FC2ブログ

Entries

『ウルトラマンR/B』を最新話まで見終えて

ここ数年のウルトラマンは映像的にも物語的にも面白い作品が多く、毎年夏になると「今年はどうだろうか」と楽しみにしているのだが、今年2018年の『ウルトラマンR/B(ルーブ)』もやっぱり面白くてまたしても毎週の楽しみになってしまっている。
平成最後のウルトラマンとなった『ウルトラマンR/B』は「ウルトラマンに変身する能力を得た人間が実の兄弟」という設定で、一話からウルトラマンロッソとウルトラマンブルという二人のウルトラマンが登場する。「纏うは火!紅蓮の炎!」「纏うは水!紺碧の海!」という簡潔ながらも詩的で美しいセリフと共に登場する二人のウルトラマンは本当に格好いいのだが、自分が今回の『R/B』で好きなのが「ウルトラマンの戦い方も発想も一般人をベースとしたところからスタートしている」という点である。
前年の『ウルトラマンジード』は新人ウルトラマンであるジードのバックアップ体制として、レムやウルトラマンゼロが存在していたこともあって作戦立案や必殺技など適切なアドバイスが行われていたし、二年前の『ウルトラマンオーブ』はそもそもオーブ/クレナイ・ガイ自体が物語開始以前から闘い続けている戦士という事もあって、割と最初から戦士として闘っていた。
しかし『R/B』は本当に一般人がウルトラマンに変身した力を得ただけで、『ジード』におけるゼロのようなアドバイスをしてくれる先輩や、分析を担当してくれるレムのような存在も特にいない。結果としてウルトラマンロッソもウルトラマンブルも自分達の手札と、出現した怪獣の動向を見ながら戦っていくのだが、この「地に足のついた泥臭く、人間臭い戦い方」がたまらなく好きだ。
水の力で動きを止めてから炎の力で攻撃して水蒸気爆発によって怪獣にダメージを与えたり、自身の発したエネルギーによってダメージを受けているロッソを助けるために水の力で暴走を押さえたり……。発想のベースとなっているのが人間レベルのものなので、「本当に普通の人間が変身して戦っている」というのが伝わってくる。何より兄弟が協力して実現する作戦になっているのが素晴らしい。ウルトラマンに変身している兄弟らしい、連携プレイが本当に格好いい。
またストーリーテリングも本作はよく練られている。『ウルトラマンオーブ』から見られるようになった「ウルトラマン対怪獣を召還する者」という対立構図は本作でも踏襲されているのだが、ウルトラマンにしろ怪獣にしろ物語の中心にいるのは行方不明になった母親であり、「いなくなった母親」と「その母親が研究していたもの」を追いかける事で物語は前へ前へと進んでいく。母親と付き合いがあった人間が実は怪獣の召還者で……といういつもの要素もあるが、「視聴者視点では分かっているが、主人公達は知らない」は物語に適度な緊張感を与えており、日常回であったとしても面白いものを描けている。個別の話として見ても、先週の話では「恩師の引退試合を有終の美で飾ろうと思うも怪獣の出現により叶えられない」という幕引きとなっており、「ウルトラマンとして戦う事でこういうこともあるんだ」という事を思い知らされるビターな結末となっている。
決してスーパーヒーローなんかではない、ごくごく普通の一般人がウルトラマンになった物語だからこそのビターさだが、この辺りのビターさが最終的にどのような効果を及ぼすのか楽しみだ。

大石昌良の歌声も気持ちよい『ウルトラマンR/B』。配信が充実している作品でもあるので、機会があれば見てほしいところである。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2486-69ecadf5

0件のトラックバック

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター