Entries

『Fate/Grand Order』カルデア与太ばなし「ヤケクソ強化三人衆」

昔々あるところに、「弱い」「使えない」とレッテルを張られ、虐げられているジャンヌ・ダルク、エミヤ、諸葛孔明という三人のサーヴァント達がいました。
彼らは攻撃力とHPという基本的な能力に関しては決して弱いわけではありませんでしたが、スキルや宝具に難を抱えており、新しいキャラクターが追加されるたびに環境から置いていかれ、「〇〇と比べれば使い勝手が悪い」などの暴言をマスター達から浴びせられていました。
それでも彼らはめげませんでした。「自分には持ち味があって、いつかその能力は発揮されるのだ」と信じ、来る日も来る日も心ない言葉に心を痛めながらも、わずかながらにかけられる「お前は強い」の優しい言葉を胸に頑張っていました。
そんな彼らの懸命に生きる姿を天上から見ていた神は言いました。
「よろしい。彼らのその頑張りに私も応えよう。なに、ちょっと強化するだけだから」。
神の「ちょっと」は人類にとっては「ヤケクソ」。神のちょっとした寵愛によって奇跡という強化を与えられた三人のサーヴァント達はとんでもない力を手に入れてしまったのです。

最初に強化がされたのは諸葛孔明でした。
彼はサービス開始から存在する星5のキャスターでしたが、エンドコンテンツ「スキル強化」に挑むものは殆どおらず、そもそも第三スキルの解放まで辿り着いたマスターすらそこまで多くはなかった2015年頃の環境において、彼の「バフをかけつづけるバッファー」というポジションは不遇極まりないポジションでした。
おまけにそのバフスキルも「強い」というには程遠いものであり、宝具は「呪い確定+チャージ減少とスタンをそれぞれ中確率で発生」という効果であることから「事故の元」と呼ばれ、「孔明の宝具は使うな。スタンまできっちり入れば別だが、チャージ減少が発動すると無敵等を合わせられない」という致命的な欠陥を抱えていました。強いところは「星5相応の能力値」程度。彼ほど不遇だったサーヴァントはいないと言ってもいいでしょう。それほどまでに「いいところが『強いて言うなら』レベルしかない」というサーヴァントでした。
そんな孔明に神が授けた力は「全面改修」という力でした。
その奇跡が起きたのは2015年11月5日のことでした。第三章実装と同時に行われた仕様変更により、彼は強く強く生まれ変わりました。具体的には全てのスキルがその性能を大幅に引き上げられた上、全てのスキルに「NPを増やす」という強力な効果が追加されました。「パーティー全体のNPを加速する」という効果は言うまでもなく強力で彼は最弱の名を返上するには十分すぎましたが、サーヴァント達が持つ必殺技である宝具もチャージ減少が確定化され、ついでに「弱体耐性を無視した強力な防御ダウン」が追加された事で与えるダメージを上げる意味でも強力なものとなりました。
今となっては彼が最弱と呼ぶ人はいません。それどころか「人権」と呼ばれるほど、周回にも難所攻略にも活用されるサーヴァントになりました。「役立たず」と呼ばれていた頃から、どこでもバッファー兼NP加速要員として起用される過労死組への転職が本人にとって幸せかどうか分かりませんが、ともあれ孔明は神のヤケクソ強化によって救済されたサーヴァントの代表格として人理にその名を轟かせることになりました。

次に強化されたのはエミヤ君です。彼もまた孔明と同じようにサービス開始当初からいるサーヴァントの一人で、「防御を無視して全体を攻撃する宝具」「効果が適応されている間は必中・無敵貫通以外の攻撃を1ターンの間無力化してしまう心眼(真)」など総じて使いやすく素の状態で決して弱くはないサーヴァントでした。しかしながらバスター属性の宝具とは全く噛み合わないアーツ強化の「魔術」に、スター発生率アップと言いながらもそれほど大きな効果を実感できない「千里眼」と、「微妙に痒い所に手が届かない」というデザインであったことがネックでした。また初期からいるものの宿命として、前傾姿勢かつ干将莫邪以外での攻撃をしない点も原作ファンからは若干の不評を買っていた部分でもありました。
当然そういう反応がある事を考慮してか、彼の魔術は強化クエストを経て「投影魔術」になりました。「投影魔術」は彼の代名詞である事や「全ての属性のカードに適応される」という性能もあって喜ばれました。ここまでは順当な強化であり、ヤケクソ強化と言えるものではなく、「元々使いやすかったものが、スキルもかみ合うようになってさらに使いやすくなった」程度だったのですが、2016年10月9日に不意に現れた強化クエストでエミヤ君はスタイリッシュナイスガイな強さを手に入れることになりました。
その強さとは「千里眼が鷹の瞳に変更された」ということです。
この鷹の瞳は千里眼の「クリティカルスターを発生させやすくする」という効果に「クリティカル威力アップを積んだ」を加えた程度に思えるでしょうが、実際にはクリティカルスターの発生率そのものも上昇した完全上位互換ともいえるスキルであり、クリティカル威力アップの倍率が著しく高いこともあり、エミヤ君は弾けました。
鷹の瞳を起動してからの宝具で大量の星を生み出しつつ、アーチャーのクラス補正でスターを集め、鷹の瞳の「いい加減にしろ」と言わんばかりのヤケクソ倍率からくるクリティカル攻撃で、相手を次々と切り伏せていきました。モーション変更されてからは弓で爆撃したりとやりたい放題。「原作に出ているキャラクターが弱いわけがないだろう?」と無駄にいい声で言いそうな感じの強さにはマスター達もドン引きです。

孔明とエミヤが圧倒的な強さを手に入れ、その力をそれぞれの職場で発揮している一方で、ジャンヌ・ダルクは依然として不遇の身でした。
サービス開始当初こそ「2ターンのスタンと引き換えに、1ターンの全体無敵」という唯一無二の宝具のおかげで「宝具に対抗するためにジャンヌ」と重宝されていましたが、ダビデが星3にも関わらず「全体に1回の回避を付与する」という余りにも強いスキルを引っ提げて参戦した事でジャンヌの立場はほぼ無くなりました。回避と無敵、1回と1ターンでは全然違いますが、宝具を打ってくるのはチャージマックス時の最初の攻撃ですから、1回の回避があれば十分でした。おまけにダビデは攻撃力を上げるカリスマもありますし、コストもジャンヌの16と比べると格段に低い9。オーダーチェンジでサブから登場したダビデが治癒の竪琴を奏でれば全体宝具も止まる事もあり、ジャンヌの採用率は大幅に下がりました。第六章でのマシュの大幅強化やマーリンの1ターンの全体無敵効果「も」持つ幻術などもあり、ジャンヌは「宝具は強いのだが……まあ微妙」呼ばわりされ、全体無敵が必要な局面でも戦力外通告されることが多くなりました。
生前に引き続き、救おうとした者達から石を投げられるジャンヌ。サーヴァントとなっても受難は続きます。
しかしそんなジャンヌの事を神は見捨てていませんでした。
2017年5月25日。『EXTRA/CCC』コラボにより「BB」という最上のパートナーを得たジャンヌの宝具からスタンが消えました。元々「スタンがなければ今度は強すぎる」と言われ、メディア・リリィやBBを軸とすることで「スタンを踏み倒して宝具を使い続ける」というパーティーが考案されていたジャンヌですから、スタンの消滅はそれだけでトップクラスの防御力をパーティーに付与すると同義です。またスタン消滅だけでなく「全体の弱体解除」まで搭載しているのですから、これはもう信仰にこたえようとする神もヤケクソの奇跡を与えています。「ここまでしないと強いと言ってもらえない」と言わんばかりのヤケクソ具合です。
今までの不遇を払拭するかのような神のご加護にジャンヌも思わずパッション。「奇跡?なんですかそれ?」な攻撃方法をするジャンヌの鋼鉄の6-Packの壁は誰にも超えられないのです。Wonder!!

弱いと蔑まれ、使えないとレッテルを張られるサーヴァントはもうどこにもいません。
いるとすればそれは「次に神の寵愛を受けるサーヴァント」であり、「更なるヤケクソ強化を受けるだろうサーヴァント」です。
神を信じましょう。さすれば貴方の外圧の中で育まれた信仰に見合うだけの力を、貴方の愛する者に与えてくれるのですから。

※本稿は与太話をするためだけに書かれたものであり、事実と異なる場合があります。


『グランブルーファンタジー』とゲームをアニメに接続した方法についてのメモ

現在放送中のアニメ『グランブルーファンタジー』は、サイゲームスが開発・運営している同名のソーシャルゲームのアニメ化作品だ。本作はひょんなことから謎の少女・ルリアと出会った事をきっかけに、父親が待つ約束の地を目指して旅立つ事になった少年・グランを中心にした冒険ファンタジー作品で、ゲームのシナリオを踏襲しつつもオリジナル要素を加えることで一本のアニメとして巧みに構成されている。
最新話となる八話ではメインストーリーには登場しないキャラクターであるマリーとカルバが登場するオリジナルストーリーが展開され、今後も人気キャラクターを含めた「メインストーリーには登場しないキャラクター達」がゲストとして登場することが期待されるが、本作で特に興味深いのは「ゲームのユーザーにリアルタイムでアニメを視聴する事の意味を発生させている」という事だろう。
ソーシャルゲームのアニメ化そのものは昨今珍しいものではなく、ここ最近は毎クールごとに一本以上放送される事が多いが、その多くの作品が「メインコンテンツであるゲームへの入り口としてアニメを置いている」であり、既にゲームをプレイしているユーザーにとってアニメは「自分のやっているゲームがアニメになっている」を除けば「アニメ放送開始を記念したキャンペーンが実施される」以上のものではなく、アニメとゲームの距離は近いようで微妙に遠いものだった(そういう意味では、今まで担当声優がいなかったキャラクターに新たに声がつく機会を生じさせた『アイドルマスターシンデレラガールズ』は、アニメとゲームの距離を近くすることに挑戦し、成功した作品だったのではないかと思う)。
『グランブルーファンタジー』が興味深いのは、「リアルタイムでアニメを見ることにゲームにおいても実利的なメリットが発生する」という事をやり遂げたことだ。
現在『グランブルーファンタジー』にはゲームと連動した「グランブルーファンタジー・スカイコンパス」というアプリが配信されている。このアプリは『グランブルーファンタジー』に関わるイベントやゲーム内イベント、アニメの放送情報などのスケジュール管理機能が主として製作されているが、もう一つの機能として「チェックイン機能」がある。
このチェックイン機能は端的に言えば「リアルイベントやアニメ視聴の際に画像認証を用いてチェックインする事により、スカイコンパスと紐づけされたアカウントに特別なポイントが累積される」というものなのだが、このチェックイン時に累積されるポイントを消費することで「通常3%の確率でしか獲得できないSSRキャラクターを確定で一人入手できるチケット」を始めとするアイテムが獲得できるように設計されている。
このチェックイン機能はGPSにより地域ごとの放送時間を参照しているため、「録画などではチェックインすることが出来ず、放送時間が遅くなってしまう地域の人間は睡眠時間が削られてしまう」という若干面倒な部分はある。しかし実際にやる事は「毎週同じ時間にテレビのチャンネルを合わせてスマートフォンで認証する」と簡単であるため、そんな簡単な事で得られるものとしてこれらの特典は無視するにはあまりにも大きな損失だ。
こうした仕掛けがソフトの購買意欲に繋がるかどうかは分からないし、この特典を獲得するために中断していたゲームを再開したユーザーがどの程度出てくるかも未知数だが、「アニメは入口に過ぎないために、既に始めているユーザーにとってはあんまり旨味の無い」という問題はある程度解消されているように思う。
ちなみに自分は普段は録画して後日一気に消化するスタイルで見ている人間だが、本作だけはこのチェックインをした後の流れで最後まで見てしまっている。おそらくそういうユーザーがいる事も計算に入れてやっていると思うだけに、術中にハマっている気がして非常に悔しい。うまいやり方を考えたものである。

なお本作は「アニメの内容に合わせて、毎週アイテムを配布する」という事も忘れてはならない。そのアイテムは今週のソウルシードのように消耗品であることもあるが、アニメ本編でティアマトと戦った時はティアマトボルト、コロッサスと戦った時はコロッサスケーンなど、「マグナ武器」と呼ばれる武器を一本だけだが全ユーザーにプレゼントされている。
ある程度完成形に辿り着いているユーザーにとってはそれほど大きなものではないが、逆に言えばそこまで辿り着いていないユーザーにとってはあまりにも嬉しい。
最終的にどこまで進むかは分からないものの、余りにも強すぎて調整が入ったにも関わらずまだ強いシュヴァリエソードが配布されれば相当大きなものとなるだろう。アニメの内容がきちんと実利になって返ってくるというのは本当にいいことだ。アニメしか見てないユーザーにとっては全く関係ない話だが。

ところでローアイン達はまだ登場しないんですか? というか「とりまトッポブで」を映像化してください。

『アイドルタイム・プリパラ』シリーズが変わってもパワーダウンさせない作品の作り方

『アイドルタイム・プリパラ』が面白い。
それは「女子がアイドルをやるなんてありえない」という空気感に立ち向かう逆境の物語が面白いという事でもあるし、「パパラ宿のプリパラを盛り上げて自分達で自分達のプリパラを作り出していく」というフロンティアスピリッツを感じさせるデザインが面白いという事でもあるのだが、ともあれ『アイドルタイム・プリパラ』が放送直前まで心に懐いて仕方がなかった一抹の不安をも吹き飛ばす作品であった事を、『プリパラ』の一ファンとして喜ばしく思う。どんなプリパラもプリパラなんだ。
それはさておき『アイドルタイム・プリパラ』を見ていて、最近強く感じるのは「『プリパラ』から続投されたキャラクターの格も、作品全体としてパワーダウンを全くしていない」という点である。一度タイトルも含めてシリーズを仕切り直し、物語の主軸(とりわけ成長要素)の担い手が神アイドルにまで辿り着いた真中らぁらから新キャラクターで新人アイドルの夢川ゆいになっているにも関わらず、『アイドルタイム・プリパラ』という作品そのものは『プリパラ』からパワーダウンした印象を微塵も感じさせないのだ。
こうした印象を受けるのは、夢川ゆいには夢川ゆいの、真中らぁらには真中らぁらの物語が存在することをきちんと意識し、視点も立場も違うアイドル二人が「パパラ宿のプリパラを盛り上げる」という一つの目的のためにアイドル活動に励む物語がきちんと組まれているからだろう。本作は「神アイドル(=アイドルの頂点)になったからといってアイドルの物語は終わるわけではない」という事を明確かつ意識的に描いているのである。

夢川ゆいにとって「パパラ宿のプリパラを盛り上げる」というのは自分の夢を叶える物語である。
彼女はプリパラに憧れ、プリパラアイドルになりたいと思っていた。しかし彼女の街に出来たプリパラは、元々あった男子プリパラの影響もあって「アイドルは男子がやるもの」という意識が強く、どれだけ宣伝してもなかなか人は来てくれない。神アイドルであるらぁらやみれぃ、そふぃの活躍によってどうにか「プリパラ」というものへの注目度は上がり、「私もアイドルになりたい」という存在が増え始めているが、まだまだ彼女が夢に見たプリパラの姿とは程遠い。なにせゆいとらぁら以外のアイドル達はまだ歌うどころか、デビューすらしていないのだから!
故に夢川ゆいの視点に寄せた『アイドルタイム・プリパラ』は「彼女が自分の力で夢を叶える物語」だと言える。「夢はもう夢じゃない」とは「Make it!」の歌詞だが、彼女が夢を「夢じゃないもの(=現実)」に変えた時に彼女のアイドルとしての真価が見えてくるはずだ。
一方、真中らぁらにとっての「パパラ宿のプリパラを盛り上げる」というのは「神アイドルの使命だから」に過ぎない。
もちろん彼女のプリパラへの愛情は依然と変わらないし、その愛情もその目的には多分に影響を与えているはずだが、パパラ宿にやってきた理由は「神アイドルの使命のため」であり、「夢」と呼ぶべきものにまでなっている夢川ゆいとは情熱が違う。ゆいはこのパパラ宿でなければダメだが、らぁらは例えパメリカやゴビ砂漠やペジプトであったとしても神アイドルの使命として「プリパラを盛り上げる」という目的に尽力していたはずで、「パパラ宿に暮らす新人アイドルの夢川ゆい」とは視点も立場も違う。言ってしまえばこのパパラ宿での経験はらぁらにとって、「神アイドルとして活動していく中での最初の一歩」に過ぎないのだ。
しかしながら運命のめぐりあわせか、はたまたプリパラの女神の導きか。プリパラに熱い想いを持つ新人アイドルと神アイドル一年生が出会い、目的が合致し、物語は始まった。らぁらは神アイドルとしてパパラ宿を盛り上げなければならないし、ゆいはプリパラで夢を叶えるためにパパラ宿を盛り上げていく。地元で暮らす新人アイドルと外からやってきた神アイドルという組み合わせだからこそ、互いの足りないところを補い合い、ある一つの目的のために邁進する姿は『アイドルタイム・プリパラ』という作品ならではの味わい深さがあり、『プリパラ』が一つのテーマにしてきた「友情」を感じさせる。
加えて、前作から受け継がれていた要素がきちんと本作風に位置づけを調整されているのも面白いところで。
例えば「スーパーサイリウムコーデ」は前作では「神アイドルグランプリへの挑戦権を有するものに、プリパラの女神が授けるもの」ということもあり、「手にするのも難しいアイテム」として描かれていたが、本作では「すでに神アイドルになっている」ということからか、らぁら達はサクッと入手しており、ゆいは未だに手にすることすらできていない。
「アイテムそのものの格は変わっていないが、らぁら達の実力が実力なので簡単に獲得できる」という描き方はインフレ化を抑制する意味でも良い描き方ではないだろうか。あと「神アイドルのらぁら達はサイリウムタイム時に背後にサインが出る」というのはゆいの格を下げない良い変化のつけ方だと思います。

『アイドルタイム・プリパラ』は一年物なだけに非常に丁寧な物語展開を続けている。ようやく二人目のアイドルにスポットライトが当たるようだが、彼女はアイドルに興味が無い。そんな少女がアイドルになる理由は一体何なのか。『けものフレンズ』の田辺茂範氏も脚本チームに加わった本作、今からでも間に合うので見てほしい。

余談だが、真中らぁらの「やるだけやってみて、ダメそうならその時にまた考える」という性格は『アイドルタイム・プリパラ』においては、「新人アイドルと共に同じように悩む」という点で良い意味で生きているように思う。アイドル歴こそらぁらの方が先輩であるが、先輩風を吹かすのではなく同じ目線・同じ立場で寄り添いながら一緒に答えを出していく姿はゆいの成長を見る意味でも効果的に作用しているように思う。いつかはらぁらもいなくなる……と思うが、その時にゆいがらぁらと共に笑い悩んだ事でどのようなアイドルになっているのかが楽しみだ。

 






Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター