Entries

『ゾイドワイルド』の登場で大変なことになった

いやはやとんでもないことになった。本業と副業、同人誌の執筆活動の傍ら帝都を駆けずり回り、歴戦王を機械的に処理し、プリ☆チャンアイドルとしてライブしてみた動画を配信したりと多忙な日々を送っていた中で、信頼できる筋から飛び込んできたのである。「昨日出たゾイドがヤバイぞ」と言う情報が。
「ヤバイ」と聞いたら触れざるを得ないのが我が悪癖であり、自他ともに認める「良く言えば好奇心旺盛、悪く言えば節操がない」と称される人間である。そんな人間が「いつもの店の玩具売り場に行けば完売さえしていなければ触れられるもの」に対して手を出さずにいられるだろうか。いやいられまい。その情報を傍から見てもゾイド好きだと分かる人間からもたらされたのならば、動かざるをえまい。幸い金は(沖田ちゃんが250連ぐらいで済んだので)ある。公式サイトを見る限り強いて言うならカブトムシ型ゾイドとサソリ型ゾイドが欲しいが、まあ手に入れば何でも良い。12年ぶりの『ゾイド』の復活なのだからこの祭りに参加できるだけで満足だ。贅沢は言うまい。そもそもゴリラが無いので、ゴリラが出た時に全力を出せばよいのだ。
そんなわけで玩具売り場に行ったわけであるが一日経過したこともあって見事に売り場は壊滅状態であった。
「ゾイドが……完売……? マジで……?」と目の前で起きている事象の現実味のなさと、それはそれとして欲しいものが買えない可能性による不安感。その二つの間を揺れ動きながら玩具売り場を物色していたところ、わずかに残っていたスコーピオだけを見つけて購入(翌日いてもたってもいられずに亀と鰐とカブトムシも買う)。自宅ですぐに組み始めたのであるが、触っていてまず感じたのは「タカラトミーアーツはとんでもないものを作ってくれた……」という恐怖であった。
今回展開されている『ゾイドワイルド』は設定変更により「発掘された素体に外装を貼り付けていくことで完成する機械生命体」という存在になっている。「機械生命体」という点は同じだが、今作のゾイドは我々の世界でいう恐竜等と同じ存在なのである。そうした存在であることを反映させたのか、今作のゾイドはキットにおいても「復元の書を見ながら、発掘されたパーツを組み合わせてゾイドを組み立てていく」という解釈がとられている。したがってランナーは一枚もない。箱に入っているのは動力部と各種パーツを封入した「発掘パックA」などと印字された袋と「復元の書」と書かれた組立説明書ぐらいである。簡素すぎる。
「ランナーが無い」と言うことはパーツごとの番号すら振られていないと言うことなので「どうかな?」と思ったのだが、組んでみるとこれがたまらなく面白い。なにせ各種パーツは「発掘されたパーツ」である。過去の遺物にわざわざ番号なんて振っているわけがない。「このパーツは前足のパーツですよ」なんて書かれているわけもない。したがってユーザーは復元の書に描かれたパーツと実際のパーツを見比べながら、ゾイドを復元していく。
「このパーツはどこのパーツだ?」と考えながら組んでいくことになるのだから楽しいに決まっている。パーツを探すこともまた本作が提示する「復元」という遊びである。「きっとこのパーツはこう使うのだろう」と考えていたものが全く違う使い方をされていたりと裏切りがあったりするのも良い。これは面倒くさい作業も演出一つで楽しい遊びになることの証明であろう。タカラトミーアーツ最高か。
では肝心の出来はどうかというと、かなり良い。「ランナーから切り離す際にどうしても生じるゲート跡の処理すら必要ないので、誰が組んでも一定のものが組みあがる」と言うのは予想できるわけだがプロポーションそのものも悪くないし、動力部を起動させて動かしたときのあのガシガシ動く感じは自分の手で復元したからこその大きな感動がある。また今回のゾイドから採用された必殺技も「ここがこういう動きをするのか!」と驚かされるトンデモギミックばかり。自分のように精神年齢九歳の人間は「すげー!」と声をあげたくなるだろう。見事なまでの「再生」である。夏からアニメが始まるが、この調子でアイアンコングに相当するゴリラ枠も早く出してほしい。ゾイドといえばゴリラ、ゴリラといえばゾイドである。今年は『ランペイジ』も公開された。ゴリラよ、早くゾイドワイルドの世界にも戻ってきておくれ。

ところでここ最近のタカラトミーアーツの活躍っぷりには目を見張るものがある。
2020年に『プリティーリズム・ミニスカート』から10年経つことを受けてクロスオーバープロジェクト『プリティーオールフレンズ』がスタートしているし、『KING OF PRISM』は来年にはテレビシリーズの放送が行われ、『キラッとプリ☆チャン』も現在展開中である。男児向けにしても『ドライブヘッド』『シンカリオン』『ベイブレードバースト』『デュエルマスターズ』等が展開されており、男児からの支持は厚い。子供の心に刺さる作品をいくつも同時に展開しているのはそれだけで凄いことだし、誇っていいことであるが、最近覚えたらしきネクロマンス芸にしてもタカラトミーアーツは凄い。ベイブレードやゾイドを見れば「新規IPの立ち上げ時以上に注意を払っている」と言うことが分かる。「子供がそれに触れてどう思うのか。またはどう感じてほしいのか」を基盤とした演出の数々を見ていると応援したくなる。頑張ってほしい。

でもたまには「ワープする流し素麺」のような気の狂った玩具を出してほしい。
ああいう狂気もまたタカラトミーアーツらしいと思うので。



『キラッとプリ☆チャン』ライバルを立てるライブのご褒美化と白鳥アンジュの強者演出について

プリティーシリーズにおける1クール目終盤は心中穏やかではない展開が多い。
『プリティーリズム・レインボーライブ』は対立していたエーデルローズの三人に圧倒的な格の違いを見せつけられる展開だったし、『プリパラ』では北条そふぃが自らを閉じ込めていた檻を壊してチーム結成を果たす、そらみスマイルとアロマゲドンがドリームチームを結成する、神アイドルグランプリ開催と「一年間の最初の節目」となるイベントがあった。事実上の「プリパラ完結編」であった『アイドルタイム・プリパラ』ではパパラ宿初の大会として「アイドルタイムグランプリ」と前作の舞台「パラ宿」への旅行があったわけだが、シリーズ最新作となる『キラッとプリ☆チャン』では「今シーズン最も輝いているプリ☆チャンアイドルを決める大会でメルティックスターと戦う」という大きなイベントが待っていた。
元々ミラクル☆キラッツはメルティックスターの赤城あんなに認めさせるためにプリ☆チャンアイドルになったので、メルティックスターと戦うイベントが1クール目のクライマックスになることは当初から予想されていた。メルティックスターが「復活する」というだけで「いいね!」が集まってライブが出来るほどの超人気プリ☆チャンアイドルであるとは流石に予想してなかったが、「赤城あんなに認めさせること」を考えるのなら「ミラクル☆キラッツとメルティックスターの戦い」は絶対に描かなくてはいけないイベントだろう。まさか三部作構成であるとは予想もしていなかったが。
最終的な決着は来週を見てみなければ何とも言えないことなのでひとまず保留としておくが、今回のプリスペ三部作を見ていて思うのは、『キラッとプリ☆チャン』はメルティックスター以外のプリ☆チャンアイドル達もしっかりとミラクル☆キラッツのライバルをしており、そんなライバル達とのフォロチケ交換が互いの健闘を称え合う儀式になっていてとても気持ちがいいな、と言うことである。
『プリティーリズム』や『プリパラ』は作劇の上でどれだけ「このキャラクターは強いですよ」「格が高いキャラクターですよ」と描いていてもCGでのライブが行われないために、メインキャラクター以外のキャラクターの格が伝わりにくい部分があった。
『キラッとプリ☆チャン』はその点を鑑みたのか、ライブそのものを「ご褒美」と位置付けることによって「メインキャラクター達も真面目に課題に取り組んでいいね!を集めないとライブをすることが出来ない」という状況を作りだしており、メインキャラクターとCGでのライブが出来ないキャラクター達との格差を是正する事に成功している。
その辺りの工夫により面白くなったのが前話で、「再生数が多い動画を模倣する」と言うやり方を取ったチームでたとこ勝負との接戦はライブの位置づけを「頑張ったご褒美」に変更していなければ演出できなかったことだろう。そして作劇面できちんと「ライバルとの戦い」をやっていたからこそ「フォロチケ交換」に「相手の健闘を称え合う」という爽やかさがあったと思うのだ。

そしてキラプリ三部作第二幕となる今週放送分についてだが、白鳥アンジュの描き方が素晴らしかった。
「予選を突破した新進気鋭のミラクル☆キラッツと復活を遂げて今勢いのあるメルティックスター」という対立軸をAパートで丁寧かつ減価償却気味に見せた後でゲストとして登場する白鳥アンジュの「トッププリ☆チャンアイドルとしての貫禄」。着用していたコーデが大会の賞品になるだけのことはある。「素晴らしい強者演出」だ。
そもそも復活会見が全世界規模で配信されていたメルティックスターの後とはいえ、彼女の「全人類のアイドル」と言う異名はあまりにも盛りすぎである。歩くだけで空間がキラキラと輝きだすのはもはや異能か何かであり、「ステージに立つだけで星の巡りすらも操作してしまう」に至っては神か何かだろうか。神アイドルやゴッドアイドルは前作までで散々見てきたわけだが、やはり「 トップアイドル」と称される存在であればこれぐらいできて当然ということなのかもしれない。らぁら達も奇跡で世界(プリパラ)を変えてきたわけであるし……。
何にしても「ミラクル☆キラッツはおろかメルティックスターよりも実力がある」という事がとてもよく分かる白鳥アンジュの演出だったが、こうした演出のおかげで「メルティックスターを超えてもまだ先がある」と言うことが分かるのは大事なところだろう。加えて「メルティックスターとミラクルキラッツの実力差は白鳥アンジュクラスから見れば大した差ではない」と言うことが伝わってくる。
一人のキャラクターを強者として立てるだけで、ここまで続きを期待させる話になるのかと唸らされるわけだが、こうした「次の目標の存在を早めに出しておく」というのも一年間放送される作品ならではの醍醐味と言えば醍醐味である。目標がガンガン更新される事で彼女たちの成長が分かるのだから。
しかしあそこまでの存在であると「白鳥アンジュのところまで辿り着けるのかどうか」。そして何をもって超えたとするのか気になるところ。

それにしても今週の引きはなかなか強烈だった。まさか桃山みらいが本番直前にいなくなるとは。
「普段は引っ込み思案だけれど、頑張らなければいけない時は絶対に逃げない」と言うのが彼女の良さであると認識していたのだが……。まだ逃げたと確定したわけではないし、次回予告を見る限りではあの行動にも意味があるようだ。何にしても、来週、来週の放送分を見て判断していきたい。




『プリパラ』と『キラッとプリチャン』に出ているアイドルアニメ出演声優をまとめてみる試み(適宜更新)

『プリティーリズム・ミニスカート』から始まったプリティーシリーズも今年7月で八周年を迎える。
アニメシリーズは『プリティーリズム・オーロラドリーム』『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』『プリティーリズム・レインボーライブ』のプリティーリズム三部作を経て、『プリパラ』『アイドルタイム・プリパラ』で確固たる地位を確立。現在は第三弾プロジェクトとして『キラっとプリ☆チャン』が展開中である。
自分はそんなプリティーシリーズのファンを長く続けている人間なのだが、ある日『プリパラ』を見返している時にふと思った。「このアニメ、主要なアイドルアニメに出演している声優が多すぎやしないか」「殆どアイドルアニメ出演声優のスパロボ、あるいはアベンジャーズ状態なのでは」と。
そんなわけで『プリパラ』『キラッとプリ☆チャン』までに出演したプリティーシリーズ以外のアイドルアニメに出演していた声優を可能な限りリスト化しておくこととする。完全に趣味の産物なので、気が向いたら『プリティーリズム』も追加していきたい。

■シリーズを通して出演
めが姉ぇ(伊藤かな恵-『アイカツ!』栗栖ここね、『ラブライブ!サンシャイン!!』高海美渡)

■プリパラ
南みれぃ(芹澤優-『アイドル事変』清水由奈)
黒須あろま(牧野由依-『アイドルマスターシンデレラガールズ』佐久間まゆ)
白玉みかん(渡部優衣-『アイドルマスターミリオンライブ!』横山奈緒、『ミリオンドール』ももな)
ファルル、ちゃん子(赤﨑千夏-『アイドルマスターシンデレラガールズ』日野茜、『アイドル事変』小水流ミカ)
真中のん(田中美海-『Wake up,Girls!』片山実波)
太陽ペッパー(山下七海-『Wake up,Girls!』久海菜々美、『アイドルマスターシンデレラガールズ』大槻唯
北条コスモ(山本希望-『アイドルマスターシンデレラガールズ』城ヶ崎莉嘉、『Wake up,Girls!』鈴木萌歌、『アイドル事変』闇†林檎様)
黄木あじみ、ジュルル、ジュリィ(上田麗奈-『アイカツスターズ!』白銀リリィ、『アイドル事変』近堂幸恵、『Wake up,Girls!』高科里佳。『アイドルマスターミリオンライブ!』にも出演しているが、担当キャラクターの高坂海美はアニメに出ていない)
ウサギ、安藤(寺島拓篤-『アイドルマスターside M』天ヶ瀬冬馬、『うたの☆プリンスさまっ♪』一十木音也、
ハム先輩(古川慎-『アイドルマスターside M』アスラン=ベルゼビュートII世)
ウサチャ(諸星すみれ-『アイカツ!』星宮いちご)
赤井めが兄ぃ(諏訪部順一-『うたの☆プリンスさまっ♪』神宮寺レン)
栄子(ブリドカットセーラ恵美-『アイドル事変』竜石堂ちなつ)
ななみ、なお(南條愛乃-『ラブライブ!』絢瀬絵里)
定子(楠田亜衣奈-『ラブライブ!』東條希)
香織(古賀葵-『アイカツスターズ!』芦田有莉等)

その他としてアシカ船頭などに武内駿輔、みるく&あんこに夏川椎菜と安野希世乃、new mewに高橋未奈美、セレブリティー4をミルキィホームズの四人が演じるなど、モブキャラ辺りを含めるととにかく声優が多いので毎回誰かがアイドルアニメ出演声優状態になっていたりする。あと丹下桜も高橋李依も出演。

■アイドルタイム・プリパラ
夢川ゆい(伊達朱里沙-『アイドルマスターシンデレラガールズ』難波笑美)
ガァララ・ス・リープ(黒沢ともよ-『アイドルマスターシンデレラガールズ』赤城みりあ、『アイカツ!』有栖川おとめ)
高瀬コヨイ(土田玲央-『あんさんぶるスターズ!』朱桜司)
ちあ子(相良茉優-『アイドルメモリーズ』梶原未来)
音美(奥野香耶-『Wake Up, Girls!』菊間夏夜)
奏(永野愛理-『Wake Up, Girls!』林田藍里)

■キラッとプリ☆チャン
桃山みらい(林鼓子-『Wake Up, Girls! 新章』速志歩)
青葉りんか(厚木那奈美-『Wake Up, Girls!!新章』阿津木いつか)
青葉ユヅル(豊永利行-『アイカツ!』涼川直人、『MARGINAL#4 KISSから創造るBig Bang』牧島シャイ)
えもママ(松嵜麗-『アイドルマスターシンデレラガールズ』諸星きらり)
みらいママ(浅野真澄-『ラブライブ!』穂乃果の母、『アイカツ!』羽柴サキ)

全話の精査はまだ出来てないが、今週放送分で『アイドルマスターシンデレラガールズ』の市原仁奈役の久野美咲や『アイドルマスターミリオンライブ!』の白石紬役の南早紀が出演しているのは確認済み。



改めてまとめていくと『れい&ゆいの文化放送ホームランラジオ!』関連の人間が意外と参戦していたり、『アイドル事変』関係者が多かったりと興味深いデータがポロポロ出てくるなぁ。プリティーリズムには原紗友里もいるので、きちんとまとめるとかなり面白いかも。再視聴が終わったらまた色々と追加していきます(なおキンプリまで精査できるかどうかはわからない模様)



Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター