキレッキレ具合は最高だった。城が合体するのはもう笑った。現代でもないぞ、その技術!良い作品だったと思います。今回限りの使い切りなのが勿体ないぐらいだ。

『GODZILLA 決戦機動増殖都市』も観たけど、3DCGであることを出来ないことの言い訳に使った作品は初めて見た。期待をもたせておいてその期待に応える気もないし、シナリオの面でも何か驚かせる要素が登場することもなく平坦で退屈だ。第一章の時は「まあまだ第一章だし」と言うことで希望を持つ事ができたけれど、第二章がこの出来だとさすがに第三章を映画館で見る勇気はない。よっぽどのことがあれば……といったところか。あ、相変わらず前日談の小説は素晴らしかったです。どちらかと言えばこの小説を映像にしてほしかった。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2480-86a8a99f

0件のトラックバック

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター