FC2ブログ

Entries

『三者三葉』完結と葉子様役だった和久井優に売れて欲しいという話

荒井チェリーの『三者三葉』が2018年12月9日発売のまんがタイムきらら2019年1月号にて完結することが発表された。
『三者三葉』の連載開始は2003年のことなので連載期間は約15年。まんがタイムきららの中では最も連載期間の長い作品であっただけに「完結する」と聞いた時はもう「そうかー」という言葉以外出てこなかった。感慨深さしかない。
さて、自分にとって『三者三葉』とは何かと見つめ直すとほぼ間違いなく「声優:和久井優」がまず最初に思い浮かぶ。
和久井優はアニメ『三者三葉』で父親の会社が倒産したことで大富豪から転落した元お嬢様である葉子様を演じており、自分のオールタイムベストアニメの一つ『アイカツ!』では氷上スミレを演じていた声優なのだが、この和久井優は氷上スミレを演じていた頃から自分の琴線に触れる演技をしていて最高なのである。
和久井優の魅力としてはやはり美人系に分類される美少女ボイスであろう。前述した氷上スミレもそうだし、葉子様もおそらくこの系統になるのだろう。コナミの『ときめきアイドル』で演じている田中フランチェスカもまあこの類であろう。
和久井優はその声質もあってか、この系統の演技をさせるととにかくハマる。声を聞いただけで美人と分かる。声だけで「このキャラクターは美人なんだな?」と確信できる。演出として成立するレベルの美人ボイスなのである。
同じように美人系美少女を当てられやすい声優としては能登麻美子や早見沙織などがいるが、能登麻美子はどんな演技をしてもそこはかとない育ちの良さを感じさせるナチュラルボーン美人系ボイスであるし、早見沙織は村娘的親しみやすさが先行する美人系ボイスである。和久井優は両者の中間辺りの「親しみやすさを感じさせながらも、やはり根の部分は上流階級の気配がする」というタイプなので両者とは食い合わない。むしろ三人並べることで、それぞれの持ち味が際立つような気もするので、三人をキャスティングした三姉妹百合アニメの登場が待ち望まれる。早くしろ。
話がそれたが、ともあれ和久井優はいい声優である。氷上スミレ以来ずっと推しているし、「もっと売れてくれねぇかなぁ」とか思っている。「『ときめきアイドル』でどうにかなるかな?」と思ってたら、完全に往年のコナミファンに向けた展開になっているのでその可能性は低くなったし……。コナミ、お前そういうところやぞ。
ともあれ『三者三葉』も完結を迎えるわけであるし、いっそ全てを映像化するぐらいの勢いで『三者三葉』二期をやってくれないものか。『三者三葉』の監督を努めた木村泰大氏は今髙橋秀弥氏と連名でジョジョの監督やってるので難しいかもしれないが、いつか必ずお願いしたい。『未確認で進行形』も二期はまだやってないので合わせてそちらも……そういえば『ゆゆ式』も続きが見たい……。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2508-4234311a

0件のトラックバック

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター