Entries

新三大作中ライブを再現しすぎている『プリパラ』ライブ公演の演出

本日6月7日に第二弾が配信開始となった『キラッとプリ☆チャン』。アニメでライブ活動を再始動させ、「トップレベルのプリ☆チャンアイドル」の貫禄を見せつけた赤城あんなと緑川さらがゲームにも登場。東京おもちゃショーではミラクルキラッツのマネージャーだった青葉りんかのアイドルデビューも告知され、夏にも向けてますます熱くなっていきそうなニュースが続いておりますが、プリティーシリーズの夏と言えばライブツアーでしょう。
『プリパラ 3rd season』から東京と大阪で行われるようになったライブツアーも今年で三度目。今回は『キラッとプリ☆チャン』との合同ということで、その開催時期もいつもよりも少し後ろにずれて9月開催に。その名称も「サマーライブツアー」ではなく「オータムライブツアー」となりましたが、「『キラッとプリ☆チャン』に移行したし今年は無し?」と思っていただけにこうして開催されるだけで嬉しいですね。しかも今回はガァララ役の黒沢ともよ、華園しゅうか役の朝比奈丸佳も出演するというのだから期待しかないわけですが、『プリパラ』のライブ公演の魅力と言えば何と言っても「作中ライブの再現」でありましょう。
『プリパラ』はアイドルアニメなので毎週のようにライブパートが存在しており、キャラクターやユニットらしさを盛り込んだライブは三年九か月通してシリーズの魅力であり続けたわけですが、現実で行われるライブ公演ではそのライブを可能な限り再現しようとした結果、とんでもなく面白いものが生まれることがあるのです!
そんなわけで今回はそんな『プリパラ』ライブ公演の作中ライブを再現しすぎている演出について三つほど取り上げて書いていきたいと思います。

■ヤギが出てくる

「あなたはヤギを見た事がありますか? ライブ中にヤギを見た事がありますか?」と問われれば、おそらく殆どの人は「ない」と答える事でしょう。当たり前です。ライブ会場に、ましてやステージの上にヤギが現れることなんて普通は考えませんし、予想もしないでしょう。かつては自分もそういう人間でした。「今年こそクリスマスライブに行くぞ!」と言う気持ち一つで2015年12月20日に開催された『プリパラ クリスマス☆ドリームライブ』に乗り込み、見てしまったのです。ステージの上で回るヤギを。

PDVD_167.png

思わず声を上げましたよ、「ヤギー!!!!!」って。緑のサイリウムを振りながら。ヤギに向かってサイリウムを振り、応援している光景をライブで見れるのは『プリパラ』ぐらいでしょう。正直予想の遥か斜め上を通過していった事で現実を正しく認識できず、知能指数一桁ぐらいの気持ちで応援していたところはありますけども。
勘違いしてほしくないのは、これはこれで立派な『プリパラ』らしさの追求の結果出てきたものだということ。
実は2015年4月から翌年3月まで放送された『プリパラ 2nd season』には「緑風ふわり」というアイドルが登場しており、彼女はアルプスならぬパルプスからやってきたアイドルなので彼女のライブにはヤギもいるんですね。なので緑風ふわり役の佐藤あずささんが出てきて、ヤギが出てくるのは別段おかしなことではない。真面目に「ふわりのライブらしさ」を考えた結果、そこに辿り着いたのだろうと。
そのことが分かっているのでこのヤギは滅茶苦茶好きなんですが、ここ最近のライブでは見かけなくて寂しい限り。まあ翌年のライブは『映画み~んなのあこがれ!レッツゴープリパリ』公開後ということで、あじみガチ勢達があじみ先生の担当箇所をコールとして入れてましたので、個人的には楽しかったんですけども。

■キャストがいないのにライブを成立させてしまう

あれは最初のサマーライブツアー、具体的には「プリパラ サマーアイドルライブツアー2016」のことでした。当時のサマーライブはそれほど大きな規模ではなく、出演者もそらみスマイル(茜屋日海夏・芹澤優・久保田未夢)とドレッシングパフェ(山北早紀・澁谷梓希・若井友希)、ガァルマゲドン(牧野由依・渡部優衣・真田アサミ)ぐらいで、あじみ&ジュリィ役の上田麗奈とプリティーリズムの頃から縁のあるPrizmmy☆は東京公演のみと冬と比べるとコンパクトなライブツアーになっていました。自分はスケジュールの都合から大阪公演にのみ参加となり、「歌うのはユニット三組だけだし、直前に感動的な結成を果たしたガァルマゲドンを全力で応援だ」という気持ちで参加していたのですが、中盤に差し掛かっていきなり流れ出す伊藤かな恵演じる赤井めが姉ぇの「ヴァーチャデリアイドル♥」。
「伊藤かな恵はいないのに!? ひょっとしてサプライズゲストか?」と動揺していたら出てきましたね。めが姉ぇがいっぱい。
作中設定ではめが姉ぇはNPCのような存在で、プリパラの中にはたくさんいる。現にメイキングドラマでは複数人のパフォーマンスをやっているので、たくさん出てきてもおかしくはない。おかしくはないのですが、まさか伊藤かな恵抜きで成立させるとは思わなかった……。しかもダンサーが扮しているのでダンスパフォーマンスのレベルが高い……。
「伊藤かな恵はいない」「だがめが姉ぇのライブはやりたい」という矛盾する事象に対してやりきったあの演出は、終わった後の感想戦でも話題になるほど凄かったです。

■コントが始まる

これは昨年開催された「アイドルタイムプリパラ Winter Live 2017」の話なのですが。
あのライブは「ライブ会場で米が買える」を始め色々とぶっ飛んだ――もといプリパラらしい要素が多く、「パン!ゴハン!メンルイ!」を連呼したり「歌川国芳!」というコールが飛びまくってたり、満を持してファンの前に姿を表したダンプリ(男子プリパラ)のWITHには男性客のテンションが一気にマックスになって「いいぜ!いいぜ!いいぜ!いいぜ!」といういいぜ!コールがキャストが静止するまで続くカオス極まりない空間が爆誕したりしていたのですが、その中でも飛び抜けて再現度が高かったのは「斎賀みつき演じる紫京院ひびきからのクリスマスプレゼント」として行われたクリスマスソングメドレーと、その背後で行われたあじみ先生と安藤の攻防と言う名のコントでありましょう。
上田麗奈が演じていた黄木あじみはその特徴的すぎる語尾が故に語尾アレルギーのひびきから距離を置かれている存在で、二人が邂逅すると「ひびきと仲良くなるために接近する→ひびき本人や執事の安藤にあしらわれる」というやりとりが発生するのですが、このクリスマスソングメドレーの裏で行われているあじみと安藤の攻防はそれを完璧に再現しきってるんですね。
そしてその最後が歌の途中で我慢の限界に達したひびき様が退場する!なのがもう最高……。
「ああ、これはプリパラの中でありそうなやつだな」というお手本のようなコントを見せられて満足でした。
なおこれは余談ですが、「かしこまりなさい!」は大人のみならずメインターゲットである子供もかしこまってました。子供も平伏してたんですよ。なんだろうこの空間……。すごく、らしい……。



というわけでこれまで行われたライブ公演から3つほど再現しすぎているものを抜き出してきましたが、この他にも「サイリウムエアリーを再現した結果本当に飛んでしまう」と言ったこともやっていたりしていて、『プリパラ』のライブ公演は本当に面白いし楽しい!
9月の公演は『キラッとプリ☆チャン』との合同ですが、『キラッとプリ☆チャン』サイドもやれることが多そうなので期待してます。曲も良いものが多いですしね、「スキスキセンサー」とか。
今回のライブ公演をどこかで見る事があれば、あるいは過去の公演でも見る機会があれば是非ともこうした点に注目してご確認ください。




ところで今回のライブは「黒沢ともよ」の五文字を見た瞬間「東京公演には行かねばならぬ」という覚悟が出来てしまったわけですが。どう考えてもヤバイものが出てくるのが分かる……死んでしまいます……。


『キラッとプリ☆チャン』九話と赤城あんなの再挑戦

『キラッとプリ☆チャン』九話「ワタクシ、チャレンジしてみましたわ!」にて、ついに赤城アンナと緑川さらがライブを行った。
赤城あんなと緑川さらは物語開始以前にはライブを行っていた事が明示されている事から、より正確に言えば「(視聴者視点でいえば)赤城あんなの初ライブ」「(物語世界においては)赤城あんなの復活」であるが、これまで桃山みらいや萌黄えもの挑戦に介入し、「超金持ち」という設定に基づいたマネーパワーで引っ掻き回す「狂言回し」で道化のような役回りを担ってきた赤城あんなが、まさか本当に「世界規模の人気を誇るトップレベルのプリ☆チャンアイドル」だなんて誰が予想しただろうか。
「復活を宣言しただけでいいね!が集まってしまう」は動画共有サイトが題材らしい人気者の表現を行った上でのライブも圧巻の出来。日曜の朝からあんなにも熱くなれるものを見せられてしまい、すっかり赤城あんなの復活に沸く作中世界のキャラクター達と同じ気持ちになってしまった。メルティックスター最高!

さて今回の九話で注目なのは「『赤城あんながライブをしなくなった理由』を仄めかせる程度に留めていたこと」だろう。
「物語開始以前のメルティックスターは赤城あんなと緑川さらにもう一人を加えた三人組であった」「何らかの事情によって一人は脱退した」「あんなはライブをするのを辞めた」「過去にアップしていたライブの動画は全て削除されている」。
九話で登場したメルティックスターに纏わる情報はこの程度で、「三人目とは何者なのか」「過去に一体何があったのか」ということについては一切触れられていない。分かることは「何かがあって一人は脱退し、あんなはライブをすることを辞めた」だけだ。「なぜそうなったのか」の全容を掴むところにまでは至らない。主役であるみらいとえもも九話においては「あんなに良い刺激を与える外部要因」に落ち着いていることため、「一体何があったのか」は今のところ分からないままなのだが、だからこそ「再びライブを始める」というあんなの決断が「過去の決着」ではなく「今の挑戦」として強い印象を残す。
「大事なのは『過去に何があったのか』ではなく『今何をするか』」とでも言うかのような展開だが、本作のテーマが「やってみなくちゃ分からない。分からなかったらやってみよう」である以上、挫折してライブを辞めてしまったあんなの「ライブへの再挑戦」はまさしく「やってみなくちゃ分からない」だ。そしてやってみたからこそ、彼女は再びプリ☆チャンアイドルとして輝きを放ちだす。
この辺りの「やってみた事が周囲から素直に評価される」というのは実に美しい光景であるし、長く空いた時間と周囲からの期待を物ともせずに緑川さらと共にプリ☆チャンのステージに舞い戻ってきた赤城あんなには王者の風格を感じてしまうのだが、その一方でそんなメルティックスターの鮮烈なる帰還を見ることとなった萌黄えもはつらい境地に置かれている。
元々赤城あんなの挑発に乗って売り言葉に買い言葉でみらいと一緒にプリ☆チャンアイドルを始めたえもであったが、九話では前話を受けて「読者モデルになって注目される」という描写がアバンタイトルで描写されている。
「ついに私の時代が来た!」と言わんばかりに浮かれていたえもの前に突き付けられたのは、「赤城あんなは特別なことなんてしなくても、『ライブ活動を再開する』という記者会見するだけでいいね!を集められる」という絶対的な人気の差であった。つまりえもの想像よりも遥か先に赤城あんなはいたのだ。読者モデルになったりして調子に乗っていただけにえもは大変惨めな事になっている。この手の描写に容赦がない辺りに「流石プリティーシリーズ」と思う部分もなくはないのだが、みらいとりんかが純粋に感動しているだけにえもの落差が際立つ。
前述したように「やってみなくちゃ分からない。分からなかったらやってみよう」はこの作品のテーマであるが、はたしてえもに「やってみる」と思うだけの心の力が残っているのだろうか……。あんな達の過去共々、今後のエピソードに注目したい。

本編については以上だが、折角なので今回のメルティックスターのライブについても解説しておく。
今回メルティックスターの楽曲としてお披露目となった「Play Sound☆」はロックチューンの楽曲だ。作詞家は『KING OF PRISM』の「ドラマチックLOVE」を手掛けた宮嶋淳子で、作編曲をPetit miladyなどに楽曲提供をした経験を持つ松坂康司が担当する。
『キラッとプリ☆チャン』は『プリパラ』の流れを汲んでいるのか、どちらかと言えばアイドルソング寄りの楽曲が多いのだが、そんな中で突如として登場した「Play Sound☆」のサウンドは異彩を放つ。ピアノ経験を持つあんなとギターを得意とするさらの二人の要素をどちらを採用した上で「ロック」という方向性で綺麗にまとめ上げているのがファンとしてはたまらないわけだが、その振付もさらはギター演奏をベースとして合間にダンスを行うスタイルで、あんなもピアノの鍵盤を叩いているかのような仕草が随所に見られる「二人の個性を衝突させている」かのような激しいものになっている。
呼吸を合わせていたみらい&えもの「レディー・アクション!」と見比べてみるとよく分かるだろう。
互いに支え合っているみらい&えもに対して、あんな&さらは真正面から激突しすぎである。ただそんな衝突具合の中で垣間見える二人の強い信頼関係が美しい。「互いに信頼し合っているからこそ限度なく全力が出せる」。そんな信頼と熱さのあるメルティックスターのライブは日曜の朝から浴びるには刺激的すぎた。

DewdR59UEAAo742.jpg















今日から始める『キラッとプリ☆チャン』

『キラッとプリ☆チャン』が放送開始してから無事に二か月が経過しましたが九話予告で行われた赤城あんなと緑川さらの本格参戦宣言にいつも以上に興奮している自分がいます。プリティーリズム三部作でもプリパラシリーズでも物語が大きく動き出すのはいつも1クール目終盤からですからね。あの本格参戦宣言は言うなれば「覚悟しろよ」というスタッフサイドからの宣戦布告に他なりません。赤城あんなと緑川さらがどんなライブを見せてくれるのだろうか! そしてそのライブを見てミラクルキラッツの三人は何を思い、どう動いていくのか!九話の放送が今から待ち遠しいわけですが、そんな九話の衝撃を一人でも多くの人に堪能してほしいので『キラッとプリ☆チャン』を簡単に解説しておきます。

■そもそも『キラッとプリ☆チャン』って何?

『キラッとプリ☆チャン』とはタカラトミーアーツとシンソフィアが開発したゲームと、それを原作とするアニメ作品です。日曜朝10時からテレビ東京系列で放送されています。
物語は簡単にいうと、「企業でも個人でも関係なく自由にチャンネルを開設出来て、自分のパフォーマンスを発信することが出来る動画共有サイトの「プリ☆チャン」を舞台に、ひょんなことからそんなプリ☆チャンでアイドルデビューする事になってしまった中学一年生の桃山みらいと萌黄えもが、二人のマネージャーを買って出た青葉りんかと共に人気アイドルの赤城あんなに勝つために悪戦苦闘しながらアイドルとして成長していく」といったところ。基本的には一話完結のコメディ作品ですが、九話の予告を見る限りだと別に一話完結に強い拘りを持っているわけではなさそうなので長編エピソードにも期待が。今年も怒涛の伏線回収と理詰めでの展開、そして圧倒的強さを持つラスボスの登場とそれをどう超えていくのかが楽しみです。

■見所1:キャラクターが魅力的

『キラッとプリ☆チャン』を二か月間追い続けてきて思うのはやっぱりキャラクターが魅力的ですね。どのキャラクターも可愛いし、応援したくなる。

キラッとプリ☆チャン - キャラクター

全員解説すると長くなるのでメインキャラクターだけに絞りますが、まず何と言っても主役のミラクルキラッツの三人が良い。
ミラクルキラッツとは桃山みらい・萌黄えも・青葉りんかのチームのことですが、互いの足りてない部分を補い合い、支え合っていて凄くバランスが取れたチームなんですよ!
「キラッと☆」が口癖の桃山みらいは、普段はそれほど積極的に表に出るわけではないし、「出来るかなぁ……」と心配そうな顔を浮かべることが多いけれど、大事な局面では絶対に退かずに前に出てくる強さを持っている。自分の楽曲を手に入れるために歌詞を作った回とか巨大アスレチックに挑んだ回とかでも確認できる、一人になっても自分に出来る範囲では全力で頑張っている姿も好感が持てますね。
そんなみらいの親友で、番組の中では相方になっている萌黄えもは、勝ち気で思い切りがよく行動的な性格。ここぞという時には足がすくんで一歩踏み出せない部分はあるんですが、ミラクルキラッツを前で引っ張っていく良いキャラクターですね。チアリーディング部所属ということもあって、持ち歌の「スキスキセンサー」ではチアルーツのダンスを見せてくれます。口癖は「えもい!」。
そんな二人の番組作りを裏で支える青葉りんかは表には出たがらないけれど二人に足りていない知識を担う存在。最新話では一歩踏み出して謎のメイクアップアーティストとしてプリ☆チャンデビューしましたが、彼女が素顔でプリ☆チャンデビューする日が来るのかどうか。気になってます。
ミラクルキラッツのライバルとして配置されている赤城あんなと緑川さらも凄くいいんですよね。
実家の資本が太い赤城あんなはその財力を使った狂言回し的立ち位置ではあるのですが、始球式で顔面にボールを叩き込まれても表では笑顔で返していたり、定期的に登場する彼女の動画はやっぱり人気がある描写がなされていたりとアイドルとしての格が一話で登場してから全く下がっていない。
そんなあんなを支える緑川さらも緑川さらで「そんなあんなが認めている」というだけあってアイドルとしての資質は底が見えてこないのがミステリアスで素晴らしい。あと聞いているだけで赤面してしまいそうなキザな台詞を、素面で言えてしまうイケメン女子具合! マジヤバイ、さらちゃん……。
この他にもアイドル達のお姉さんポジションである赤井めが姉ぇやりんかの兄にして今作のヤベー男枠ことユヅル、未だに神出鬼没の良く分からない人でありながら何故か「強そう」という印象を残す白鳥アンジュなど良いキャラクターが何人もいますし、今後も色々参加してくることが予想されています。というか間違いなく増えます。なので「キャラクターが少ないうちに見るのはあり」です。早く見よう!

■見所2:物語が魅力的

『キラッとプリ☆チャン』はキャラクターだけでなく物語も魅力的なんですよ。ある一つのテーマを毎話丁寧に描いていて、本当に面白い。
その一つのテーマとは「やってみなければ分からない。分からないならやってみよう!」ということ。
このことは作中で何度も何度もキャラクター達が言っている事ではあるんですけど、これまで放送されたどの話も「やってみることでわかることがある」になってるんですよね。
例えばプリチャンの面白さが分かったのだって「やってみたから」ですし、苦手だった猫の可愛さに気づけたのも「猫の世話をやってみたから」。みらいちゃんがえもちゃん抜きで頑張っている回とかは本当によかった。二人は親友でいつも一緒だけど、これからもずっと一緒というわけではない。だからこそ「一人でもやってみる」ということが本当に良かった。まあコメディ回ではあるんですけど。
ともあれ「少女たちが「やってみた!」と毎回違うことに挑戦して何らかのものを得て一つ一つ成長していく」というお話になっていて、毎週オチをつけながら綺麗にまとめてくるのでものすごく楽しいです。ただそろそろお話が大きく動きそうなので、どうなるのかちょっと怖いですね。毎回ヘビーな話をぶち込んでくるので……。

■見所3:ライブがいい

最後に上げたいのがライブパートの良さです。
『プリティーリズム』や『プリパラ』の頃からそうなんですが、『キラッとプリ☆チャン』もライブパートが本当に良い。キュートでラブリー!
これは萌黄えものライブパートなんですが、これを日曜の朝から流してきた時は本当にヤバかった。「ヤバくない?」「ヤバイ」とリアルタイム組と言い合ってたら午前中が潰れてたぐらいヤバかったです。



曲もね……。『キラッとプリ☆チャン』はハロプロなどリアルアイドルへの作品提供をしている児玉雨子氏が作詞を担当して、作曲をmichitomo氏がやっている楽曲だけなんですけど、どの曲もキャラクターや物語のテーマを的確に捉えていて、作品をより深く見ていれば見ているほどたまらないんですよ。
貼った動画の「スキスキセンサー」も「えもい!」が口癖で、流行に敏く、チアリーディング部所属という萌黄えもだからこその楽曲になっているし……。本放送よりも先に映画で見ることが出来たんですけど、これを見た時は語彙が「マジ」「ヤバイ」「間違いない」「えもい」だけになってましたからね……。とんでもないものを序盤から入れてきましたよ……。

■最後に

ここまで『キラッとプリ☆チャン』について書いてきましたが、いかがでしょうか?
最後に配信情報ですが、あにてれしあたーが最速のようなので「ネタバレを食らいたくない」というのならこれが一番早いと思います。放送終了後すぐの配信のようですしね。

あにてれしあたー - キラッとプリ☆チャン

あと一話はyoutubeの公式チャンネルでも配信されているので、雰囲気はこちらでつかむとよいかと。


というわけで、今週の放送を見てください。

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター