FC2ブログ

Entries

『キラッとプリ☆チャン』『アイカツフレンズ!』『HUGっと!プリキュア』最近の女児向けアニメ三本について

アイカツ!やプリティーシリーズやプリキュアがクライマックスに向けて物語を収束させに向かっているのを見ると、否が応でも今が年末であることを理解させられる。
季節感や曜日感覚を4クールアニメによって確保しているからこそ起きる現象であろう。夏休みのエピソードがあれば「そうかー夏かー」となるし、母の日のエピソードがあれば「もう母の日か」となる。もはや五年以上の付き合いになるのだから致し方がない。
ハロウィンを意識し始めたのも4クールアニメがきっかけであった。
そういえば今年の『キラッとプリ☆チャン』ハロウィン回は、京極尚彦が気合を入れすぎて「減価償却」のネタのもとで以降の作品で使い倒されたハロウィンライブがなくて、少し寂しさを覚えたことを思い出した。減価償却ネタ自体はここまで発表したライブ映像の総集編も兼ねていたので公式で半分ネタにされている感の漂うハロウィン回であったのだが。ナルシスター(松田利冴と松田颯水の姉妹が演じる出オチ系姉妹キャラ)も出てきたのでよしである。
さて、三作品ともいよいよクライマックスに向けて動き出しているわけだが、まだ本格的なクライマックスというわけではない。
そこで本格的なクライマックスに向かう前に三作品の最近の流れを書き留めておきたい。後の自分のために。

HUGっと!プリキュア。映画公開に合わせた「TV版プリキュアオールスターズ」とでも言うべきスペシャル回もさることながら、ここ最近の「坪田文の本領発揮」としか言えない展開の数々は、朝から浴びるにはなかなかに刺激的だ。ルール―とトラウムの関係性は言うなれば「血の繋がりのなくても親子関係は成立するのか」というセンシティブな題材であったが、被造物と創造主というフィルタを重ねる事でその辺りを上手くクリアしていたし、トラウムも「身を張ってルールーを助ける」という父親らしい姿を見せたことで「親になれる」ということを印象付けられていたように思う。
その次話で描かれた「ルールーは未来に帰ってしまう」という現実に直面したえみるのエピソードは、『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』47話の「ワガママみあ 前代未聞のドタキャン騒動」を想起させる。
「いつかまた会える」と約束していたとしても今別れが訪れることを悲しいと感じる気持ちは抑えられない。「別れは笑顔で」と決めていても涙は流れ出してしまう。こういう「溢れ出した感情は止まらない」は坪田文脚本ではしばしば見られるものであるが、クライマックス直前になって展開されたこのエピソードはたまらないものがあった。それにしてもジョージ・クライの求める「現在で時間を止める=未来の否定」は何から発したものなのか気になるところである。坪田文脚本作品では阿世知欽太郎が「未来に裏切られた経験から不確かな未来を否定し、美しかった過去にすがりつく」をやっていたが、あくまでグレイトフルシンフォニアの中の出来事なので、今回とは少しケースが違う(そもそも欽太郎は『現実の無情さを世界中の人に見せつける事で、未来を夢見ることの無意味さを心に刻みこむ』が目的。それは主観的な時間停止であって客観的には時は刻まれている)。この辺りが明かされた時こそはぐプリの真価が問われると思うのだが……。

アイカツフレンズ!。リフレクトムーンに敗北し、ピュアパレットを一時休止した後からは珠玉の百合エピソードが続いているわけだが、百合要素を一旦置いておくとしてもやはりよく出来ている。例えば友希あいねのエピソードでは「『湊みおはトップアイドルだから、アイドル一年生である今の自分が及ばなくても仕方がない』と無意識に思い込んでいた」ということが展開されるし、湊みおは湊みおでラブミーティアからある種の思考の盲点を指摘され、ある意味最初の部分から叩き直される。こうした二人のエピソードを踏まえて行われたピュアパレットの再結成は「二人が対決することでより深く相手を知り、別れてからもピュアパレットとして頂点を目指すことを意識していたことを実感し、再結成する」という話になっていて素晴らしかった。いつもの鐘が完全にウェディングベルのように思えてくる。ここまでの『アイカツフレンズ!』の集大成的なエピソードではなかっただろうか。
その後のベストフレンズカップ前後編も良かった。
「ダイヤモンドフレンズカップに出場できる席はあと一つ。それを手にするのはハニーキャットかピュアパレットか」という話になっていたが、両ユニットとも平等に描いた上で実力面ではハニーキャットが上回り、ピュアパレットは「もっと見ていたい」という可能性を示唆することで出場を決める。「ここでどちらかが敗北する」は納得できなかっただろう。双方のドラマを平等に描き、実力面での優劣をつけた上でルールによって負けた方を救済するのは理屈も通っていて、感情でも納得できる。素晴らしい。

キラッとプリ☆チャン。このシリーズはやはり終盤に入ってから盛り上がるシリーズで、傾向として3クール目は全体的に箸休め的なエピソードが多いのだが、「クールなキャラクターで売っているが、実は可愛いものが好き」という緑川さらの主役回は「可愛いものが好きだとバレる」ではなく「クールなキャラクターを守り続けようと努力した事で、可愛いものと組み合わせがファンから支持される」というエピソードになっていて「こういうエピソード、本当に作品性が出るなー!」と感動した。別に素の自分を出すことで認められるエピソードでもよかったと思うが、「クールなキャラクターを守りたい」という意思は尊重されるべきであろう。そんなクールなキャラクターを努力して貫くことで「可愛いものが好き」と両立するのは脚本として上手すぎる。さすがは福田裕子である。
その他としてはやはりトッププリチャンアイドルである白鳥アンジュ……。存在そのものは早期に明かされていて、ようやく物語に参加しだしたが、その目的が「輝くものを見つけること」というのはグッとくる。トッププリチャンアイドルが未だに輝くものを求め続けるのは求道者的なものなのか、それとも「俺より強いやつと戦いたい」なのか。次に登場した時にその辺りは明かされると思うが、『プリティーリズム・オーロラドリーム』の春音あいらをモデルにしたデザイナーの七星あいらもアンジュの目的に絡んでいると思われるだけに、終盤の盛り上がりには否が応でも期待してしまう。
ところで31話は秋田書店のファンは見て損はないので見て欲しい。プリチャンの漫画を担当する永辻ひつじ先生をモデルにした「永辻まとん」とひょんなことから知り合った主人公達は……という導入なのだが、まとん先生の担当編集はブラックジャックのビジュアルをした「神戸」を始め、完全にチャンピオン読者にしか分からないネタを突っ込んでいる。
カオス極まりないエピソードなので、こちらもぜひ。何気に緒方恵美出演作品になってしまいましたね、プリチャン……(シンカリオンからの流れかな)。

何となく書き出したら思った以上に長くなった。
現時点での三作品はそんな感じで見ているのだが、何気に『ヒミツのここたま』も面白いし、『魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!』も面白いので困ったものだ。時間が吸い取られていく。日曜朝は気がついたら本当に昼を回っている。『プリティーリズム・レインボーライブ』の頃を思い出し、ドアサじゃないけど実質ドアサ!という気持ちになる。最高。
そんなわけで冬コミはアイカツ!とプリパラの本です。最初は再録多めにするつもりだったのに、書いた本数的には書下しもかなり多めなのでよろしくお願いします。

『メギド72』リジェネレイトアスタロトを使いたいので考えてみた

『メギド72』が再来週にも一周年を迎えようとしている。
自分がプレイを開始したのはメギドの日(7月2日)の一ヶ月ほど前でサービス開始から半年ほどの事はよく知らないのだが、それより以前からプレイしていたユーザーから聞いたところに依るとかなり酷い状態だったらしい。「ガチャの誤表記があってそれで返金もあった」というのだから、業界をそこそこ長く観察している人間としては「おいおいマジかよ」と言う気持ちでいっぱいである。普通ならそれでユーザーが離れて星が落ちてもおかしくはないのだから。そんなボロボロの状態からゴールデンウィークに合わせた大型アップデートでどうにか持ち直すことに成功し、現在ではDeNAの上半期決算でも「次期主力コンテンツ」として取り上げられているのだから何が起きるかは本当に分からない。自分が業界の観察をやめられない所以である。

今回の話はそんな『メギド72』でアスタロトのリジェネレイト体を引いてしまったことに端を発する。
リジェネレイト体とは(作品上は色々な理屈があるが)要約すると「既存メギドのバージョン違い」であり、ゲーム的には「バトルスタイ」が違う」という代物だ。リジェネレイト化によって手数重視のラッシュで実装されたフラウロス(クズ)はバフで強化して殴り飛ばすバースト(クズ)になったりした。スタイルが変わっても本質(クズ)は変わらないのでリジェネレイト化しても安心である。
話がそれた。そんなリジェネレイト化を果たしたアスタロトの実装は10月末に開催されたリアルイベントでインプとともに告知され、ハロウィンイベント後となる11月15日に「女はIQ!可愛さ検定修士号の女」という珍妙極まりないピックアップガチャでついに実装となった。
しかしながら発表された当初の自分は「インプが山下七海」という情報の方が大事で「心底どうでもいい」と思っていた。
こちとらプリティーリズムに人生を捻じ曲げられ、プリパラを愛し、日曜朝は『キラッと プリ☆チャン』の感想戦をやってたら昼を回ってる事があるレベルの筋金入りのプリズムエリートだ。見た目が『アイドルタイム・プリパラ』のちあ子に似ていて、演出がいちいちタツノコプロっぽくて、声がノンシュガーの太陽ペッパーの山下七海であるインプの方に意識が行くのは、人生におけるプリズムの煌めきの比率が高い人間として当然のことであろう。私はプリズムエリートだ!私が「実質プリリズ」「実質プリパラ」と言わなくて誰が言うんだ!
そうしたプリズムエリートであることもありアスタロトのこととかどうでもよかった。それよりインプを育てきる方が先だと考えていたのだが気まぐれで無料ガチャ(メギド72では一定時間が経過すると単発ではあるが有料ガチャを回せるのだ)を回したところ、なぜかポロッとこの女が出てしまった。「可愛さ検定修士号の女」というピックアップ「ドラッグでもキメて考えたのかこの運営」とか言っていたというのに、なんたることか。変な運命と出会ったものである。
とはいえ召喚してしまったものを遊ばせておくのも仕方がないので色々考えていたのだが、「手持ちに滅茶苦茶左右されるものの、相性がいいメギドを召喚しているのなら強いのでは?」という結論に至った。
まずリジェネレイトアスタロト自体の性能について一言で述べると「準備完了するまでが長いが一度完了するとバカ火力を誇るバーストらしい性能」である。ターン経過で攻撃力を25%上げる特性、覚醒6と重いものの感電相手なら2倍にしてダメージを計算する奥義、使えば使うほど倍率が上昇するスキルと下準備に時間はかかるが、準備完了してしまえば可愛さの暴力を撒き散らす。素の攻撃力もアスモデウスには劣るものの5位。文句なしである。
ただ速度が圧倒的に足りない。覚醒ゲージを加速できるメギドがいる。最大火力を入れるのなら感電を与えられるメギドも必要だろう。ついでにアスタロトより速いと感電→アスタロトの奥義に繋げられるので速い方が良い。その辺りを考えると相方になるのはインプかウァプラが妥当ではないかという結論に至った。
特にウァプラは楽しかった。ウァプラの感電は覚醒スキルだし感電が入る確率も7割と高くはないが全体対象だし、奥義でチャージフォトンが全員に生えてくるので次ターンからはチャージフォトン一つで奥義を撃てる。足が遅いアスタロトの加速も出来るので一石二鳥だ。スキルの列攻撃も残党処理として優秀である。
ただどちらも脆いので盾役が必須。これで三枠が埋まってしまう……。
理想を両立させる事を意識するとなかなか両立しなくて悩ましくなるのは『メギド72』ではありがちなことだが、ここでも立ちはだかるか。そんな理想を色々コネコネしながら考えたのが一応これであるが、もうちょっといじれる気がするのでサプチケで取得するものも含めて色々考えていきたい。

DszgW11UcAAr860.jpg

ところで次のサバトで実装されるテルミナスメギドを松岡禎丞が演じると聞いてほしくなっている件。
でもこのゲーム、狙うと闇が深いのでな……。インプ狙いでプロメテウスがダブったりしたし……。

スパロボにロボットがメインでない作品が参加することについての一スパロボファンの見解

11月19日に公式番組にてスーパーロボット大戦シリーズ最新作として『スーパーロボット大戦T』が現在開発中であることが発表された。
参戦作品は全25作品で、そのうち新規参戦は4作品(厳密には五作品)。作品が発表されてから一年ほどと超高速参戦と相成った『劇場版 マジンガーZ/INFINITY』に、参戦を望まれてはいたもののなかなか実現しなかった『魔法騎士レイアース』、『V』の『宇宙戦艦ヤマト2199』以降もはや定番となりつつある戦艦枠として『わが青春のアルカディア 無限軌道SSX』にてキャプテンハーロックが、そしてフルCGアニメからおそらく初となる『楽園追放』、冗談交じりではファンの間で述べられていたもののまさか本当に参戦するとは思ってなかった枠として『カウボーイビバップ』がシリーズ初参戦となる。
新規参戦ではないさく品としてはかの悪名高き『K』で新規シリーズ参戦を決めてしまった『ガン×ソード』がボイス付きでの参戦決定に加え、『勇者特急マイトガイン』『勇者王ガオガイガー』の勇者シリーズ二作品の同時参戦、『NEO』『OE』ぶりに『機動武闘伝Gガンダム』の参戦などが熱い。完全新作スパロボの第一報は「参戦作品だけ見てもどういった世界観になるのかまるで予想がつかない」となるのが常であるが、今回もまたどういう世界観になるのか全く読めない参戦作品で、同時に発表され、『デビルマン(原作漫画版)』で話題をかっさらっていった『DD』共々2019年がとても楽しみである。『V』の時は「『クロスアンジュ』参戦!」で「クロスアンジュだけでクリアする」をやった人間としては、今作は童帝だけでクリアしたいものだ。

それにしても。まさか『カウボーイビバップ』がスパロボに参戦する日が来るとは思わなかった。
『魔法騎士レイアース』や『わが青春のアルカディア』、『楽園追放』辺りはまだ予想出来る範囲である。『レイアース』は「早く異世界がメインの作品だけでスパロボを作るとしたら」という与太話の中ではまず間違いなく上がる作品であったし、『楽園追放』もクライマックスはアーハンでの激しいアクションがあった。『わが青春のアルカディア』は『宇宙戦艦ヤマト2199』や『ふしぎの海のナディア』がありならありのはずである。
しかし『カウボーイ・ビバップ』はメカやロボットというよりは、どちらかと言えば生身のアクションの方が印象が強い作品である。作中には確かに登場しているが……とはいえ、スーパーロボット大戦シリーズの長い歴史を考えると『カウボーイ・ビバップ』の参戦は冷静に考えてみればそこまでおかしなことではない。なぜならスパロボ的には『カウボーイ・ビバップ』よりも「なぜ!?」と思うような作品が数多く参戦しているからだ。
例えば2005年に発売された『スーパーロボット大戦J』では『宇宙の騎士テッカマンブレード』が参戦している。『テッカマンブレード』にはロボットが登場しているものの、どちらかと言えば変身ヒーロー物に近い存在であり、「ロボットアニメか?」と言われると「少なくともロボットアニメではない」と言わざるを得ない。でもスパロボには参戦しているし、2009年には「ロボットは存在するがスポーツ物なので戦闘シーンはない」という『疾風!アイアンリーガー』が参戦していたりする。元々を辿ればエロ漫画原作である『戦え!!イクサー1』も地味にスパロボ参戦済み作品だ。
『個人的に印象深いのは『スーパーロボット大戦UX』の『ヒーローマン』の参戦である。
ヒーローマンはロボットを模したデザインになっているもののロボットではないし、主人公のジョーイもヒーローマンと共に戦場に立つ。敵は宇宙人やらメカやらいたが基本的には生身で戦う作品である。そんな『ヒーローマン』がスパロボに参戦した段階でもう自分の中では「何でもあり」になった。戦闘アニメでも普通にジョーイは出てくるし!ウィルも仲間になるし! 生身ユニットでも強化は「改造」なのはアレであったが!
ついでに言えば『ヒーローマン』と同時参戦となった『機神咆吼デモンベイン』も忘れられない。
名義こそアニメ名義ではあったがスパロボのシナリオ中に登場するエピソードの数々は明らかにPC版やPS2版を準拠に組み立てられているし、ルートもアル・アジフルートを準拠にしつつも瑠璃や旧神エンドも拾っていてファンとしては満足度が高すぎた。何気にメタトロンやサンダルフォンについても回収している辺り、本気で『デモンベイン』が好きな人が書いているとすら感じたほどだ(なお『スーパーロボット大戦UX』はSF的にもメタフィクション構造的にも熱い作品なので機会があったらプレイして欲しい)。

以上のようにスパロボは「なぜ!?」と思わず叫んでしまうような作品を参戦させることで、シリーズで取り扱える外枠を拡大しながら今日に至っている。従って「なぜ!?」と第一報で思ってもシリーズの歴史を振り返ってみると意外と前例が見つかったりするし、何度も参戦している作品になると「今回はこういう切り口で参戦させてみました」というスパロボならではの楽しみ方が出来たりもする。一ユーザーとしてはそうした部分が好きだからスパロボをやってるところも三割ぐらいある(残りの七割は「今回はどんな寝言を聞かせてくれるのだろう!」)。
そんなわけで『スーパーロボット大戦T』も『スーパーロボット大戦DD』も期待している。
「三日月達は悪魔の名前を冠するガンダムと阿頼耶識で融合する。あれはデビルマンと同じ」とかそういう寝言を待ちたい。



Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター