FC2ブログ

Entries

『グランドツアー』season3が始まったのでseason2までの面白かった企画を書く

Amazonプライムで『グランドツアー』season3の配信が始まった。
この番組はイギリスの公共放送BBCで放送されていた自動車番組『トップギア』を、不祥事によって降板させられたチーフプロデューサーとジェレミー・クラークソン、リチャード・ハモンド、ジェームズ・メイの司会者三人がAmazonプライム会員向けに制作した番組である。スタッフの多くが不祥事が起きるまでの『トップギア』に関わっていた事もあって、番組のノリも作りも不祥事以前の『トップギア』に非常に近く、大して車に興味がないが『トップギア』は好きな人間としては『トップギア』と変わらず楽しませてもらっている。
既に発表されているようにseason4までの制作は決まっているようではあるが、面白かった企画のことを忘れがちなのでseason2までの個人的に面白かった企画について書いておく。もっとも、企画そのものは普通であるが、司会者達の悪巧み(主にジェレミー)のせいで映像として面白くなってしまった企画もあるのが『グランドツアー』の恐ろしいところなのだが(今回はそれも含む)。

■season1:第四回「地球に優しい車を作ろう~環境保護への挑戦~」

車と環境保護はもはや切っても切れない間柄で、特にここ最近は「腐れ縁」と言っても良いぐらい宣伝などもでも使用されていると思うのだが、そんな「環境保護のための車作り」に挑んだのがこの企画である。
「環境保護のための車作り」と一口に言っても切り口は様々なものがあるが、『トップギア』でさんざんやりたい放題してきた三人が「エンジン周り」などというごくごく普通の発想に行き着くわけがなく。マッドな領域に両足を突っ込んでいる彼らが今回環境保護のために知恵を絞ったのは車の内装や外装である。動物の肉骨皮でフレームを設計したり、植物を植え付けたり、土で外装を作ったり。それにより生まれる酷いトラブル。炎上。悪臭。あまりにも酷い光景の数々と最終的な結論のクレイジーさ加減が笑いを誘う作りで、「こういうのが見たくてこの番組を見ているんだよな」と確認させられた。

■season1:車で海戦ゲームした第五回

こちらはメイン企画ではなくサブ企画の方なのだが、気の狂ったマッド車好き野郎達が二人が何を血迷ったのか車を使って海軍ゲームをやり始めてしまう。リムジンやプリウスを空母や潜水艦、G-Wizを砲弾に見立てて行うわけであるが、車と車がゲッター3の合体のようにぶつかるので当然のように爆発炎上する。子供の遊びを大人が実物大でやるとどうなるのかという話だが、勝負が意外と白熱するのがまたひどい。

■season1:第九回「未来へ向かうまぬけたち」

環境保護繋がりで言えばこちらも面白い。「電気自動車に必要な電気を日常生活の中から生み出そう」というテーマのもと、三司会者達が発電へと励むのだが、その方法がどれもこれも「発電のためなら人の迷惑なんて二の次」という代物ばかり。はっきり言えばガソリン推奨派の三人らしいネガティブキャンペーンめいた企画ではあるのだが、警察のお世話になるところまでやってしまうのはなんというか、『トップギア』の人達だなぁと笑ってしまう。絵面的にはどう見ても児童虐待なジェレミーのやり方はひどすぎた。

■season2:第七回「悪戦苦闘!ノンストップ給油大作戦」

season2はこなれてきた終盤に面白い回が詰まっていると思うのだが、「給油を走りながらするためにはどうすればいいのか」に挑んだこの回は給油の際に車を止めることの必然性、そして移動しながらの給油がいかに難しいものであるかをバカバカしい映像とともに理解させてくれる傑作回だった。途中で人が死ぬような状態になっていたり、交通事故同然の映像が垂れ流されている。ギャグアニメ同然のオチ。何度見ても笑ってしまう。

■season2:最終回「プロジェクトGT ~モザンビーク悪路を行く~」

最後はこれ。「飢餓へと立ち向かうという名目のもと、三人海辺の街から山奥にある村まで魚を届けようとする」という企画で、ジェレミーは製氷機で魚を冷やしながら、リチャードは干物へと加工しながら、ジェームズは車の中に水槽を設置して山奥の村を目指すことになる。この段階で道中で起きる出来事はある程度予想可能なわけだが、その予測可能な出来事が実際に起きた時の面白さが予想可能なだけに面白い。また予測不可能な出来事も定期的に振ってくるため予定調和に終わらない点も笑えてしまう。
オチに至ってはあらゆる点で酷くて、爆笑しながら「さすがイギリスの番組を持ってただけのことはある」と感心させられた。

season3は第一回がアメリカのデトロイトで、「2200ドルで家が買える」などぶっ飛んだところがあって面白かった。
第二回、第三回はスペシャルであったが、第四回はどうなるのか楽しみである。



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2540-6550e66e

0件のトラックバック

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター