Entries

貴方は何者にも縛られることなく『KING OF PRISM PRIDE the HERO』を見ればいいという話

『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』の滑り出しは前作が比較にならないほど好調のようで、既に二桁回視聴の次元へと突入しているファンとしては大変喜ばしい限りだが、その一方で「見ておいた方が楽しめる作品が多すぎる」「見てない作品が多いので自分が見て楽しめるか不安」という声を多く目にした。
なるほど。確かに『PRIDE the HERO』は監督を務めた菱田正和が「全てを込めた」と語っている通り、彼の携わってきた多くの作品の要素が70分の作品とは思えないほど無数に確認することが出来る。
クライマックスの流れは『オーロラドリーム』『ディアマイフューチャー』『レインボーライブ』のクライマックスを逆の順番で展開する(つまりシリーズを遡っていく)構成だし、登場するプリズムジャンプの中には『陰陽大戦記』の要素が盛り込まれている。ストリート系の衣装の一部は『魔神英雄伝ワタル』や『魔動王グランゾート』を彷彿とさせるものだし、観客達の中には菱田監督とは縁も深い『リルリルフェアリル』の五条桜監督似のキャラクターも紛れ込んでいる。
一条シンのプリズムショーに挑む直前のやりとりは明らかに『ラブライブ!』のパロディであり、正直上げ始めるとキリがない。自分のような二桁にようやく到達した程度の人間ですら網羅出来たとは思えない。それほど多くの菱田監督にまつわる要素が本作の中に詰め込まれている。
そうした「出し惜しみせずに自分の全てを叩き込んだ」としか形容できない作品だからこそ自分は「菱田正和の七連続ジャンプ」という表現を用いたわけだが、では本作を楽しむために『KING OF PRISM』以外の知識が必要かというと自分はこう答えるだろう。
「NOだ。貴方がプリズムショーが好きであり、あの物語の続きが気になるのであればまず間違いなく100%楽しむことが出来るだろう」と。

前述したように、本作には確かに菱田正和監督が携わった数多くの作品の要素が数多く見受けられる。
例えばプリズムキングカップの進行役の声優を務めた近藤隆は『オーロラドリーム』『ディアマイフューチャー』に登場した「ショウ」を演じた声優だ。ショウといえば無限ハグを我々の前で一番最初に披露した男子プリズムスタァであり、「『プリティーリズム最終章』と語る本作でショウを演じた近藤隆を連れてきた」という事実にファンとしてぐっと来たりもするわけだが、しかしこの要素を分かったからと言って物語の本筋である「誰がプリズムキングになるのか」「ストリート系の後継者争いの行く末は?」「オバレはどうなってしまうのか」には全く少しも関係ない。小ネタに過ぎないのである。
他の要素にしてもそうである。あくまで「知っていればより味わい深くなる」「笑える」という程度の小ネタであり、菱田監督が「本当に描きたかったもの」「今まで応援してくれた、そしてこれからも応援してくれるファンたちに見せたかったもの」はこれらの小ネタを理解出来なかったからといって色褪せることはない。なので安心して1000円札と500円玉と100円玉を握りしめて映画館に行ってほしい。男達がPRIDEを賭けてぶつかり合う中で誰がプリズムキングになるのかを、そして地球が一体何色なのかをその目で確認して欲しい。『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』はいつでもどんな人でも笑顔で映画館を後に出来る最高のエンターテイメントなのだから。

なお最初に見るのであれば最前列とまでは行かないまでも前寄りの席を確保することをお勧めする。
本作の最大の見せ場であるプリズムショーパートは、会場でステージを見上げる観客の視点に近づけるべく若干煽り気味のアングルになっている。そのため後ろの方の席だと映像と自分の姿勢が合致せずに「臨場感」という意味では少し物足りなさが残る。前の方の席であれば姿勢と映像が合致し、より迫力のあるプリズムショーを堪能することが出来るため、最初に見る場合は最前列ではなくていいものの出来る限り前の方の席で鑑賞していただきたい。きっと最高の体験ができるはずだ。

余談だが、自分はまだ応援上映会に参加できていない。
なぜなら「この映像は自分如きが応援していいものなのか?」という疑念を全く払しょくできておらず、どこから応援に参加していいのか全く読めないからだ。前作が応援上映会勢により新たな楽しみ方を開拓されていく事を受けて、菱田監督は「挑戦状」として本作で幾つか挑戦的な演出を行ったという。しかしながらその全てが「自分が声を発することで作品の大事な部分が壊れてしまうのではないか」という不安感を覚えるものであり、二桁回に突入しても未だに「応援」という形で作品に介入する事が出来ていない。なんだこれ。怖い。
そのうち参加すると思うが、応援上映会を世に広めた作品が本当にとんでもないものになって帰ってきた事に色々な思いを噛み締める次第である。

『KING OF PRISM PRIDE the HERO』は今世紀最高の煌めきを宿す破壊と再生の神話だ

昨年公開された『KING OF PRISM by PrettyRhythm』は「応援上映会」という特殊な上映会の人気と共にスマッシュヒットを飛ばし、ファンの応援も相成って昨年を代表する作品の一つとなった。6月10日に公開された『KING OF PRISM PRIDE The HERO』はそんな『by PrettyRhythm』の続編にしてプリティーリズムシリーズの最終章となる作品で、四年に一度男子プリズムスタァの頂点に立つプリズムキングを決めるための大会「プリズムキングカップ」の様子を描く。

前作の最後でエーデルローズを支える神浜コウジ・仁科カヅキ・速水ヒロの「Over The Rainbow」はプリズムキングカップ出場のために活動を無期限休止。その隙にエーデルローズとその代表・氷室聖を憎む法月仁総帥率いるシュワルツローズが更なる攻勢に出ることが予告されていたが、本作の冒頭で早くもそのエーデルローズを滅ぼすための一手が描かれる。
それはプリズムキングカップ優勝の有力候補である速水ヒロのネガティブキャンペーンと、彼が親友であるコウジから託され、二人の友情の象徴となっていた楽曲「pride」を取り上げるというもので絶体絶命の危機に追いやられる。エーデルローズそのものも法月総帥と結託し、エーデルローズごと自身と敵対する十王院カケルを排除しようとする十王院財閥常務の圧力により「プリズムキングカップで優勝者を出せなければメガバンクの融資は打ち切り」という危機の中にあり、速水ヒロもエーデルローズもどうしようもない状態に置かれていた……。
本作のテーマは一言でいえば破壊と再生の物語だ。
自分達が守ろうとしてきたもの、大切にしようと思っていたものを法月総帥率いるシュワルツローズ達に破壊され、奪われてしまった者達が最後に残ったものだけを支えに立ち上がり、自分の大切なものを再生し取り戻すまでの物語である。そのため前半の拠り所すらも木っ端微塵に破壊され、ボロボロになっていく姿は思わず目を背けてしまいたくなるほど痛々しい。特に速水ヒロはボロボロの状態でコウジに縋りつくも手痛く追い返され、両親のことすらもある事ない事を書かれ、プリズムショーを続ける事すらも諦めようとするなど、彼の幸せな頃を前作でさんざん見ているだけに非常に辛いものがあった。自分は速水ヒロをずっと応援してきた人間なので、ボロボロになっていく彼の姿は涙なしには見られなかった。
しかし徹底的に打ちのめされて、何もかもを一度は失いかけた彼だからこそ、氷室聖から託された「法月仁に煌めいていた事を思い出させてほしい」という願い、両親から受け取った強い愛情、そしてコウジからの想いをコアとして「プリズムスタァ・速水ヒロ」を一から組み上げ、走り出す姿に気が付いたら再び涙を流していた。「氷上のプリンス」と呼ばれチヤホヤされるだけだった彼が、今立派な王者の風格を携えたスタァになっていたのだ。泣かずにいられるか。

そうして迎えたプリズムキングカップ。「シュワルツローズによって審査員は買収され、観客はシュワルツローズの息のかかった存在が多い」という絶望的な状況であったが、プリズムスタァ達は怯むことなく自分達のプライドを賭けて戦いへと飛び込んでいく。
大和アレクサンダーは仁科カヅキとの再戦を望んだ。あれほど優勢だったにも関わらず「引き分け」に持ち込まれた事に苛立ちを覚えた彼は、「何者にも縛られない」「自由」というストリート系を「破壊」という行為をもって表現する。しかしストリート系の「自由」は本来そういうものではない。画一的な評価基準に縛られるのではなく、ただ自分があるがままに表現することそのものが「ストリート系」。それは「自分達が躍るに相応しいステージは自分達で作り出せばいい」ということ。
そのストリート系の神髄を「破壊されたステージの再創造」「破壊があるからこその創造」という形で表現した仁科カヅキによって大和アレクサンダーは救われる。自分の破壊をも含めて「ストリート系」というものを表現した仁科カヅキのプリズムショーに、彼はようやく「ストリート系のカリスマ」という名の後継者の姿を見出したのである。
仲間達の支えによりプリズムの煌めきの再生に成功した一条シン、そんな一条シンに触発されて法月仁の命令に背いて「自分の最高のプリズムショー」を行った如月ルヰを経て、残す戦いは速水ヒロのみ。「pride」を奪われ、使用すれば即敗北が決定するという状況の中、速水ヒロが歌ったのはやはり「pride」だった。
コウジとの友情の証であり、自身の象徴とも言える楽曲。かつては自身の虚像と共に待っていた楽曲を今度はコウジやカヅキというかけがえのない友の幻影と共に舞う。それは今の彼の全てが込められていると言っても過言ではない「最高のプリズムショー」だった。
そんな彼の想いに観客達もプリズムの女神も応える。
速水ヒロこそが正真正銘の「プリズムキング」なのだと。
正確な採点が下る前に見ていた観客達全員が勝者を確信している事や、如月ルヰの行動などは明らかに『オーロラドリーム』のオマージュで、戴冠からの一連の下りは『ディアマイフューチャー』を想起させる。会場にそびえたつ像一つ一つに明りがともっていく流れは『レインボーライブ』のプリズムショーを再生させた綾瀬なるを思い出させるが、なんにせよ「プリティーリズムシリーズの最終決戦で行われた事を全てこの速水ヒロのプリズムショーに集約させている」という詰め込み方をしたうえで「速水ヒロがプリズムキングに相応しい」という事を圧倒的な説得力をもった映像で1000%表現してくる点に「菱田正和」という監督の恐ろしさがある。
ストリート系同士の激しい戦いの後にも関わらず、コウジから与えられたマント、カヅキから託された剣、女神から授けられた王冠を身に纏い煌めきに満ちた姿での「朕はプリズムショーなり!」宣言は、「王」としての風格そのもの。プリズムショーを統べる王として、あらゆるプリズムショーの王道を征かんとする速水ヒロの姿はまさしく「プリズムキング」であった。

あまりにも至福にして極上、究極にして絶対と言える映像作品である。『by PrettyRhythm』と比べれば全体的なテンポは大人しくなっているものの、密度は倍以上になっているため体感時間は5分程度。TVシリーズの最終回のような展開が次々と繰り広げられていく様はそれだけで圧巻だが、それら全てに「ここにある意味」を持たせられている辺りがもはや狂気の沙汰。そこまでの事を行っていながら、ピリオド力は圧倒的に強く、そのあまりにも美しい幕の引き方には劇場が明るくなった時に拍手喝采が起きるのも納得の出来。まさに「監督・菱田正和の集大成」「菱田正和の七連続プリズムジャンプ」と表現するに相応しい作品である。
本作を見てしっかりと死に、安心して生まれて「僕、生まれた!」と叫んでほしい。

余談だが大和アレクサンダーの衣装が格好良すぎて直視できない。
名前が「アレクサンダー」なので、マケドニアというかアレクサンドロス大王をモチーフにするのは分かるのだが、それにしても格好良すぎる。アレクサンダーも前作以上に暴君として君臨しているので最高に格好良かった。カヅキ先輩といい、ストリート系プリズムスタァ達の衣装はどれも男の子心をくすぐるデザインで、なおかつバトルは少年漫画のそのノリなので好きな人は本当に見て欲しい……。

『Fate/Grand Order』星5ライダーは魔境だが女王と征服王は弱くないと言う話

先日Twitterで「『天魔御伽草子 鬼ヶ島』で入手出来るライダー坂田金時は星5の領域に両足を突っ込んでいるほど強いが、星5のライダー達は全員そんな金時よりも強い」と言う話をしていたところ、「確かにオジマンディアスとフランシス・ドレイクとケツァル・コアトルは強いが、女王メイヴとイスカンダルはそうでもないのでは?」と言う反応を頂いた。
確かに女王メイヴやイスカンダルはオジマンディアスやフランシス・ドレイク、ケツァル・コアトルのようなどんなパーティーに刺しても一定の役割をはたすような、単騎完結の性能を持つキャラクターではない事は間違いではない。しかしだからといって彼女達がケツァル・コアトルやオジマンディアスに劣るような性能であると断じるのは、キャラクターごとの強さが画一的に評価できるようなものではない本作においては些か単純かつ短絡的な判断であり、キャラクターごとの個性が見えるような能力デザインがされていることを無視した無粋すぎるお話である。
投入する戦局を選び、きちんと使いこなせるのならばどんなキャラクターでも活躍出来るのが『Fate/Grand Order』というゲームである。その「強い」という評価も戦局やパーティー編成に必ず左右される。簡単に「弱い」と断じられるものではないのだ。
そんなわけで女王メイヴとイスカンダルの名誉を挽回するために彼女達について書いておく。

■女王メイヴは男を手駒に取る

女王メイヴは敵味方問わず「男性」を対象にした時に無類の強さを発揮するライダーだ。その性能は「相手を男性に絞ったときのみ」と限定されたものではあるものの、男性であるのならば容赦なく上位に立てるその性能はマテリアルで記される「すべての男の恋人にして支配者」と呼ぶに相応しい代物だ。
特筆すべきは何と言っても幕間の物語を経てカリスマが変化した「女王の躾」だろう。
「Aランクのカリスマ相当の攻撃力バフを自分を含む全員に付与した後、味方の男性のみもう一度攻撃力バフを行う」このスキルは、スキルレベル10で40%の攻撃力バフを発生させる。「皇帝特権と同倍率の攻撃力バフを、男性限定とは言え確定で発生させる」というその性能は驚異的と言ってもいい。対象も「男性である」以上の指定はなく、スキルの再使用も最短5ターンと非常に使いやすい。なお女王の躾には中程度の回復も内蔵しているため、死ににくいのもバッファーとしては嬉しいところ。
黄金率(体)はダヴィンチが積んでいるものと同じ「弱体無効状態の付与+HP回復+NP加速」というもので、デバフを無効化しつつ放っておいてもNPが30獲得できるので宝具を打つ状態に持っていきやすい。速攻性はないがその分無駄になる部分が少ないスキルだ。
で、肝心の宝具はというと「男性特攻+弱体耐性ダウン」という何ともシンプルな性能である。男性特攻はエウリュアレや水着玉藻なども所有しているため、それほど珍しい能力ではないのだが、弱体耐性ダウンは非常に強力だ。というのも、メイヴの三つ目のスキル「魅惑の美声」が入りやすくなるからだ。魅惑の美声は異性(メイヴの場合は男性)を魅了状態にする。メイヴの宝具からスキルにつなげる事で、敵男性の動きを止めてしまえるのだ。男性限定とは言え使いみちはかなり多い。
なおメイヴの通常攻撃はEXのみヒット数に優れる性能である。そのためブレイブチェイン時のみ星出しもNP効率も飛躍的に向上するのだが、それ以外のときはヒット数が低いためかなり微妙な性能だ。しかし「ブレイブチェインを狙える時は狙い、そうでない時はメイヴのカードは無視していい」という見方もできる。
総じて「組む相手やぶつける相手を選ぶものの、ハマった時は無類の強さを誇る」というのが女王メイヴである。
パーティー編成や投入する局面で工夫すれば彼女はもっともっと輝ける。悪属性であることを活かして新宿のアーチャーと組ませれば双方の属性限定バフをかけあい「攻撃力60%アップ」という無法も手にできる彼女は弱いわけがないのだ。

■イスカンダルは宝具で全てを蹂躙する

征服王イスカンダルは『Fate/Grand Order』のサービス開始からずっと登場が待ち望まれていたものの、いざ登場してみると初期から実装されているサーヴァントとさほど変わらない性能であったために失望されたサーヴァントだった。素殴りの性能が高いわけでもなく宝具性能が飛び抜けて高いわけでもなく、かといってスキルがとにかく優秀というわけでもない。フランシス・ドレイクと比較すると雲泥の差で、「ドレイクがいるからいらない」とまで言われていたサーヴァントだった。
とはいえそれも昔の話。
現在のイスカンダルは宝具だけなら全サーヴァントでもトップクラスの威力を叩き出す強力なサーヴァントである。幕間の物語で宝具強化が行われたと同時に素殴り性能が向上し「高くない」から「普通」ぐらいまで改善された。宝具威力は宝具強化に伴い威力が大きく向上し、ドレイクよりもかなり上の威力を叩き出すようになった。また副次効果としてある軽度の防御デバフとクリティカル率ダウン(強化後から)が積まれており、おまけ程度の効果とは言えただ「強い」以外にも有用な効果があるのはとても嬉しい。特にクリティカル率ダウンは事故率を下げる意味でも優秀である。
育成の手間と編成でNP効率の問題を解決していく必要があるとはいえ、現在のイスカンダルは「ドレイクに宝具の威力で勝る分、回転率で劣る」という段階で落ち着いていることもあり悪くない性能である。欲を言えば軍略辺りをスキル強化でユニークスキルに変化していただきたいところだが、いずれにせよ現在の征服王を「弱い」と評するのは世迷い言と言ってもいいレベルの愚かな発言だと言えよう。

■なぜ弱いと言われがちなのか

前述したようにメイヴやイスカンダルは弱いわけではない。他のサーヴァントと比べても遜色ないほど優秀なサーヴァントである。
しかしなぜ「弱い」と言われるのかというと、対抗馬であるオジマンディアスやケツァルコアトルやフランシス・ドレイクが「汎用性の極めて高い性能を持っている」からだ。
オジマンディアスは不確定な分倍率が高くなっている皇帝特権を確定で発動させる「太陽神の加護」により凶悪な戦闘力を誇るし、ケツァルコアトルは攻撃力アップ+バスターアップ+クリティカル威力アップというクリティカルアタッカーとして欲しいものをすべて積んだ強力な性能を持つ。フランシス・ドレイクは自分で出した星を自分で吸って黄金率付きのクリティカルでNPを回収手宝具を何度も何度も撃つような気でも狂ったような回転率を誇る。
メイヴやイスカンダルは弱いわけではないのだが、この三騎は特にサポートを必要とせず自前のスキルだけで一つのことを高い完成度で成し遂げてしまうのだから強いに決まっているのだ。
加えてこのゲームのガチャにおける星5の排出率は1%とかなり低いこともある。
年二回しかない星5確定の福袋ガチャで引くにしても、せっかく引くのだから少しでも汎用性の高いものを求めるのはおかしなことではない。誰もが星5のライダーを複数揃えられるわけではない以上、尖った強さを持つ反面、汎用性では劣ってしまうサーヴァントを低く見てしまうのは当然のことだろう。
しかしながらそうやって一面だけで評価するのはよろしくない。結局は強みを見出し、その強さを引き出す運用の仕方次第なのである。

■結びに

何が強くて何が弱いのか。そんなことは編成の仕方と運用の仕方とユーザーの性格に起因するものであり、簡単に「弱い」などと評することは出来ない。「強い」にしても同じことだ。何事も結局は『人それぞれ』。それならば自分の好きなキャラクターの強さを見出し、そのサーヴァントが活躍できる環境を作り出してやる方に注力した方がただ「弱い」と批判しているよりも遥かに有意義な時間を送ることが出来るだろう。「弱い」と批判している人を全否定するような強さをガンガン出していって欲しい。自分も真似できるなら真似したいので是非よろしくお願いします。







Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター