fc2ブログ

Entries

『グランブルーファンタジー』ラブライブ!サンシャイン!!コラボイベについての与太話

現在『グランブルーファンタジー』にて『ラブライブ!サンシャイン!!』コラボイベントが開催されている。
このコラボイベントはひょんなことから『グランブルーファンタジー』世界に迷い込んだAquorsの九人が星晶獣ニヒリスの巻き起こす騒動に巻き込まれていく……という筋書きのイベントで、学年ごとに分けられたユニット扱いとはいえAquorsの九人全員がまさかのプレイアブルキャラクター化。各学年とも性能面についてはとても優秀なものになっていて、今回のイベントに合わせて始めたユーザーにとっては嬉しいものとなっているのだが、反面今回のイベントで行われているある要素に自分は残念さを感じている。
そのある要素とは「最終上限解放チーム決定投票」のことだ。
これは詠んで字の如く「ユーザー投票を行い、一番票を集めたチームに最終上限解放が実装される」というものなのだが、「最終上限解放」という景品があまりにも強烈すぎて、ファンであればあるほど本気の殴り合いにしか発展しようがない代物になってしまっており、正直見ていてあまり面白いものではない。なぜ面白くないのか。それは自分が「ラブライブ!シリーズのファン投票はある種の「空気の読み合い」をもとに成立し、盛り上がってきた背景があった」と考えているからだ。

そもそもラブライブ!シリーズは「ナンバリングシングルのセンター争奪総選挙」を初めとしてファン投票の開催そのものが多い企画である。
連載企画が掲載されている雑誌『電撃G'sマガジン』の表紙を飾るスクールアイドルをファン投票によって決定することもあったし、コラボが決まったコンビニにおけるイメージキャラクターをファン投票によって決定することもあった。こうしたファン投票の頻度の多さは「ラブライブ!」という企画そのものが「ファンの声を拾い上げることで物語を紡いでいく」読者参加型企画であったことに起因するのだが、ともあれこうしてファン投票の機会が多いこともあって「ファンが空気を読んで投票する」という文化が誕生していく。
「空気を読んで投票する」と言っても別に「あの子に投票するのが正しい」とかそういう文化ではない。「今回のテーマはバレンタインだから、チョコレートが似合う子といえばこの子でしょ」とか「前回も前々回も下位にいるけど、そろそろこの子にセンターをやらせてもいいんじゃない?」とかそういうレベルのゆるいヤツである。なのでラブライブ!シリーズにおけるファン投票の分析はは「ファンに人気があるのはこの子」という意味合いにはならない。その時その時のテーマや時流を鑑みた時に「誰もが納得できる子が選ばれている」とするのが適切だろう。それはナンバリングシングルにおけるセンター争奪総選挙でも変わらない。シングル付属映像の登場機会においてもそこまで大きな差が出ないこともあって、ファン同士がゆるく空気を読み合うことで「今回はこの子をセンターにする」という動きをしてきた。そうしたゆるい空気の読み合いがラブライブ!シリーズのファン投票を盛り上げてきたと思うのだ。
しかしながら『グランブルーファンタジー』の最終上限解放チーム決定投票はそうした空気の読み合いが発生する余地がない。なにせ「最終上限解放」という明確な格差をつける要素を賞品として設定されている以上、「誰がグラブルコラボイベントの看板に相応しいのか」みたいな要素が入る余地はない。
「ゆるい空気の読み合い」的な部分にこそラブライブ!のらしさはあったと思っている自分は正直今回の投票企画にあまり乗り切れていない。まあ一般化出来る感情でもないので、一般化する気もないしあくまで個人の感想レベルのお話であるが。それはそれとして強くなることに貪欲なゲーマーの自分も心の中にいるので、余計な事を考える前に回収しておきたいものは回収しきってしまったし、シナリオはシナリオでとても楽しんで読んでいたりする。以上の文章は概ね余裕ができたからこそ考えられた「もうちょっと詰められたのでは」という与太話である。

与太話程度のお話とはいえ解決方法も思いついてはいて、「最終上限解放は全チームに行う予定であるが、その中でも一番最初に実装してほしいのは誰かを投票で決める」あたりが妥当な落としどころだったのではないかと思う。先行実装をかけた投票企画であればそこまで大きな優劣は発生しないのでよかったのではないだろうか。
もっともこのやり方だと開発元の負担があるだろうし、そもそも『グランブルーファンタジー』には最終上限解放を待ち望まれているキャラクターが多い。そんな中で、「コラボキャラクターの解放を優先する」という方針は『ラブライブ!サンシャイン!!』のファン以外のユーザーの理解を得られるとは思えない。あちらを立てればこちらが立たずである。難しい話だ。

ともあれ取るべきものも取り終わってしまったのでゼノコキュ討伐戦に気持ちを切り替えていく。
土属性は正直あんまり強くないので、腕試し程度のことしかできないが楽しみである。
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2490-3fd9e63b

0件のトラックバック

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター