Entries

『アイカツフレンズ!』について

『アイカツフレンズ!』は『アイカツ!』『アイカツスターズ!』の因子を受け継ぎながらも、従来とは全く異なるところに面白さがある。
それは「アイカツ!シリーズらしくない」ということでは断じてない。むしろ逆だ。『アイカツフレンズ!』はこれまでの作品とは違うやり方で「アイカツ!」という作品を作り上げているのである。

『アイカツフレンズ!』は友希あいねと湊みおが出会い、みおがあいねに「一緒にステージに立ってほしい」とお願いするところから物語が始まる。これはみおがあいねに惚れ込んだからこその依頼で、直前の「たとえお試しだとしても、ダイヤモンドフレンズを目指している以上、一つのステージも無駄にしたくない」というみおの台詞を聞いていると「よっぽどあいねのことが気に入った」ということが伝わってくる良いシーンであるが、その依頼を受けたあいねは「友達を100万人つくる」が口癖で、「友達のためなら自分にできることは全力!」以外は取り立てて特徴のないごくごく普通の少女である点がこれまでのアイカツシリーズとは大きく異なる。
これまでのアイカツシリーズは最初こそごくごく普通の少女として描写されていたとしても、基本的には「アイドルになることを目指している」という「アイドル志願者」であった。星宮いちごも神崎美月のライブを見たことで「美月さんのようになりたい」とアイドルを目指しているし、虹野ゆめも「S4になる」という夢を抱いてアイドルになろうとしていた。つまり今回のあいねのような「自分がアイドルになることすら考えていなかった存在」はシリーズでも初めてのことなのだ。これはとてつもない挑戦であるが、「みおがあいねに依頼する理由」を短いながらもきちんと描写していることで「あいねでなければならない」と思わせることに成功している。
例えば子供と遊んでいる時の「みおとあいねが呼吸を合わせて一つのことを成し遂げる」だったりもそうで、「一人ではできないことでもあいねと二人ならできる」は「みおがあいねを選ぶ理由」としては十分だろう。またあいねのアイドルとしての適性についてもよく描けていたように思う。個人的には「みおをきちんとトップアイドルとして演出しているからこそ、アイドルでも何でもないあいねを選ぶことが逆説的にあいねのアイドルとしての適正が分かる」という流れが好きで、フレンズアピールができた事にも説得力があって良い。
そしてそういう部分を見れば見るほど、あいねに「一緒にステージに立ってほしいと依頼し、、彼女をアイドルの道へと誘った存在がみおだった」の唯一無二の存在感が際立っていて最高だ。みおがいなければあいねはアイドルデビューすることはなかったわけで、「アイドル・友希あいね」は湊みおが生み出したも同然だ。ダイヤモンドフレンズの一人としてアイカツ界の頂点に立つ日が来ればあの日の出会いはまさしく「運命の出会い」になるのだから「尊い」としか言いようがない
逆に湊みおもあの日、友希あいねに会わなければダイヤモンドフレンズを目指すパートナーにも出会えずにステージに立つこともできず、仮にダイヤモンドフレンズになったとしても「ステージに立てなかった」ということに少なくとも後悔が残っていたはずだ。傷一つなくアイドルとしてダイヤモンドフレンズを目指せるようになったのはまさしく運命。彼女のアイドル活動が傷一つもなく輝けるとしたら、まさしく「友希あいね」という運命の相手と出会えたからであろう。
そしてそもそもの発端をたどれば「ランチを届けた際にあいねが代金をもらい損ねた/みおが代金を支払い損ねた」なわけで、双方のうっかりミスなのも良い。どちらか片方の落ち度ではなく、双方の落ち度によって生まれたこの運命は、英雄譚や神話の始まりのような輝きに満ちている。最高か。
そうした『アイカツフレンズ!』らしい面白さを描いた後で、ステージに立つためのレッスンがスポ根のそれなのが実に「アイカツ!シリーズらしい」。
掛け声が「アイ!カツ!アイ!カツ!」だったのもあるが、『アイカツ!』も「努力だけは裏切らない」的な地道な練習描写があったからこその華やかなステージだったし、ファンタジックなパワーがあった『アイカツスターズ!』も地道な練習描写があったから「そういう力に頼らなくても成長できる」ということに説得力があったわけで、こうした地道な練習風景こそがアイカツ!シリーズらしさだろう。ストイックすぎるぐらいストイックではあったが、「トップアイドル直々に指導している」というシチュエーションが強すぎた。最強。
ただ「ダイヤモンドフレンズを目指す」というみおと、「友達100万人を目指す」あいねとでは目指すべきゴールが違うように思うが、そのあたりのずれがテーマになったりもするのだろうか。一話に「アイドルとして道を究めることは友達100万人を実現することにもつながる」としているが……。
何にしても。『アイカツフレンズ!』はこれまでとガラリと印象を変えながらも、随所でアイカツシリーズらしさを発見することができる作品だ。こうした作品を三作目として展開できるのは凄いことではないかと思う。

自分発信とは「自分の楽しいを伝えること」――『キラッとプリ☆チャン』第一話について

シリーズが長く続けば続くほど、「完全新作」がファンに受け入れられるかどうかは難しい。特に一つの作品だけで長く展開してきた場合はファンも今までの作品に思い入れがあるだけに拒絶されて、シリーズそのものが一旦休止となるケースも散見される。「ファンと共に長い時間を過ごす」ということは良いことも多くある一方で、「完全新作での仕切り直し」のような「今までと違うこと」をやりにくくなる側面もあるのだ。しかし既存のファンだけを向いて展開していくこともまた難しい以上、どこかで新規ユーザーを獲得するための展開をやっていく必要がどうしても発生する。この辺りの「完全新作での仕切り直しをやる上での『既存ユーザーの維持』と『新規ユーザー獲得のための要素』の匙加減」については本当に作品ごとに違うので難しいところなのだが、本日放送された一話を見る限り、『キラッとプリ☆チャン』はその点を上手くやったように思う。

大企業から個人まで、誰でもチャンネルを開設することが出来る動画サイト「プリ☆チャン」。多くの人々は一大エンターテイメントとして受け入れられている「プリ☆チャン」でトップアイドルになろうと努力している。きらりヶ丘中学校に通う桃山みらいもそんな「トップアイドル」に憧れる一人であったが、幼馴染の萌黄えもが売り言葉に買い言葉でプリ☆チャンでも人気上昇中のアイドル・赤城あんなの挑発に乗ってしまった事をきっかけにプリ☆チャンでアイドルデビューすることになってしまう……。

『キラッと プリ☆チャン』の一話は『プリパラ』がそうであったように「説明しなければならないこと」に優劣をつけた上で一つ一つを丁寧に説明している。
「プリ☆チャンがどの程度受け入れられている世界なのか」はみらいやその妹との会話の他に、母親も交えることで「親レベルですら知っていること」になっていることが伺えるし、「プリ☆チャンのアイドルの力を借りれば自分達の店を盛り上げられるのでは?」というアイデアを出してくる辺りからは「プリ☆チャンがテレビなどにも匹敵するほどエンターテイメントとして受け入れられ、そこで活躍する存在達は現実の人達を動かしうるほどの影響力を持っている」ということが分かる。
その割に始めるためのハードルが低いことは「プリズムストーンにいけば開設できるよ」というクラスメートのセリフからも分かる。全て「プリ☆チャンのある世界とはこういう世界だよ」という事を説明するための描写であるが、みらい→みらいの家族→みらいのクラスメートとみらいを中心とした人間関係の輪を広げていくことで「どの程度受け入れられているか」が分かりやすく展開できているし、少し描写が足りてないように感じる部分も後々補足説明がされるなど細部にまで行き届いている。
これらのことは端的に言えば「『キラッとプリ☆チャン』という作品世界に入り込みやすい」という、ただそれだけのことなのだが、「三年以上続いた作品の後を継ぐ作品」の「第一話」という重要極まりない局面においてそれが出来ているのは称賛に値するべき偉業である。
コミカルさもあり可愛さもあり、非常にバランスの取れた楽しい一話であったが、内容面においては「自分発信」と言うテーマを「自分の『楽しい』を見てくれている皆に届ける」と言い換えたこと、そして「やってみることの大切さ」という二点が特に素晴らしかった。
「楽しい」という感情は原初的であるにも関わらず忘れがちなことだ。嫌なことがあったりしがらみが生まれたりするとすぐに「楽しむ」ということを忘れてしまう。『キラッと プリ☆チャン』が叫んだ「自分の『楽しい』を見てくれている皆に届ける」にはそんな「「楽しい」「楽しむ」という気持ちを「いつも忘れないでいて欲しい」という願いと、「そんな気持ちが皆に伝わっていくのが一番ハッピーなことだよね」という祈りがある。
口説き文句のようにめが姉ぇが使っていた辺り、おそらくプリズムストーンを訪ねてきた全ての人間に同じことを言っていそうではあるのだが、だからこそ「全ての人間のスタート地点」として機能するわけで、今後の物語においてもここでめが姉ぇが言ったことは重要なものとして機能していくのではなかろうか。
また「やってみることの大切さ」としてはみらいとえものやりとりが良かった。
「プリ☆チャンデビューなんて無理」というみらいに対して「やってみなくちゃわからない。わからないからやってみる!」と発破をかけるえも、いざデビューできると分かったら怖くなったえもに対して「やってみようよ」と言えるみらい。
性格的には真逆だけれど、だからこそ二人で「やってみる」と言える強さと本当に挑戦する「勇気」は何とも美しい。この美しさがこれから一年は見れるのかと思うと楽しみで仕方がなくなった。

最後のフォロチケ交換は『プリパラ』から受け継がれたものであるが、「動画サイトで誰でもいつでも繋がれるからこそ、対面で交換することがどれだけ特別なことか!」ということが滲み出ていて最高にエモかった。素晴らしい。
『キラッとプリ☆チャン』、最高である。

ところで『プリパラ』から続投したi☆Ris組が絶妙に『プリパラ』とは全く違うキャラクターをやらされているのもよい。
演者としての引き出しが多さを見せられているようで、ちょっと感動した。

細かすぎて面白い『プリパラ』傑作回セレクション

4月7日と4月8日の二日間にかけて、ニコニコ動画にて「『プリパラ』シリーズセレクション」として『プリパラ』傑作選の上映が行われる。
企画協力としてクレジットされているタツノコプロの依田健プロデューサーが選出しただけあって、『プリパラ』の中でも特に熱いエピソードが中心にピックアップされているが、『プリパラ』の放送期間は『アイドルタイム』も含めると三年と九か月もあり、そのエピソード数も200話に迫るほどあるため、二日間で放送される26本の中ではどうしても取りこぼしが発生してしまう。
特にギャグ回は今回のセレクションの中に含まれていないのだが、『プリパラ』のギャグ回は細かいネタが多くて自分は大好きなので、今回のセレクションに含まれなかったのは非常に残念だ。『プリパラ』は本筋から離れたところでやる話も面白いというのに!
なので自分用に『プリパラ』のギャグ回でセレクションを作った。適当に見てください。

■21話「解散!?そふぃ様親衛隊」

『プリパラ』一期シリーズは38話しかないため「一話丸々ギャグ回」というエピソードは殆ど存在しないのだが、そふぃ様親衛隊にスポットを当てたこのエピソードはその中でも数少ない「ギャグに振り切った一話」で非常に印象深い。「そふぃ様はもう一人で何でもやろうとする。ならば私たちは必要ないのではないか?」と考えたそふぃ様親衛隊が解散を決意し、それぞれの道を歩みだす!まではいいものの、あらゆる出来事がそふぃ様につなげてしまう様はこじつけの強引さもあって笑いを誘う。またみれぃが最後に告げる「そもそも論」は今回のエピソードそのものを締めくくりつつも、シリアスな笑いに昇華しており非常に完成度の高いエピソードであった。

■49話「いもうとよ」

ドレッシングパフェのマネージャー「ウサギ」にスポットを当てた回。ウサギの妹であるウサチャが立派な兄の姿を見るためにプリパラを訪れるも、ウサギは妹への見栄で話を盛っていたために苦労することに……という割とよくある社会見学系エピソードなのだが、秀逸なのはウサチャがウサギに幻滅するシーン。「嘘がバレて幻滅する」ではなく「ネコ姉さんにあんなことやこんなことをしている姿を見せられて幻滅する」というのはあまりにもウサギが可哀想で……そして面白かった……。ウサギもマスコットなので全くシモの要素は入ってないけれど、さすがにああいう兄の姿を見せられたらそりゃ嫌だよね、ウサチャ。
あと初登場となるウサチャの声優に諸星すみれを起用したのはナイス判断であったと思う。

■63話「トモチケは世界を救う」

『プリパラ』屈指の名作ギャグ回。タイトルの通り全編24時間テレビとなっており、らぁら達が24.5時間かけて様々なことに挑戦する回なのだが、「事あるごとにティーカップを割るひびき様」「人海戦術でクレームを入れ続けるひびき様」「何だかんだで唯一人だけとなっても最後まで見ているひびき様」など、ひびき様周りのギャグ描写がふんだんに盛り込まれている他、雨宮の大暴走っぷりも極まってEDのワイプで勝手にマラソンを行う様はあまりにも忠実な24時間テレビのパロディで完成度が高すぎた。
全編こういう遊びに使えるのも『プリパラ』の良さである。最高!

■85話「逆襲のセレブリティ4」

『プリパラ』二期シリーズにおける最大の問題児といえばセレブリティ4だろう。ミルキィホームズの四人が演じているわけだが、森脇真琴監督作品への参加経験の豊富さからか、力を入れるところと力を入れなくてもいいところの演技の落差加減が心地よく、初登場からして面白かったのだが、そんな彼女たちが再登場してリベンジを行うこの回は「セレブリティ4がボンクラすぎて」面白かった。いや元からボンクラではあったといえばそうなのだが、この回はドロシーとレオナの絆がとても美しかっただけに、あの四人はもう「救いようがないボンクラ」で……。なんだあの足の引っ張り合いは。

■95話「かんぺきママみれぃ!」

『プリパラ』は流行曲を笑いの小道具にすることが多い。大神田校長とらぁらママの過去が明かされるシーンでは「寒い夜だから…」を流したし、プリパラエクササイズ回では「EZ DO DANCE」を流した。明らかに笑いの小道具としてこれらの楽曲を使っているわけだが、「ワンフレーズだけで笑わせに来た」ということは今までなかった。そんな「ワンフレーズだけで笑わせに来た」のがこの95話だ。もう何も知らないで見た方が圧倒的に面白いのだがその多くはWEB配信や円盤で差し替えられているので、「どのシーンでどの曲が使われたのか」だけ書いておく。
「ジュルルを抱えたみれぃを見て、走馬灯のようにみれぃとジュルルと自分との生活を見る雨宮のシーンで小田和正の「言葉にできない」を流した」。
笑い死ぬかと思った。

■100話「テンション100MAX!」

『プリパラ』の放送100回を記念して製作された回。中心人物はドロシー。本筋は「自分勝手なドロシーが自分一人では何もできない状況に置かれることで「自分以外の人間がいるから自分が輝けることを知る」という、ドロシーにとって超重要な回なのだが、何が面白いって「100」という数字を作中にふんだんに盛り込み、「100という数字を探せ!」という本筋とは全く別の面白さを生み出して、ギャグにしてしまっていたこと。
メタな楽しませ方ではあるが、そもそも三期の一話は「らぁらが小学六年生であることを連呼する」というメタなネタがあったので、いまさらといえばいまさらのお話。むしろ100をここまで盛り込んでしっかりと話にしてきたのは流石中村能子である。

■102話「変幻自在!ジュエルチェンジぽよ♡」

もはやライブなどでも雑に突っ込まれていた「シオぽよ~!」が初登場した回。簡単にいえば「神アイドルグランプリ出場を祝してひびきが送り込んできたポンコツ映画監督のメカ姉ぇの元でアイドル達が映画を撮影する回」なのだが、あまりにも混沌としていてもはや「見てくれ」としか言いようがない。ヤケクソになったシオンの「シオぽよ~!」はガチ。あと「キャラクターが変わったよ」ということを声優全員が完璧に演じ切っているのも凄い。「i☆Risの六人はこの二年間で声優としてここまでできるようになったんだなぁ」と成長を感じられるので、声優好きは見てほしい。あとセレブ属性のらぁらはイケメンすぎる。

以下は『アイドルタイム・プリパラ』である。

■7話「そふぃがやってクール!」

『けものフレンズ』のシナリオ周りをサポートしていた田辺茂範さんの初『プリパラ』脚本回。「プリパラの宣伝番組を任されたらぁら達はそふぃに応援を頼み、神アイドルの力でプリパラを盛り上げようとするのだが、当日やってきたのはそふぃではなくハシビロコウで、場を繋ぐために二人が奮闘する!というそふぃ様中心回らしいドタバタコメディで、テンポの良いシナリオ運びもあって一話の満足度が高いエピソードである。だが、それ以上に面白いのは「『けものフレンズ』にかかわっていた」という田辺氏が明らかにけものフレンズを意識して動物をガンガン登場させていること。「当時の空気感を知っていれば知っているほど面白い」という時事ネタではあるのだが、「何でも笑いの装置にする」は本作の売りなので……。

■13話「レッツゴー!パラ宿」

『アイドルタイム・プリパラ』最大の問題回。「パラ宿のプリパラに遊びに来たゆいとらぁら。しかし突如メカ姉ぇが現れ、自爆装置が起動。パラ宿のプリパラをメカ姉ぇの爆発から守るために、アイドル達はライブをすることに!」というあらすじからして全くよく分からない話なのだが、見ていても全くよく分からない。とりあえず言えることは雑にぶち込まれる爆発ネタは面白いということ、そして大人でもマニアックすぎてわからないネタを唐突にぶち込むのはやめてほしいということだ。気づいた瞬間、過呼吸になるぐらい笑った。

■27話「華園しゅうかでございます」

最後はなにはなくともしゅうか様、華園しゅうか様の本格参戦回である。まずサブタイトルからして『白鳥麗子でございます』のパロディだし、内容も金の力にものを言わせるしゅうか様の奇行っぷりがたまらない。ただ本格参戦回らしく、金持ちキャラと思わせつつ、やはりファンのことは大事にするし、後に語られる努力家気質な点はこの段階でも外れていないのが最高だ。「この子、面白い子だな」と思わせるには十分で、メイキングドラマのヴィーナスは完全に「バブル」という意味……。

というわけで、ギャグ回ばかりを10本もあげて書いてきたが、『プリパラ』は本筋も素晴らしいし劇場版は「映画館で流すから」と派手なライブパートが数多く存在している作品である。
全部で191話ぐらいあるので躊躇する人もいるだろうが、ぜひ見てほしい。
ところで劇場版のうち一本はソフト化されてないので見られない(『とびだすプリパラ』のこと)のだが、いつかソフト化されるのだろうか。エイベックスさん、頼みます。



Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター