FC2ブログ

Entries

『HUGっと!プリキュア』完結に寄せて

1月27日の放送を持って『HUGっと!プリキュア』が一年間の物語を終えた。
プリキュアシリーズはアイカツ!シリーズやプリティーシリーズほど熱を入れて見ているわけではないので、「プリキュアシリーズとしてどうであったのか」についてはシリーズそのものを愛する人や見識の深い人間に任せるが、「プリティーリズムシリーズから五年以上『坪田文』という脚本家を追いかけてきた人間として『HUGっと!プリキュア』はどうであったか」という点について述べておくと、実に坪田文脚本作品らしいプリキュアであったように思う。
自分が今回の『HUGっと!プリキュア』で特に「坪田文脚本作品らしい」と感じたのは、ジョージ・クライを「倒すべき敵」ではなく「一人の人間」として描いたことだった。ジョージ・クライは本作の敵組織であるクライアス社の代表取締役社長で、未来世界を時間停止に追い込んで滅ぼした諸悪の根源とも言える存在である。その目的は「幸福な『今』という一瞬を停止させることで、永遠に幸福が失われない世界を創造すること」であり、未来世界はそんなジョージの計画通り幸福なまま時間停止を迎えてしまった。
ジョージがなぜこのようなことを目論むようになったかについて作中では詳しくは描かれていないが、描写を見る限りでは恋人を失ったことに起因するようだ。
「恋人が死ぬ」という現実を目の当たりにしたからこそ、『幸せになるのか不幸になるのかも分からない不確かな未来』よりも、『確かな今』のままでいた方が不幸で確定するよりはまだ救いがある。
そんなジョージの考え方を否定できるかというと自分には出来ない。未来は不確かなものなので幸せな未来の可能性と同じ分だけ不幸せな未来の可能性も持っている。であるのならば「幸せな今」で時間を固定し、破滅するかも知れない未来が到来しない世界を作るのはそれはそれで一つの選択ではあるだろう。
とはいえ、「一人の人間が全人類の未来を決定する」というのは良いことではないので、「それでも未来を選んだ全人類によってジョージの決断は否定させる」という展開を迎えるわけなのだが、ではジョージ自体が否定されたのかというとそうではなく。ジョージ自身の心にもまだ未来に期待する気持ちが残っていた事で、彼もまた未来へと足を進める一人になれたのが本当に美しい結末だった。極めて人間臭い動機から時間停止という蛮行に挑んだジョージだからこそ、全否定される敵ではなく人間として向き合う。この辺りのまとめ方は凄く良かったし坪田文らしい。クライアス社の社員達も全員「未来へと進む(なので最後は未来世界に帰る結末になる)」となるのも論理的で本当によくここまでロジカルにまとめたものだと感動したのだが、この結末を見て思い出したのは『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』だった。
『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』はプリティーリズムシリーズ第二作となる作品で、坪田文はシリーズ構成補佐として関わっている。自分にとってはオールタイム・ベスト級の作品であり、「この作品と出会えたから今自分がある」とまで言い切れる作品なのだが、『HUGっと!プリキュア』を見ていてこの『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』を思い出すに至ったのは、『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』のラスボスを務めた阿世知欽太郎もまたジョージ・クライと同じく「不確かな未来よりも確実な今と過去を選ぶ」と行動した存在だったからだろう。
もっとも阿世知欽太郎はジョージとは違って現代の人間だし、「『皆が笑顔になれる最高のエンターテイメントを作る!』という夢を追いかけたものの必死になればなるほど周囲からバカにされ、仲間にも裏切られた」という経験から未来を否定するようになった存在なので、似ているのは「過去の辛い体験から未来を否定して今を選ぶ」という部分と「主人公達の説得によって明るい未来を夢見て歩む仲間になった」というところだけなのだが。なので実際に描かれた物語は両者とも似ているけれど別種のものだ。
『HUGっと!プリキュア』は「またね」とジョージが何気なく口にしていた言葉から未来を信じる意思を掘り起こす事で決着としたし、『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』は「夢は諦めなければいつか叶う」「未来は明るく輝いている」「仲間がいるからここに立つ事ができた」という綺麗事を体現しているプリズムスタァ達の存在を強く打ち出す事で決着としている。そもそもエンタメ世界のキャストであるプリズムスタァと伝説の戦士プリキュアと性質が異なるものなので、経緯も決着も全く異なるものになるのが普通なのだが、両作とも見ている人間としてはその「プリキュアとプリティーリズムの違い」が面白くて滅茶苦茶楽しんでしまった(なおどっちが好きかと言われると『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』だが、まあこれはもう仕方がない。「綺麗事を言うな!」からの一連の流れは心の額縁にずっと飾ってる言葉なので)。

これは個人的なことではあるが、トラウム役の土師孝也さんがああいうコミカルなキャラクターをやると滅茶苦茶面白い声優であることを示してくれたという意味でも『HUGっと!プリキュア』は面白かったと思う。『Fate/Ground order』にて新宿のアーチャーとしてああいう演技はされているが、ゲームとアニメとでは見る機会が異なるので……。

そして本日から『スター☆トゥインクルプリキュア』が始まっている。
イマジネーションと宇宙の物語はどうなっていくのだろうか。また一年楽しんでいきたい。

アイカツ!ソングベストナイン考えた

1月28日に『アイカツフレンズ!』第二期となる『アイカツフレンズ!~かがやきのジュエル~』が四月より開始することが発表された。
現在使用している筐体が前作『アイカツスターズ!』と合わせると三年になることから「『アイカツフレンズ!』は一年で終了して、2019年は筐体と共に作品も一新する可能性もあり得る」と考えていただけに、無事に二年目が決まったことを嬉しく思う。『かがやきのジュエル』の舞台となるのは現在放送中の物語から二年後とのことなので、まずは友希あいねと湊みおが出会ったことから始まったこの一年の物語をどうやって締めくくるのか見届けたいところだ。
それはそれとして先日友人に「アイカツ!は曲もいいぞ……」と勧める機会があった。
アイカツ!シリーズは『アイカツ!』の頃から「子供向けだからこそ様々な音楽を聞かせたい」「できるだけ本物に触れてほしい」という精神が楽曲制作の根幹にあり、そんな精神に基づいて生み出された楽曲は作品とマッチしていることは当然として、楽曲単品で聞いても非常にレベルが高いものばかり。『アイカツ!』ではMONACA、『アイカツスターズ!』ではonetrap、『アイカツフレンズ!』ではDIGZ MOTION SOUNDSが主に楽曲を制作しているが、どの作品も「作品を象徴する楽曲」がいくつもあって聞き飽きない。歌詞もメロディも最高なので「どれが好き?」と聞かれると「全部」としか返せない。それぐらい「最高」の二文字がくる楽曲ばかりなのである。
しかしながらそれでは勧める際に相手を困らせてしまう。「興味を持ったので取っ掛かりがほしい」と聞いたのに「全部」と返してくるのだ。いきなり崖から突き落とすようなものである。いくらアイカツ!シリーズと崖が切っても切り離せないものであるとはいえ、ロープなりガイドなりがあった方が登りやすいのはアイカツ!シリーズを見ているものほどよく分かることだろう。
なので「そういうときは打線を組めばいい」という古来よりのしきたり通り、打線を組んでみることとなった。
現在ストリーミング等で聞けるのが『アイカツ!』だけだったので楽曲は『アイカツ!』だけ。二時間ほどの試行錯誤と友人のツッコミを受けて「好きなんだけどガチで行くならスタメン落ち」という首脳陣判断を経て組み上がったのがこちらである。

1(三)ダイヤモンドハッピー
2(中)SHINING LINE*
3(左)ハッピィクレッシェンド
4(一)硝子ドール
5(遊)永遠の灯
6(右)ヒラリ/ヒトリ/キラリ
7(二)チュチュ・バレリーナ
8(捕)輝きのエチュード
9(投)START DASH SENSATION


どう見てもロリゴシック打線である。ロリゴシックとはアイカツ!シリーズに登場するファッションブランドの一つで、その名の通りゴシックロリータを中心としているのだが、このロリゴシックを愛用するアイドル達の持ち歌はなぜかテクニカルでエッジの効いた楽曲が多い。なにせ最初に登場したロリゴシック愛用者である藤堂ユリカの持ち歌からしてゴシック・ロックとプログレッシブメタルを融合させ、アイドルソングへと昇華した「硝子ドール」である。この「硝子ドール」は「『アイカツ!』は知らないものの、この楽曲のハイレベルさに惹かれたものも多い」と言われるほど『アイカツ!』の中でも特に高い人気を誇るガチ曲である。



藤堂ユリカ二代目のような役割となった氷上スミレも「タルト・タタン」など聞いただけで「ヤバイ」となる楽曲が多いのだが、今回はあえて「チュチュ・バレリーナ」をスタメンとして起用した。理由はダンスの上手い黒沢凛と歌の上手い氷上スミレのコンビが強すぎたからだ。あと「輝きのエチュード」へとつなぐためにもちょうどよいテンポだったのでここで起用する。



そして「START DASH SENSATION」である。「輝きのエチュード」→「START DASH SENSATION」→「ダイヤモンドハッピー」の流れを作りたかっただけなのだが、大空あかりの楽曲だとこの楽曲以外ありえないなーと思ったのでスタメン起用である。中継ぎは「ハートのメロディ」、抑えは「Let's アイカツ!」でいく。



『アイカツフレンズ!~かがやきのジュエル~』からは新キャラクターを日笠陽子と大西沙織が担当する事が告知されている。
『アイカツフレンズ!』からは声優と歌唱担当が兼任なので、日笠陽子も大西沙織もリリース記念イベントやライブステージに立つことになると思うので、両者のファンの方はもう終盤ではあるが『アイカツフレンズ!』を見て作品のノリを予習しておいてもよいのではないだろうか。
今日の与太話は以上である。

なお『アイカツスターズ!』では何が好きかと言うと「STARDOM!」が好きで、『アイカツフレンズ!』では今のところ「おけまる」と「アイデンティティ」が好きだったりする。特に「アイデンティティ」は歌詞の言葉遊びの楽しさと、楽曲のロシア民謡やクラシックの要素が入ってくるのが好きすぎる。

『グランドツアー』season3が始まったのでseason2までの面白かった企画を書く

Amazonプライムで『グランドツアー』season3の配信が始まった。
この番組はイギリスの公共放送BBCで放送されていた自動車番組『トップギア』を、不祥事によって降板させられたチーフプロデューサーとジェレミー・クラークソン、リチャード・ハモンド、ジェームズ・メイの司会者三人がAmazonプライム会員向けに制作した番組である。スタッフの多くが不祥事が起きるまでの『トップギア』に関わっていた事もあって、番組のノリも作りも不祥事以前の『トップギア』に非常に近く、大して車に興味がないが『トップギア』は好きな人間としては『トップギア』と変わらず楽しませてもらっている。
既に発表されているようにseason4までの制作は決まっているようではあるが、面白かった企画のことを忘れがちなのでseason2までの個人的に面白かった企画について書いておく。もっとも、企画そのものは普通であるが、司会者達の悪巧み(主にジェレミー)のせいで映像として面白くなってしまった企画もあるのが『グランドツアー』の恐ろしいところなのだが(今回はそれも含む)。

■season1:第四回「地球に優しい車を作ろう~環境保護への挑戦~」

車と環境保護はもはや切っても切れない間柄で、特にここ最近は「腐れ縁」と言っても良いぐらい宣伝などもでも使用されていると思うのだが、そんな「環境保護のための車作り」に挑んだのがこの企画である。
「環境保護のための車作り」と一口に言っても切り口は様々なものがあるが、『トップギア』でさんざんやりたい放題してきた三人が「エンジン周り」などというごくごく普通の発想に行き着くわけがなく。マッドな領域に両足を突っ込んでいる彼らが今回環境保護のために知恵を絞ったのは車の内装や外装である。動物の肉骨皮でフレームを設計したり、植物を植え付けたり、土で外装を作ったり。それにより生まれる酷いトラブル。炎上。悪臭。あまりにも酷い光景の数々と最終的な結論のクレイジーさ加減が笑いを誘う作りで、「こういうのが見たくてこの番組を見ているんだよな」と確認させられた。

■season1:車で海戦ゲームした第五回

こちらはメイン企画ではなくサブ企画の方なのだが、気の狂ったマッド車好き野郎達が二人が何を血迷ったのか車を使って海軍ゲームをやり始めてしまう。リムジンやプリウスを空母や潜水艦、G-Wizを砲弾に見立てて行うわけであるが、車と車がゲッター3の合体のようにぶつかるので当然のように爆発炎上する。子供の遊びを大人が実物大でやるとどうなるのかという話だが、勝負が意外と白熱するのがまたひどい。

■season1:第九回「未来へ向かうまぬけたち」

環境保護繋がりで言えばこちらも面白い。「電気自動車に必要な電気を日常生活の中から生み出そう」というテーマのもと、三司会者達が発電へと励むのだが、その方法がどれもこれも「発電のためなら人の迷惑なんて二の次」という代物ばかり。はっきり言えばガソリン推奨派の三人らしいネガティブキャンペーンめいた企画ではあるのだが、警察のお世話になるところまでやってしまうのはなんというか、『トップギア』の人達だなぁと笑ってしまう。絵面的にはどう見ても児童虐待なジェレミーのやり方はひどすぎた。

■season2:第七回「悪戦苦闘!ノンストップ給油大作戦」

season2はこなれてきた終盤に面白い回が詰まっていると思うのだが、「給油を走りながらするためにはどうすればいいのか」に挑んだこの回は給油の際に車を止めることの必然性、そして移動しながらの給油がいかに難しいものであるかをバカバカしい映像とともに理解させてくれる傑作回だった。途中で人が死ぬような状態になっていたり、交通事故同然の映像が垂れ流されている。ギャグアニメ同然のオチ。何度見ても笑ってしまう。

■season2:最終回「プロジェクトGT ~モザンビーク悪路を行く~」

最後はこれ。「飢餓へと立ち向かうという名目のもと、三人海辺の街から山奥にある村まで魚を届けようとする」という企画で、ジェレミーは製氷機で魚を冷やしながら、リチャードは干物へと加工しながら、ジェームズは車の中に水槽を設置して山奥の村を目指すことになる。この段階で道中で起きる出来事はある程度予想可能なわけだが、その予測可能な出来事が実際に起きた時の面白さが予想可能なだけに面白い。また予測不可能な出来事も定期的に振ってくるため予定調和に終わらない点も笑えてしまう。
オチに至ってはあらゆる点で酷くて、爆笑しながら「さすがイギリスの番組を持ってただけのことはある」と感心させられた。

season3は第一回がアメリカのデトロイトで、「2200ドルで家が買える」などぶっ飛んだところがあって面白かった。
第二回、第三回はスペシャルであったが、第四回はどうなるのか楽しみである。



Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター