Entries

『プリキュアドリームスターズ!』かつて物語の主人公だった者達だからこその説得力について

歴代のプリキュア達が全員集合する『プリキュアオールスターズ』。2016年の『映画 プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!』ではシリーズ最多の44人のプリキュア達でシリーズ初となるミュージカル映画にも挑戦し、新しいものに絶えず挑戦し続ける「プリキュア」と言うシリーズの力強さを印象づけてくれたが、そんな『プリキュアオールスターズ』のチャレンジスピリッツを受け継いで今年の春のプリキュア映画として制作された『プリキュアドリームスターズ!』はプリキュア映画の新たな可能性に挑む凄い作品だった。

『プリキュアドリームスターズ!』の物語を簡単に述べるとこうだ。
『キラキラ☆プリキュアアラモード』の主人公・宇佐美いちかは桜の切り株の傍で謎の少女「サクラ」と出会う。「桜が原」という異世界から来たというサクラは身を挺して自分を逃してくれた友達「シズク」を救うために、カードに記された「スイーツ」「鍵」「宝石」に該当する存在を探しているという。サクラと友達になったいちか達はサクラに協力するべく、カードに書かれたアイテムを持つ存在=プリキュアを探し出し、サクラを手中に収めようとする存在――鴉天狗と戦い、シズクを取り戻す。
今回の『プリキュアドリームスターズ!』に登場するキャラクター達はそれぞれ独立した世界を持っていることから、これまでの『オールスターズ』で見られたような「それぞれの作品を同一世界として扱い、クロスオーバーさせていく」という手法を取るのではなく、オリジナルキャラクターであるサクラやシズクをそれぞれの世界を繋ぐ橋渡し役として機能させる事でクロスオーバーさせていく過程がまず面白い。
『魔法つかいプリキュア!』の世界で仲間を探すいちか・ひまり・あおいの中学生組は「魔法の存在する世界」の何でもありさ加減に振り回されつつ本人の持ち前の資質で仲間を勝ち取っていく姿はドタバタコメディのようで見ていて楽しく、『Go!プリンセスプリキュア』の世界へやってきたゆかり・あきらの高校生組はあきらの無自覚なイケメン挙動で周囲に発生した勘違い感がシリアスな笑いを誘う。
プリキュアが全員揃ってからはサクラとシズクの物語へとシフトしていき、どんなことでも諦めずに前を向き続けるいちかに勇気づけられる形で見せるサクラの奮闘っぷりに応援したい気持ちにさせられるのだが、素晴らしいのは『魔法つかいプリキュア!』も『Go!プリンセスプリキュア』も決しているだけの存在ではなく、むしろ物語を一つ終えて、自分達なりの結論を出しているからこそのアドバイスをいちかとサクラの双方に送っていることだろう。
『魔法使いプリキュア!』と言う作品は人と人、世界と世界が繋ぐ力と美しさを描いた作品だった。だから本作の中でシズクの事を想うサクラに対してその絆を強く信じることの大切さと、その絆がもたらす力の尊さを説いた時に強い説得力が生まれており、『魔法使いプリキュア!』を見ていた人間にとってはぐっと来る描写になっていたし、『Go!プリンセスプリキュア』は自分のなりたい自分になるために絶対に諦めずに歩み続ける事の大切さを描いていた作品なので諦めそうになる心を奮い立たせる際に強い意味を生み出す言葉を投げかけていた。
クロスオーバー物の面白さの一つに「異なる作品同士のキャラクターが出会い、交流するからこそ自分達の背負っているものに見識を深めたり、意味を改めて勝ち取ったりする」というのがあると思うが、今回の『プリキュアドリームスターズ!』はそうした「一つの物語を終えた者達からの言葉で自分の想いを更に強くする」という描写が見られた。「彼女達でなければいけない理由」がしっかりされていたのは過去作も見ている人間にとってとても嬉しいことだった。

また映像面では3DCGと手描きを組み合わせている点が熱い。
「桜が原は3DCG」「プリキュア達の世界は手描き」という形でそれぞれの世界を作画手法の違いで表現しているのだが、単に「手法が違う」というだけでなく、桜が原に戻った後のサクラに対して「姿が変わっている」と言う表現がされているように、手法の違いを同一人物の「本来の姿/別世界での姿」として扱っている点が面白かった。
またプリキュア達は桜が原に来た当初は手描きであるものの、あるプロセスを踏む事で3DCG化されて各所に桜があしらわれた衣装へとフォームチェンジ。この3DCG化された姿は「今作限定フォーム」と言ってもいいもので、こうした形でいつものものに変化をつけてきたのはとてもユニークであった。

唯一残念だったのは「観客に呼びかける」というシーンが数か所あり、そこで物語が停滞してしまうこと。
元々ヒーローショーに近いテイストがあるシリーズなので、こうした演出があることは別段珍しい事ではないのだが、今作はそこで現実に引き戻されて没入感が落ちているところがあるので、そこだけは残念だった。あ、ここでも3DCGのレンダリング処理の方法を変えている点は凄いと思います。

ともあれ、「『オールスターズ』シリーズの流れを受け継ぎつつも、新たなものを作り上げてきたな」と実感できる辺り、宮本浩史監督と東映の挑戦は成功しているように思う。願わくば、来年には今回の挑戦がより凄い作品になって実を結んで欲しいところである。



『Fate/Grand Order』初勢力戦のぐだぐだ明治維新について

4月5日から『Fate/Grand Order』にて新イベント「ぐだぐだ明治維新」がスタートした。
このイベントは2015年11月末から12月上旬にかけて開催されたイベント「ぐだぐだ本能寺」の事実上の続編にあたるイベントで、第一部完結以降の『FGO』としては初の新規イベントとなる。
復刻→新宿編→復刻→復刻と第一部完結と聞きつけてプレイ開始した新規ユーザーにはありがたい反面、ずーっとやり続けている人間にとっては報酬として配られる素材程度しか旨味がなく、イベント特攻もイベント難度も初回開催時と変わらない事から「飽きてきたんじゃが……」とぼやいてしまうほど食傷気味な三か月であったが、ようやく始まった新規イベントは素直に嬉しく、新規で配布となる淀殿こと茶々は配布としては初となるバーサーカーで大変美味しい。交換素材やポイント報酬、そしてQPのばら撒きも比較的多く、四枚から五枚程度落ちるとはいえフリークエストでドロップが期待できる素材も大騎士勲章などの枯渇しやすいばかり。素材を絞りがちなゲームなので、この辺りはありがたいところである。

イベントデザインとしてはいつも通り周回前提の設計ではあるが、ユーザーが二つの勢力に分かれて競い合う「勢力戦」を始めて開催した事に着目したい。
「勢力戦」と言っても「参加しているユーザーが二つの勢力に完全に分かれて競い合う」というものではなく、「参加しているユーザーはどちらの勢力のイベントポイントを多く集めたのか」でシナリオが分岐する程度の軽いものであるが、リアルタイムでゲージが変動して競り合う様子はシンプルながらも分かりやすく面白い。
周回する理由付けとして前述したように、大騎士勲章や無限の頁を始め『数を求められながらも安定して確保できない素材』のドロップ率が比較的高い」というユーザーの即物的な欲望に直結するものを用意している辺りも興味深いところだ。もっとも確定で落ちるわけではなく、数を求めるのなら周回は必須という辺りに運営のいやらしさを感じるところではあるが、この素材ドロップを少し緩めたおかげなのか初戦も第二戦も盛り上がっていたので調整としては悪くないように思う。ただ「第三戦が終わらなければ配布キャラは入手できない」という仕様は少々重く、煩わしさを感じる。早々に目玉報酬を回収されたくないのは理解できるし、シナリオとの兼ね合いもあるのだろうが、「メインクエスト攻略で正式加入する」程度でよかったのではないか。
まあ茶々はどう読んでも「強い」としか書いてないのでその点だけは嬉しいのだが。早く加入してください。

なお今回のイベント特攻として実装されたバーサーカー土方歳三についてだが、自分の見解を示しておくと「最低限の守りすら殴り捨てた超攻撃的な背水バーサーカー」になる。NP効率もスター発生率も高くはないのだが、相手に高火力を叩き込むことに特化したあの性能は凄まじい。
「戦場の鬼」は効果時間が長い分バフ性能は控えめだが、攻撃の主軸になるバスターを強化してくれること、星出し性能を強化する能力は非常にありがたいし、仕切り直しは気休めにもならない回復性能ではあるものの弱体解除が嬉しい。そしてなにより局中法度が強い。強すぎるのである。
スター集中アップとクリティカル威力アップが両立しているスキルはそれだけで強い。任意のキャラクターのクリティカル発生率を高めつつ、発生した時のダメージも上昇させるからだ。クリティカルがとにかく強い『FGO』ではこの二つの効果を得られるキャラクターは大体恐ろしい打点のダメージを出せるのだが、局中法度はそのクリティカル強化を「HPが少ないほどクリティカル威力を強化する」と部分的に強くしたスキルなのだ。これが弱いわけがない。デメリットの「HPを1000失う」もこの効果から考えるとデメリットにすらなっておらず、戦場の鬼と組み合わせることで凄まじい火力を叩き込みつつクリティカルスターを確保することも可能である(バーサーカーなのでそこまで大きく稼げるわけではないのでこの辺はバランスが取れてる)。
また英霊の代名詞である宝具も「HPが少なければ少ないほどダメージが上がる」というシンプルで強力なもの。ここ最近登場したものではダメージを与える以上の事は期待できないものの、バーサーカーであることを考えると十分すぎる性能である。
短所としては無敵や回避やガッツどころか防御強化すらない脆弱な耐久力であることが上げられる。宝具や局中法度で最大効果を発揮しようとするとうっかり死んでしまう事もあるので、この辺をどうコントロールするかに骨を折る事になるだろう。礼装はガッツ状態を付与する礼装とかいいんじゃないかな!

これを書いている時にはまだ全て終わっていないし茶々を入手したわけではないのだが、今回は初めてやった形式の割にそこまで悪くないので、出来るだけ多くの人にプレイしていただきたい。真面目に報酬回収しようと思うと相当面倒くさいけど!面倒くさいけど!!

『アイドルタイムプリパラ』0から始まるプリパラと「応援」のリフレインについて

夢のチケット「プリチケ」が届いた女の子なら誰でもアイドルになることが出来る夢のテーマパーク「プリパラ」。久しぶりに開催された神アイドルグランプリは様々な波乱を巻き起こしながらも無事に閉幕。セインツ以来の神アイドルチーム「そらみスマイル」が誕生し、プリパラは新たな時代に突入した。新時代の波は各所へと波及し、世界を大きく変えていく。
そしてその新時代の波はここパパラ宿にもやってきた!
これまでプリパラが存在しなかったパパラ宿についにプリパラがオープン! ところがパパラ宿は男子プリパラが大流行していて、「アイドルは女の子がやるもの」という意識の強い街だった。そんなパパラ宿に暮らす夢川ゆいはアイドルに憧れを抱く女の子。ゆめ憧れていたプリパラで、ついに彼女のゆめ憧れのアイドル活動が幕を開ける――!

『アイドルタイム プリパラ』は二年九カ月の物語に幕を下ろした『プリパラ』の後継作となる作品だ。
「後継作」と言ってもらぁら達は引き続き登場するし、物語のテイストもそこまで大きな変化はない。相変わらずのスラップスティックコメディっぷりで見ているだけで楽しくなってしまうような作風だし、それでいて物語として締めなければならないところは綺麗に締められている。タツノコプロ渾身のライブパートは相変わらずハイクオリティで、思わず真似したくなるようなキュートな作りだが、しかしながら『プリパラ』と全く同じ作品かというとそうではない。先日放送された一話を見るだけでも『プリパラ』とはまた違う、『アイドルタイム プリパラ』らしさの光る作品に仕上げられている。
『アイドルタイム プリパラ』で興味深いのは「プリパラそのものが逆境に置かれている」という事だろう。
『プリパラ』の舞台になっていたパラ宿はプリパラそのものが認知されており、「プリパラでアイドルをやること」そのものは特別な事でもおかしなことでもなかった。らぁらが通う私立パプリカ学園小学部校長の大神田グロリアがプリパラを嫌っていた事から「らぁら視点で見れば逆境」であったが、「プリパラ」という場所そのものは大神田グロリアが改心する前も後も「憧れの場所」「皆の遊び場」という点は変化していない。
しかしパパラ宿は違う。なぜならパパラ宿にはこれまで「プリパラ」というものがなかったからだ。つまりパパラ宿の少女達には「プリパラ」とそれに付随する「プリパラアイドル」という文化が全く存在しないのである。したがってパラ宿からパパラ宿にやってきたらぁらや、雑誌等で「プリパラ」という文化に知識レベルで知っているゆいは文字通り一から「プリパラ」という文化を広めるところから始めなければならない。「友達とパキる」以前に「友達候補すらいないプリパラ」はこれまで以上の逆境であるが、それだけにパパラ宿のプリパラには様々な可能性に満ちている。
パラ宿のプリパラにドリームシアターが新たに誕生したように、時計塔とテレビ局しかなかったパパラ宿はアイドル達が夢見た通りにその世界を変えていくのかもしれない。そうだとすればパパラ宿のプリパラは「アイドルと共に歩んでいくプリパラ」になる。アイドル達の想いがプリパラそのものを作り上げていく。秘密基地めいた面白さが誕生するかもしれない予感は『プリパラ』とは少し違う面白さだ。どうなるのか楽しみにしたい。

また『プリパラ』から引き続き視聴しているファンにとって、一番嬉しい仕掛けがこの一話には込められている点も見逃せない。
初めてライブをすることになったゆいにらぁらは「プリパラは好き?」と尋ねた。自分のデビューライブの時にみれぃにしてもらった時のように。
プリパラにやってくる前のらぁらはその大きな声がコンプレックスで歌えなかった女の子だった。プリパラにやってきても「私には人前で歌うなんて無理」と諦めていた女の子だった。
しかしみれぃと出会い「プリパラは好きぷり?」と尋ねられ、「大丈夫」と言われた事でらぁらのアイドル活動は幕を開け、その日々の中で少しづつ変わっていった。我武者羅に頑張り続ける中でらぁらはコンプレックスを克服した。そしてついに「神アイドル」というアイドルの頂点に立つ存在にまでなることが出来た。
そんならぁらがこれから最初のステージに挑もうとするゆいに、自分と同じように「私には無理なんじゃ」という不安感に駆られた少女に自分をアイドルにしてくれた一言を告げる。
「プリパラは好き?」「じゃあ大丈夫」
その言葉が誰もいなかったパパラ宿のプリパラに新たなアイドルを誕生させる。
『プリパラ』から見ていた人間にとってこれほどまでにぐっとくる展開もないだろう。
『アイドルタイムプリパラ』とタイトルが変更された後の一話でこのセリフを丁寧に拾ってくれて本当に良かった。

男子プリパラ「ダンプリ」や炊飯器のタッキーなどぶっ飛んだ部分も多いし、既に発表されているアイドル達がどのような流れでプリパラへやってくるのだろうか。また一年間楽しみにしていきたい。





Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター