Entries

週刊少年マガジン 2006/14号感想

今日の感想も若干端を折ります。

巻頭カラー:SAMURAI DEEPER KYO
センターカラー:池袋ウエストゲートパーク(短期集中連載)

・魔法先生ネギま! 128時間目「恋と友情の最前線」

落ちた夕映は2年前の事を思い出した。
それは祖父を失った事により、この世に飽きていた自分を変えてくれた木乃香、ハルナ。そしてのどかを。
この世界はつまらない事はないという事を改めて知った夕映。
夕映は落ちたときに気を失っていた。
そしてのどかの幸せを望む自分にあるまじき行為だったと反省するのだった。
そこに現れたのどか。
知られているとは気づかない夕映は否定しようとする。
ネギが好きという気持ちを。
だが、全てをアーティファクトによって知っていたのどかは、問う。
「ゆえ・・・・ネギ先生のこと好きなの・・・・?」
問われた事に素直にうなずく夕映。
しかし、その事を忘れようとする。
のどかがイヤに思ったなら、自分が消えればいいと思う。
そして自分の気持ちに嘘をつこうとする。
のどかは言った。
自分の気持ちを、その間違いを正そうとした。
今、やっと対等な立場になった。
だからネギが夕映を選んでも平気だと。
そしてのどかと対等な位置に夕映を立たせようとするハルナは無理やり夕映に仮契約させるのだった。

夕映仮契約!ん?パルにスポットが当たるはずがいつの間にか夕映エンドになってる気がする。それはともかく、今回を含めた図書館探検部編は夕映がのどかと対等な位置に立つための話のはずですが、夕映ののどかへの宣戦布告は残念ながらなし。夕映がのどかに宣戦布告=本当の勝負になると思うのでまだのどかより一歩後ろ。まだまだのどか一人状態で、今回の結果としてみれば自分の気持ちを気づく→のどかがそれを知り、恋愛という意味での勝負の台に立つ→キスと3段階を一度にやったのでちょっと詰め込みすぎな感じもする。最後のパルの行動が完全にオチに見えて仕方がないなぁ。1話目と言い、パルで落とすのもだんだん飽きてきたなぁ。一応これで図書館探検部編終了ですが、やっぱり夕映編をもう一度やって対等な立場に立って貰わないとなぁ。まだ対等でない今の状況のまま勧めるのは無理があるだろうし。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/510-d331ac14

1件のトラックバック

[T153] 魔法先生ネギま!128時間目感想

まき絵誕生日おめでとう(゚∀゚)!・・・いやわかってますよ毎回後手に回ってますから(ぇそんなわけで感想!今回は鈴夕映と丸眼鏡ハルナと2つに髪を結んだのどかで決まり

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター