FC2ブログ

Entries

三ヶ月ほど『メギド72』を真面目にプレイして

年間100本近くの新作ソーシャルゲームをプレイしその五割ぐらいのソーシャルゲームを看取り、誰かと会う度に「今コレが熱いですよ」というプレゼンじみた生活を数年続けていると、誰かと会う度に「今一番熱いスマートフォンゲームは?」と聞かれてしまう。
もはやどう言い繕っても「ソーシャルゲームを主戦場としている人」である。「このゲームのガチャ演出が面白かった」という話もするし、「あのゲームのシナリオ演出が面白かった」という話もする。当然同ゲームをプレイしている人間とは攻略情報を共有したりする。最近だと大空あかりとオオゾラッコーンを連れて『アイカツ!』が『スーパーロボット大戦X-Ω』に参戦した事を受けて「スパロボに参戦できない作品はもう存在しないと言っていいのでは?」という話をした。『ヘボット!』が参戦した時点で何でもありなのは周知の事実ではあるが、『ヘボット!』コラボシナリオが『ヘボット!』そのものであることを説明すると爆笑された。でも『ヘボット!』はあのエンディングだったわけで、スパロボに参戦するのは流れとしては全くおかしくない。『ヘボット!』は素晴らしい。『ヘボット!』展に行きたかった。
話は逸れたが、そんな自分にとって「今一番熱いゲームは?」というと、『メギド72』が最初に思い浮かぶ。
三ヶ月以上プレイし続けているのにも関わらずまだエンドコンテンツに手をかけたような手応えもないし、今のところ飽きらしい飽きがきていない。ついでにいうと煩わしく感じることもないし、疲労感も未だ来たらずである。「三ヶ月以上熱心にプレイしていてもまだ面白い」という「まだこのガム、味がするから!」という話ではない。どちらかと言えば「ここからが真の味わい深さよ」である。「ある程度育成が進んできて、メインストーリーで加入するメギドを獲得するとパーティー編成の面白さは跳ね上がる」とモンモンパイセン達から話だけは聞いていたが、本当にその通りであった。スキル強化を受けたニバスが死ぬまでスキルで殴り続ける編成を愛用していたというのに、今ではメインストーリー加入のベリアルを軸にした点穴編成大好きである。術中にハマっている。
どこが『メギド72』の魅力なのだろうか。
ユーザーによってまちまちであると思うが、自分が魅力に感じているのは「自分の好きなキャラクターを極限まで育てられる」という点である。
『メギド72』では全てのキャラクターが現在のレベルキャップであるレベル70まで育てることが出来る。
レベルキャップ解放に使用するアイテムにはレアリティが存在しているため育成難度の違いはあるものの、メインストーリーの進行に伴って加入するキャラクターも、ガチャから排出されるキャラクターも等しくレベルを限界まで上げることが出来るのである。そしてキャラクター間のその性能の差は一定の範囲内で収まっているため「育成難度の割にリターンが薄い」ということもない。なのでお気に入りが複数人出来るとついつい積極的に周回し、育成してしまう。大半の周回は攻略チケットによってスキップできるので考えなくてもいいためありがたい。そうして育成した手持ちを見ながらパーティー編成を考えるのも楽しいのだが、実際に動かす戦闘がまた面白い体験だったりする。
『メギド72』は戦闘も面白い。端的に言えば「敵と自分とで『どの行動をするか』を奪い合う」であるのだが、「出現する行動の種類は三種類。しかし何がどれだけ出現するかはランダム」「一人のキャラクターが一ターンに取得出来る行動は三個まで」というルールがあるため、「そのターンにおける最適な行動を探る」という面白さが生じる。
「このターンに倒してしまいたい」と思うのなら攻撃行動を取る必要があるが、敵の攻撃でその前に沈められては元も子もないので防御役にダメージを引き受けてもらう行動を取る必要が出てくるし、かといってそのために行動を譲ると攻撃力不足で削りきれなくなる可能性がある。この辺りを考慮しつつ、上手く自分の戦略がハマったときがたまらなく楽しいし、敵の攻撃手段と手持ちを見比べて組み立てた勝ち筋がボス戦で通った時の嬉しさは何物にも代えがたい。特に第四章以降はもう本当に「ボスが強い!」が続くので細い勝ち筋を通し続けて押し切れた時は本当に嬉しかった。ベリト戦でシャックスが三回連続で感電を外した時は負けを覚悟したけど、勝ててよかった……。
最後にシナリオも面白い。第四章からはゲームタイトルである「メギド72」が拾われ始め、多様性の物語になりつつあり、非常に熱い物語になっている。
イベントシナリオも良い。配布クズことリジェネレイトフラウロスの話は普通にフラウロスが格好良く見えるし、だめなおじさんトリオのイベントは予想以上によかった。金曜からは新イベントということで、マルバス(美しい自分はメギドではなくてハルマ!と真顔で言うのでサイコ扱いされて追放された、整った顔と強い自己愛を持つ女。ガチャ産は回復の鬼)が配布されるので、どうやってマルバスを絡めるのか楽しみである。

そんなこんなで我が息子ガープがベインチェイサーを求めているのでEX討伐に戻る。別にそれほど強くはないのだが、回数がね……。






スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2504-25b95eae

0件のトラックバック

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター