Entries

『スパイダーマン:ホームカミング』『劇場版仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』『ベイビードライバー』見た映画の雑感

昨年夏は『シンゴジラ』『君の名は。』など素晴らしい作品が多かったが、今年の夏公開された映画も昨年に負けず劣らず素晴らしい映画ばかりだ。というか個人的な期待作が多すぎる。
夏コミの原稿を脱稿してからというもの、それらの期待作をリスト化した「映画館で見ておきたい映画のリスト」を少しでも消化するために、ほぼ毎週のように映画館へと足を運んでいるが、そのリストを未だに消化し終えていない。それどころか「あの映画、面白かったよ」と言われれば「そうか」とリストにそのタイトルを書き加えるため肥大化する一方である。さすがに「一本消化したところ二本見たい映画が追加される」というサイクルは先日脱したものの、このリストに記された映画を全て映画館で見る事については既に諦めている。無理だ。そんな時間ねぇよ。この後『KING OF PRISM PRIDE the HERO』のお手本上映会と『劇場版プリパラ』のアンコール上映が始まるのに。
閑話休題。
それはさておき、情報が公開されて以来「何としてでも映画館で見なければならない」と思っていた『スパイダーマン:ホームカミング』『劇場版仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』『ベイビー・ドライバー』の三本を先日すべて見ることが出来たので感想を書いておく。

■スパイダーマン:ホームカミング

『キャプテン・アメリカ:シビルウォー』からマーベル・シネマティック・ユニバースに合流したスパイダーマンの単独映画。『キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー』の視聴をある程度前提としているのでスピンオフのような趣きがあるけれど、物語としては一応単独でも成立している。
物語としてはアイアンマンからスーツを託されたピーター・パーカーが様々な間違いをきっかけに、「スーツがあるから自分はヒーローである」ではなく「自分はヒーローだからスーツを身に纏うのだ」という結論を出し、「親愛なる隣人」へと成長を遂げる!というもの。「マーベル・シネマティック・ユニバース内におけるスパイダーマンのオリジン」と言っていいものなのだが、原作からある省略の仕方と「マーベル・シネマティック・ユニバースに組み込まれたからこその物語展開」が面白い。
まずピーターがスパイダーマンの力を得る過程は省略されているし、それにともなってサムライミ版でも『アメイジング』でも描かれたベン・パーカーの「大いなる力には大いなる責任が伴う」という台詞もカット。そのため本作のスパイダーマンは「父親的存在の影響を受けてこなかった未熟な少年」の要素が強く出ていて、優秀ではあるものの背伸びをすることに躍起になって様々な失敗をやらかす。その結果、自分を認めてくれていたアイアンマンからも失望されてスーツも失ってしまうのだが、そこで自分を見つめ直すことで「自分の身の丈にあったことをやる」というヒーローへと成長。「世界を守るアベンジャーズの一員」ではなく「親愛なる隣人」になるのは見事。スーツに依存していたことがあるアイアンマンがスパイダーマンにスーツへの依存を説く流れも良く、マーベル・シネマティック・ユニバースの物語の厚みを感じさせる良い映画だった。
なお今回のヴィランであるバルチャーだが、何というか「父親」としてよかった。「家族を守らなければならない父親」として腹いせ混じりではあるものの仕方なく「バルチャー」になっていた男。同情できる部分があまりにも多すぎるので、死ななくて本当に良かった。

■劇場版仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング

先日TVシリーズも完結を迎えた『仮面ライダーエグゼイド』の単独映画。物語時系列上は一番最後に当たるエピソードではあるが、この情報は最終回放送終了後まで伏せられていたのでTVシリーズの最終回を見て無くても問題ないが、最終回を見てから見に行くとこの作品が「トゥルーエンディング」と名付けられていることの意味がわかるはず。
物語は新種のバグスターウイルスを撒き散らす忍者軍団を率いる仮面ライダー風魔が聖都大学付属病院を襲撃し、鏡飛彩や花家大我、そして研修医時代に永夢が出会った小児脳腫瘍患者の星まどかが意識不明になった事から幕を開ける。黎斗神や貴利矢の活躍により風魔を雇うマキナビジョンの社長がVR空間に天国を作り出すために現実世界の崩壊させて人々を絶望させることをもくろんでいることを知った永夢は黎斗神の協力を得て敵のVR空間に侵入するのだが、そこに広がっていたのは誰も予想だにしない世界だった!という話なのだが、良かったのは永夢が医者として成長を遂げるために大切なピースを丁寧に描いてくれたことと、「子供と向き合う大人(医者や親も含む)はどうあるべきなのか」を描いてくれたことだろう。
特に後者の「子供と向き合う大人(医者や親も含む)はどうあるべきなのか」を描いてくれたことは本当によかった。仮面ライダー風魔は例え手術したとしても先に続く少女の未来に悲観して今回の事件を引き起こしたわけだが、永夢やドクター達はそれでも「希望があれば生きていける」と綺麗事を語り続ける。その綺麗事は現実を悲観している人間にとっては腹立たしい事にほかならないのだが、しかし子供と誰よりも近くで接する親や、病気で苦しむ子供に傍に立つ医者が誰よりも「子供の未来」という希望を信じて、「大丈夫だよ。きっと良くなるよ」と叫ばなくては誰が叫ぶのか。そんな綺麗事を叫び続けることを「大人の義務だろ!」と言い切る永夢は本当に格好良かったし、子供と一緒に見に来た親にも刺さるだろういいセリフだった。

■ベイビー・ドライバー

『ホット・ファズ』『ワールズ・エンド』のエドガー・ライト監督最新作。日本公開が決まった時点でエドガー・ライト監督のファンとしてはもうエンジン全開で見に行くしかなかったわけだが、作品の感想に入る前に声を大にして言いたいことが二つある。
一つ目は「この作品は音響設備に優れた映画館で見た方がいい」ということ。この作品は音楽を含む「音」というものに強いこだわりを持っているので、出来る限り音響設備に優れた映画館で見たほうが良い。後日、家で見るのもありだが、ベイビーの気持ちに寄り添った作品なので細かい機敏を感じ取るためにも映画館で見て欲しい。そして二つ目だが、この作品は大傑作だ。後から見て映画館で見なかったことを後悔するぐらいなら、二時間の時間を無理やりこじ開けて車を飛ばして映画館で見た方がいい。
主人公・ベイビーはその天才的なドライビングテクニックを裏社会のボスに見込まれ、犯罪者達を逃がすゲッタウェイドライバーとして活躍している。ある日、常連の店で出会ったウェイトレスのデボラに恋をしたベイビーは、裏社会から逃げ出す決意を固める。しかし逃げ出そうとしていることを所属する組織に感づかれてしまい……というのが大まかな粗筋なのだが、何が最高だったかと言われれば「音楽を聞くことで交通事故の後遺症である耳鳴りが止み、天才的なドライビングテクニックを発揮する」というベイビーの設定をあらゆる場所で反映していることだ。ベイビーは音楽を聞いている時に全身を使って表現する。ダンスを踊ることもあるし、ドラムの音に合わせてテーブルを叩くこともある。それは運転中でも変わらない。ベイビーの運転はドリフトの時のタイヤの音ですら音楽にノッている。追いかけてくる者達を撒くために車同士を激突させることもあるが、その激突音ですら彼の音楽の一部に組み込まれている。特にクライマックスとなるクイーンの「ブライトン・ロック」は最高だ。予想もしない使われ方をしているのでぜひ見て欲しいのだが、物語そのものも完璧と言っていい。
エドガー・ライト監督の作品ではしばしば「因果応報」と言わんばかりに「やったことの責任を取らされる」という展開がある。『ホット・ファズ』では主人公たち警察官が派手なガンアクションやカーチェイスを繰り広げた後は始末書を書かされているし、『ショーン・オブ・ザ・デッド』では「とにかくパブ」をやりすぎたショーンは恋人から振られているわけで、やったことの責任は必ず自分が取らされている。『ベイビードライバー』も同じで、ベイビーは仕方がない事とは言え「犯罪者を逃がす」という形で犯罪に加担し続けていた事で裏社会から簡単に抜けさせてもらえない。そしてどうしようもなくなって力技で逃げようとしたところ、彼はデボラ以外の存在を全て失っていく。この失っていく過程がとても辛い。幸せな時間を様々な音楽とともに見ているだけに、ベイビーが一つまた一つと大切なものを失っていくたびに身を削ぎ落とされるような感覚を覚える。その感覚が辛くて怖い。ベイビーが何もかもを失ってしまいそうだった。
しかしエドガー・ライトは何だかんだでエンターテイメントに徹する監督である。ベイビーは因果応報的にあらゆるものを失っていくが、しかし積み上げてきたものが無駄になるわけではない。これだけハードな作品なのに、積み上げてきたものがハッピーエンドをもたらすのだから、エドガー・ライトは本当に凄い。なんだよ!普段はボンクラ映画ばっかり撮ってるのに今回は万人に勧められる傑作じゃん!!!



ところで『ワンダーウーマン』をまだ見てないのでそのうち見に行きます。
『ダンケルク』はどうするかなぁ。映画館で見る予告が全然面白そうに見えないんだよなー。





『ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲』ようやく提出された最後の宿題

2013年10月から2014年3月末にかけて放送された『ガンダムビルドファイターズ』は、ガンダムのプラモデル――ガンプラで行う架空の競技「ガンプラバトル」に真剣に取り組むファイター達の熱いバトルと、ガンプラもガンダムも大好きな少年イオリ・セイと異世界からやってきた少年レイジの友情が魅力的な作品だった。最終回のレイジとの再戦の約束を胸に世界大会へと挑むイオリ・セイの姿は「二人がまたいつか出会う」という事を予感させるものであり、「いつかこの二人の戦いが描かれることを」と願ってやまない幕引きであったが、イオリ・セイとレイジの再戦は続編となる『ガンダムビルドファイターズトライ』の中でもついぞ描かれることはなく、時系列上最も未来にあたる『ガンダムビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズ』においても二人が再会しているような描写はされているものの、直接的な戦いは描かれてこなかった。
そんな『ガンダムビルドファイターズ』の最後に残していた「宿題」を四年の年月を経てようやく片づけたのが先日公開された『ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲』なのだが……見終えた時に心に過ぎったのは「ちょっと勿体無いな」ということだった。
物語そのものは「ヤジマスタジアム竣工披露式典で行われる最新鋭の大型バトルシステムを使ったエキシビション・バトルへ参加するためにニルス・ニールセンに集められたセイ達。しかしスタジアムはGM=ガンプラマフィアに乗っ取られており、脱出することも出来ない。セイ達はスタジアムを取り戻すためにガンプラマフィア達と戦うのだが……という同窓会+バトルといった構成。ホビーアニメなら王道とも言える展開でもちょっと冷めた目で眺める作風も健在で、「ベタなもの」としてキャラクター達が認識しつつもそのベタな文脈にあえて乗っかっていく事で熱さが生まれている点も相変わらず面白い。「私は他の奴らとは違う。ともに水陸両用のガンプラ、さあ水の中で戦おうか」というガンプラマフィアの明らかな罠も「騙されるかバカ!」と切れ味鋭く突っ込んでいる点も良く、『Vガンダム』のネネカ隊よろしくな敵の誘惑を振り切る際のやり方は「ガンプラ心形流、ろくでもない奴しかいないのでは」と思ってしまうようなものであったが「らしさ」があった。
特に実質的なボスを努めたサイコジムは明らかに『伝説巨神イデオン』を意識したものであるのが素晴らしい。「ガンダムでイデオン」といえば『機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス』であるが、この作品そのものがお祭り企画とはいえ「長谷川裕一を引用する」というのにはクラクラする。同時に「『逆襲のGM』ではなく『GMの逆襲』だったのも『逆襲のギガンティス』のことを読まれないようにするための配慮なのではないか?」疑惑も立ち上がってくるが、ともあれレイジの登場からの二人での大逆転に『トライ』への接続を意識した見事なパスなど『ガンダムビルドファイターズ』の事実上のエピローグとして非常によく出来ている。よく出来ているのだが、やはり「物足りなさ」が残る。というのも、「やり残していた宿題をやった」以上のものがこれと言って見当たらなかったからだ。
確かにレイジとセイの再戦は見たかったものだし、そこに関しては満点なのだが、しかしそこ以外はどうかというと見どころが本当に少ない。
「世界大会決勝戦に進めるほどの猛者達の前ではガンプラマフィアはそんなに強いものではない」という実力差を差し引いても、ガンプラそのものはパワーアップしているのにその活躍は本当にわずかなものだし、三代目メイジンのアメイジングズゴックに至っては「ジュアッグ、アッグ、アッグガイ、ゾゴックの機能を集約している」と言う設定にもかかわらず使用されたのは非常に少ないものだった。
勿体無いのである。『バトローグ』までとは行かないまでも、もうちょっとギミックを見せてほしかった……。三代目メイジンだから原作リスペクトが過ぎて頭の悪い機能を積んでいるとかあるはずなのに。あ、フェニーチェリベルタが単騎でバイクに変形して走るのは本当に最高でした。思えばアレが『Vガンダム』ネタへの布石だったのだろうか。それとサイコジムも、今だと「サイコガンダム+ジム」と「サイコザクのジム版」の二重の意味にも取れて面白かったです。

『ガンダムビルドファイターズ』が終わった時に思ったのは「こういう作品を一年に一本程度でいいから作り続けて欲しい」ということだったし、『ガンダムビルドファイターズトライ』で一区切りと言われた時にはちょっとがっかりした気持ちがあった。しかし何だかんだ言いながらも昨年は『アイランドウォーズ』が制作・放送され、今年は『バトローグ』と『GMの逆襲』がネット配信とは言え配信されていることは、その事実だけで賞賛に値する。絶えた炎を点けるのは難しいように、一度止まったシリーズを再開するのは難しい以上、どんな形であっても続けていく事が大事であり、だからこそ今があるのだと思う。
今回はひとまずアメイジングズゴックを買う程度で終わりだろうが、また来年も見てみたいものである。あ、今度は無印でもトライでもない、完全新シリーズだと嬉しいです。どうかよろしくお願いします、バンダイナムコ様。


オオサカ・プのプリパラサマーライブに参加した話

チケットが届いた女の子なら誰でも行くことが出来る夢のテーマパーク「プリパラ」。そんなプリパラで開催されるというイベント『プリパラサマーライブツアー2017』のチケットを入手する事に成功(=BD-BOXを買った)したので8月20日のオオサカ・プ公演夜に参加してきたのだが、素晴らしいライブイベントだった。
ファミリー席が存在することもあり公演時間そのものは二時間ほど。ライブイベントとしてはやや短めではあるが、代わりにMCの時間を極力削って楽曲を詰め込むだけ詰め込んでいる。そのおかげでこれまでのライブイベントでもそんなにやっていないような楽曲も取り上げられており、今回のサマーライブツアーが初出となる楽曲の存在も合わさって物足りなさを全く感じさせない。
らぁらデビュー一周年記念イベント以外は全て行っている人間として、「行ってよかった」と純粋に思えるほどとても満足感のあるイベントだったのだが、今回特によかったのは「プリパラTVで放送された二時間特番の音楽番組」という趣きがあったことだろう。
『プリパラ』のライブイベントは公演開始前のアナウンスをプリパラを滞りなく運営するために無数に存在する赤井めが姉ぇがやっている事からも分かるように、「プリパラの中で行われているライブイベント」として演出されている。今回のライブでも観客達は全て「プリパラに来ているアイドル」として扱われており観客全員のコーデチェンジと共に開幕となるのだが、今回のライブは各コーナーごとの区切りが前回の『プリスマス2016』以上にはっきりしており、メリハリがついてライブ全体に「二時間の音楽番組」のような印象を残す。最後に全員で「アイドル:タイム!!」なのもグランドフィナーレ感があって最高だった。
特に中盤に設けられたプリパラバンドによるライブは『プリパラ』としても挑戦的な事であり、「いつもとは違ったものを」という意志が感じられるものでとても良いものだった。「いいぜ!」も飛び交っててあそこのコーナーだけ完全にダンプリだった。今回はキーボード+パーカッション+ギターと小規模編成だったが、いつかドラムなどもいれた生バンド編成を見てみたいものだ。
ここからはライブ全体の話ではなくキャストの話をしていこう。
二時間のライブ公演とは思えないほどキャストが多いので見どころはかなり多い。オープニングアクトで『アイドルタイム・プリパラ』のOP曲及び筐体曲二曲を歌ってくれたわーすた、座長としてもキャストとしても相変わらずの安定感を見せる真中らぁら役茜屋日海夏とそんな茜屋日海夏に頑張ってついていこうとする夢川ゆい役伊達朱里紗のキャラの関係性の投影感、虹原にのとして実にらしく盛り上げてみせた大地葉に「よくこんな逸材が今まで発見されてこなかったな」と震えたミーチル様役の山田唯菜などが軽く思い浮かぶが、「オオサカ・プ公演で」と言われるとやはりトリコロールだろう。
紫京院ひびき・ファルル・緑風ふわりの三人によって結成されたトリコロールは作中でも「圧倒的実力者」と描かれている通り、ライブ公演においてもパフォーマンスが圧倒的だ。なにせ大ベテランの斎賀みつきに同世代の中でも指折りの演技力を持つ赤﨑千夏がいるユニットである。そんな経験値豊富な二人にガッツとチャレンジ精神で食らいついていく佐藤あずさがいるユニットである。ダンスなどなくともステージの上でただ歌うだけで会場全体が飲まれてしまうのも当然のこと。今回も「Mon chouchou」でステージ上に釘付けに。そこから続けての「Neo Dimension Go!! 」は宝塚やミュージカルを意識した楽曲であることもあり、会場に入る観客たち全員をトリコロールの色で染め上げてみせた。
また楽曲の間は基本的にはキャラになりきっていることもあり、殆ど手を振ったりするようなことがない斎賀みつきが「Mon chouchou」で軽く手を振ってくれたりするだけで最高にテンションが上がる。テンションマックスだ。ひびき様は最高だ。
なお『アイドルタイム・プリパラ』でしか見られないものとして、「お米応援大使・夢川ゆいから5kgの米を五名様にプレゼントされる大抽選会がライブ中の一コーナーとして設けられている」ということを上げておきたい。
これまでも「『プリパラ』放送前特番をたまたま見ていた岡畑農園専務から直々の電話によりライブ会場で『プリパラ』のためだけに新商品の梅干しが開発され、ライブ会場で配布される」「なぜかその新商品がアップグレードされていく」「『プリパラ』の中に岡畑農園のマスコットキャラクター及び新商品が登場する」というエキセントリックな展開に定評がある『プリパラ』であったが、ついには「米の抽選会」である。しかも小さなサイズではなく「5kg」とそこそこのサイズ。作品的には何も間違っていないし、米をわざわざ用意してくれたJA全農には感謝したいが、それにしても普通では考えられない。そりゃゆいが携帯型炊飯器「タッキー」を持ち歩いていることをリスペクトして炊飯器を会場に持ち込むファンだっているわ(ただ持ち込んでいるだけで基本的に床に直置き。自分の見ている範囲では掲げてる人はいなかった。当たり前)。

最後に次のライブ公演として幕張メッセもといマクパリメッセでのクリスマスイベントの開催が告知され、大いに盛り上がって終わった『プリパラサマーライブツアー2017』。「オオサカ・プだけでも!」と言う思いでチケット確保に向かったが終わってみれば「行ってよかった」と思えるライブだった。マクパリまでまだ長いが、チケットは既に確保済みなのでゆっくりと待ちたい。

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター