FC2ブログ

Entries

『Marvel's SPIDER-MAN』でスパイダーマンになった話

毎日何らかのゲームに触れているとしばしば「なぜゲームをやるのか」という問いが思い浮かぶわけだが、何度思案してもこれといった答えは出えない。仕事だから。趣味だから。楽しいから。色々思い浮かぶわけだが、どれもしっくりこない。ただ理由の一つには間違いなく「自分以外の他者をハックして、決断を含む人生を堪能できるから」というのがある。他者をハックし、他者になりきり、背負っているものに一つの区切りをつける。そうした経験を没入感のある形でできるのはゲーム以外にない。だから毎日と言ってもいいほどプレイしているわけだが、先日発売された『Marvel's SPIDER-MAN』はそういう点において満点に近い点数をつけたくなるほど素晴らしいゲームであった。

『Marvel's SPIDER-MAN』が素晴らしいのは、なんと言っても「スパイダーマンになれる」ということに尽きる。
映画やアメコミ、アニメの中であれほど見たニューヨークをスパイダーマンとして縦横無尽に駆け巡る事ができる。ビルに向かってウェブシューターから糸を伸ばし、振り子の要領でスイングしながら車をも遥かに超える速度で飛び回れる。蜘蛛から得た壁に張り付く能力でビルを垂直に駆け上がる事ができる。糸を使って弾き出されるかのように空中へと身を投げ出すことも出来るし、町中を歩いてニューヨーク市民と仲良く記念写真を撮ることも出来るのである。
移動に関する操作はシンプルであるため誰でも思い描いたスパイダーマンらしい動きが出来るが、時間が経つにつれてより映画的なスパイダーマンの動きが出来るようになるのがとても楽しい。曲がり角をスイングだけで速度を落とさずに上手く曲がり切ったり、街頭を生かして速度を上げてみたりと移動しているだけで「自分は今スパイダーマンになっている!」という気持ちが湧き上がってくるが、戦闘になるとより一層そうした気持ちが強くなっていく。
スパイダーマンは蜘蛛の力を得た超人ではあるが、銃で撃たれれば傷つくし殴られれば気絶だってする。そんなスパイダーマンらしく、犯罪者達の攻撃はスパイダーマンにとって一発一発が脅威になっていて、操作に慣れていない序盤ともなれば犯罪者を止めようとして返り討ちに遭うことも多々あった。
しかしそこで投げ出しそうになる気持ちをこらえてプレイし続けた結果、スパイダーセンスで察知した攻撃を避けられるようになった。壁の近くでウェブで絡め取ると壁に貼り付けになることに気づくと、貼り付けにすることで無力化するようになった。グレネードを投げられれば糸で掴んで投げ返し、相手の股の下をくぐり抜けて背後から蹴りを入れるようになった。その動きは映画で見たスパイダーマンのあのアクションそのもので、そのスパイダーマンのアクションを自分が行っている事に「スパイダーマンなんだ!」ということを強く意識させられた。つまり現実世界では普段のピーター・パーカーよりもボンクラな生活をしていても、このゲームの中では大いなる力と大いなる責任を意識したピーター=スパイダーマンに誰でも簡単になれるのである。キャラクターゲームとして最高の二文字以外出てこない!
また「見つからないように敵を片付ける」ということも可能なのが素晴らしい。敵をウェブで吊し上げたり、トラップに引っ掛けたり、足場を崩したりして敵を無効化していくわけだが、そのことに気づかれると敵はこう言ってこちらを褒め称えてくれる。
「スパイダーマンがいるぞ!気をつけろ!」と。
同様のことが出来るキャラクターゲームとして『バットマン:アーカムナイト』シリーズがあるが、あちらは「バットマンがいる」というだけで震え上がってくれたのに対し、スパイダーマンでは「気をつけろ」程度なのは単純にキャラクター性の違いだが、それでも余裕綽々で巡回していた犯罪者達が、こちらの存在に勘づくとしっかりと銃を構えて巡回し始めるのは嬉しい限りである。そうした敵も吊るしていき……ということも可能なので大変楽しい。もっとも拠点バトルでは「誰にも気づかれずに全滅させる」が出来ないようなので、そこだけは残念なのだが。

ここまでは「『スパイダーマン』になりきれるゲーム」としての話だが、では「『スパイダーマン』という作品としてはどうなのか」というとこちらも想像以上によく出来ている。
本作はトビー・マグワイアやアンドリュー・ガーフィールドのように蜘蛛の力を得てベン叔父さんが死に、「大いなる力には大いなる責任が伴う」という言葉によりスパイダーマンとなった……という経緯をバッサリカットしたトム・ホランドのような地点から物語を開始している。スパイダーマンは既に何人ものヴィランを倒したヒーローとして認知されているし、ジェイムソンは編集長を辞めてラジオ番組でスパイダーマンを犯罪者だと批判している。サム・ライミがヒロインとしていたMJは本作では一度交際していたもののピーターが原因で破局して距離をおいている状態と「過去のスパイダーマンから色々と拾ってきて繋ぎ合わせた」といっていい雰囲気の状況である。映画しか見ていない人間にとっては説明が殆どされていないため分かりづらい部分があるが、「ゲームならではの世界を作る」という点ではまずまずの出来だろう。
そうした過去のシリーズの積み重ねを生かす形で過去に登場したスパイダーマンのスーツのうち、いくつかが本作の中でも着用できるのは嬉しいところであった。『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』にも登場したアイアン・スパイダーマンや『スパイダーマン:ホームカミング』でトニー・スタークから与えられたあのスーツ、赤いパーカーに丸いゴーグルがついたマスクのあのスーツ、カトゥーン調となるスーツなどその種類はかなり多く、「それが出てくるのか!?」と驚かされる。スーツをアンロックするだけでそのスーツと共に特殊能力が開放されるためスーツ+特殊能力の組み合わせで「ありえないスパイダーマン」を作れるのも良い。これは自分の現在の状況だが、もはやヴィランかゴーストライダーでしかない。こういうことが出来るところが本作のスパイダーマンである。

Dm4pkZ7UYAEcbu6.jpg

なお東映版のスーツは存在しないようだ。いやあったからといって何が出来るというわけでもないのだが、スパイダーバースで拾われたので本作でもやってほしかったと思う次第である。

20時間ほどプレイした総合的な評価としては概ね満足の行くゲームである。
しかしながら若干フィールドが狭く感じてしまう事と、その割にアクティビティの少なさが気になる。犯罪者がランダム発生するのでその兼ね合いでアクティビティを少なくしたのかもしれないが、それにしてもそこまで全体として多いわけではないのが気になった。サブクエストもそこまで面白いものがあるわけではないのが辛い。もっとも、バットマン:アーカムナイトシリーズも一作目はそのような感じであったのでこの辺は続編での改修に期待したい。

ところでマイルズを出したということは続編でピーターが死んでてもおかしくはないのではないか。
別にそれはそれでかまわないのだが……。あとヴェノムが出るかどうかだけ早く。







スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2499-9e34cf42

0件のトラックバック

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター