FC2ブログ

Entries

『オクトパストラベラー』のファーストインプレッション

ようやく発売されたので時間を見つけて『オクトパストラベラー』をプレイしている。
購入した理由は「FFのようだがFFではない」「戦闘が面白い」と聞いてプレイした『ブレイブリーデフォルト』が大変好みの作品だったことと、その続編である『ブレイブリーセカンド』があまりにも面白みに欠ける作品で「今度こそあの時のようにやればできる子なんだ!」と言うことを見せてほしかったことという、完全にスタッフありきの購入の仕方である。まあ最近は自分の感情が二つも先にある形で買うことはなくなってきてしまっているので、たまにはこういう購入の仕方もありだろう。Switchでの発売なので比較的プレイしやすいのも嬉しい。
主人公に商人のトレサを選択してひとまず20時間ほどプレイしてみたのだが、ゲームとしての感触はそう悪いものではない。一つの世界に八人の主人公がいて、それぞれが旅に出る理由を持ち、この世界の中で活動している。『オクトパストラベラー』の仲間は全て「選ばなかった主人公達」なので、それぞれに選んだ主人公に匹敵するようなドラマを背負っていることが即座にわかるのはよいデザインであろう。「気になる!」となった人のために「各主人公のこれまで」を振り返る機能もあるので、この辺りの導線の整備され具合は悪くない。もっともシナリオが平坦で予想出来たところを何一つ外してこず、BGMの使い方が全く面白くないので見ているこちらの感情移入度は極めて低いものであるので、本当に「最初だけはよい」と言ったところでとどまってしまうのだが。
またCM等でもピックアップされている「フィールドアクションによるロールプレイ」だが、こちらについては多少の厳しさはあるもののよくできているように思う。八人の主人公はフィールドアクションによって四種類の系統に分けられ、その四種類の中にも条件は厳しいが確実に成功する「正道」と、自分と相手とのレベル差から算出される確率によって成否が決まる「邪道」の二種類が用意されている。つまり四種類×正道・邪道で八人の主人公の個性を表現しているわけだが、この辺りの落とし込みかたは面白い。例えばNPCからアイテムを手に入れる際も「商売として手に入れるのか。それとも盗んでしまうのか」という点でわかれており、商人はお金を払う商売としてアイテムを得て、盗賊は盗んでアイテムを手にするわけで匙加減一つであるが非常によく練られている。「TRPGのような」とはいかないまでも「TRPGに近い柔軟性」を兼ね揃えているといえ、よくこういう形に落とし込めたなぁ、と感心する次第である。これを書いている自分は商人で始めたものの結局盗賊を加入させて、アイテムを盗みまくる生活をしている。町民から盗んだ財布でアイテムを買って楽しいか?楽しい!
肝心かなめの戦闘についてだが、まあよく出来ている方だろう。「ターン制コマンドバトル」に「ターンの前借り」というアイデアを加えることで、「前借するべきか否か」という戦略性を産み出した『ブレイブリーデフォルト』を作った人達であるので、「ターン制RPG」と言いながらもゲームシステムとしては「どのタイミングで最大火力を叩き込めるのか」というタイミングの見極めに特化したゲームに仕上がっている。
本作の敵は全てシールドを持ち、このシールドが存在している場合はそこまでのダメージは出ない。弱点属性で攻撃することでそのシールドが破壊されていくのだが、0になるとブレイクして相手の次の行動はキャンセル。このタイミングで攻撃することですさまじいダメージを叩き出すことが出来るのである。
このブレイクシステムと並ぶシステムとして味方サイドには「ゲージを1-3まで砕くことで次の行動を大幅に強化する」と言うものがある。通常攻撃なら複数回攻撃になり、スキルならばダメージが跳ね上がり、バフデバフならば効果時間が伸びると純粋な強化になっているのだが、これとブレイク状態を駆使することで凄まじいダメージを叩き込むことが出来るのだ。
この「シールドを削るタイミング」と「最大火力を叩き込むタイミング」を意識して立ち回らせるゲームデザインのおかげで戦闘が非常に楽しい。「相手が強力な攻撃前の予備動作に入ったら意地でもブレイクさせて撃たせない」と言ったことをやる必要も出てくるし、雑魚を狩っている時も最大火力を出せる計算を始めてしまう。いやーよくできたゲームである。弱点を突く必要がある関係上、三属性操る学者が死ぬほど強いのはどうかと思わないでもない。あと商人が剣士や狩人より強いのは資本主義だからですか。

まー何にしても期待していた通りには面白いゲームである。「あとはシナリオさえ面白ければ……」と言ったところなので『オクトパストラベラー2』を出すのであれば、もうちょっとその辺りを工夫してほしい。あと正道邪道の格差を無くしてほしい。さすがに盗賊以外は紫色の宝箱を開けられません!は無しよ……。










スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2482-c55a1254

0件のトラックバック

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター