Entries

ベストアニメ100の投票結果発表に寄せて

先日NHKがかねてから行っていた『ベスト・アニメ100』の結果発表が行われた。
結果は公式サイトでも確認できるように『TIGER&BUNNY』が一位に輝き、二位にはそんな『TIGER&BUNNY』の続編に当たる『劇場版 TIGER & BUNNY The Rising』が、三位には『魔法少女まどか☆マギカ』となった。ちなみに自分的には一押しの『少年ハリウッド』は74位だった。
もっとも、こういう結果が出たからと言って「何が自分にとっての一番か」は各々の自由であり、それは他者が否定する事の出来ない絶対的なものである事は紛れもない事実だ。なので、こういう結果が出たからといって自分の一位は否定されたわけではないし、自分にとっての一位と言える作品がない方にはせっかくの結果なのだし、この中から自分なりの「一位」を探してほしいところだが、それはそれとして十位までに入った作品はリアルタイムで大体見ているので、ベスト10に入った作品についてのアレコレを書きだしてみた。

■一位・二位・六位:TIGER&BUNNY

企業に所属しているヒーロー達の活動がショービジネスとして確立され、人気を博している都市シュテルンビルトを舞台に、10年以上最前線でヒーローを続けている中年ヒーローの虎徹と、両親を殺した相手を見つけるためにヒーローとなった青年バーナビーの活躍を描いた作品。デフォルメ化されたコミカルな芝居の楽しさと、決めるところはビシっと決めるアクセントの付け方がクールな作品だった。
タイバニには「実在する企業の名前がヒーロースーツにプリントされている」とかビジュアル面での良さや、次回予告のコミカルさ、虎徹とバーナビーの掛け合いの中で育まれる信頼関係とか色々と面白いところはあるけど、個人的にタイバニでもう一つ重要なのは「今はなきUstreamで全世界規模でリアルタイム放送されていた」と言うことだ。
『TIGER&BUNNY』が放送されていた30分は皆が『TIGER&BUNNY』を見ていた。テレビ放送で見ていた人もいたしUstreamで見ていた人もいた。媒体は違うけど皆が一緒に同じものを見て、その展開に一喜一憂していた。楽しんでいた。
なんというか『TIGER&BUNNY』のあの30分は「お祭り」だったんだと思う。毎週30分だけだけど、半年間も毎週楽しい時間を与えてくれていたお祭り。だからまあこういう作品が「投票結果で一位です」と言われると「そうだよな」という思いが先に出てくる。だって面白かったもの。あの半年間は最高に楽しかったもの。
続く劇場版も面白かった。『The Rising』はワイルドタイガーを始めとするベテランヒーロー達が今もなおヒーローであり続けられる理由――つまりヒーローの資格を描いた作品として最高だった。続編制作の話もあった気がするけど、どうなるのかなぁ。脚本家の西田さんが忙しそうだから当分先になりそうだけども……。

■三位:魔法少女まどか☆マギカ

「ハートフルな魔法少女物かと思いきや実はハードで凄惨な構図が横たわるSF物だった」という作品。「虚淵玄」という脚本家の名前を世に知らしめた作品の一つだけど、TVシリーズで素晴らしかったのはそのストーリー展開よりもむしろ「毎週一話づつ放送される」というTVアニメのフォーマットを最大限に活かしきった構図だと思う。
「毎週一話づつ放送される」ということは、少なくとも一週間はその内容について考察する余裕があるということなので、そうやって考察を深めれば深めるほど作品世界に没頭するし、エピソードも蓄積されていく。その作品世界への没頭とエピソードの蓄積が全て昇華されるからこそのカタルシスは絶大なものなることはTVシリーズの『魔法少女まどか☆マギカ』を見ていれば分かることだろう。正直こればかりは後追いでは絶対に楽しめない、リアルタイムだからこそ味わえる最高の楽しみ方の一つだと思う。
ところで『叛逆の物語』で続ける展開にしたのはわかりますけど、その後に続く話はまだなのだろうか。あの後の話がないと『叛逆の物語』は壮大な蛇足になると思うので、早く制作して欲しいところ。

■四位・五位・九位:ラブライブ!

廃校の危機にある母校を救うために立ち上がった九人の少女達のスクールアイドル活動の始まりから終わりまでを描き切った作品。なんというか『ラブライブ!』には無駄なものが一つもなかったように思う。京極尚彦監督の師匠譲りの情報整理能力高さから来るものだと思うが、無駄なエピソードは一つもなかった。細部にまで計算が行き届いていて、「何か凄い事をやっている」と放送当時も感じていた事を今でも覚えている。特に一期の三話はギリギリのところで成立している凄まじい映像だった。
『ラブライブ!』は天運にも恵まれた作品でもあった。二期放送開始直前の二月に行われたライブではまさかの大雪になり、交通機関は麻痺してしまったのだが、この時既に上がっていたという二期九話の脚本はまさに「大雪で交通機関が麻痺し、ライブまで間に合うかどうかわからない」というもので、リアルタイムで物語が更新され続けるアイドル物ならではの熱い展開があったりと熱い展開が『ラブライブ!』にはあった。
奇しくも一年前の4月1日にμ’sはファイナルライブを終えてしまったけれど、『ラブライブ!サンシャイン!!』で彼女達の栄光は未だに語り継がれているわけで。色んな意味で「愛を大切にした」作品だった。

■七位:コードギアス 反逆のルルーシュ

謎の女C.C.から「ギアス」という特殊能力を与えられた少年ルルーシュのブリタニアへの反逆の物語。様々な派生作品を生み出しながら、今もなお新作が作り続けられている辺り本当に根強い人気のある作品だと思う。
個人的な印象としては『まどか☆マギカ』と同じように「リアルタイムで毎週一話つづ見た時のほうが面白さは極上」という類の作品になる。一話ごとに何がしかの驚きの展開があるので、一気に見るとちょっと重い。ただ「毎週の楽しさ」と言う意味では極上。細かいところでは色々言いたいことはあるけども、オチのルルーシュが死ぬ事で全ての憎悪の連鎖を断ち切る展開といいエンターテイメント作品としては本当に最高の作品だった。
で、この後に『復活のルルーシュ』をやるそうなのだが、本来なら死んで表舞台から去ったはずのルルーシュが再び立ち上がらなければならない理由ってなんだろうか。また扇がやらかしたのでは……と思うと大変つらい。

■八位:カードキャプターさくら

色々な意味で業の深い作品ではあるけれど、個人的に重要なのは「変身したら衣装が変わる」ということを「魔法少女物のお約束」として扱った「魔法少女物のパロディ」的な側面をもつ作品でもあることだと思う。
上に上げた『魔法少女まどか☆マギカ』や『魔法少女リリカルなのは』がそうであるように、「魔法少女パロディ物」というのは「魔法少女物のお約束」に則った上での「外し」というところに面白さがあると思うけれど、こうした「お約束」をある程度明確に「お約束」として扱ってパロディにした作品として『カードキャプターさくら』は重要なんじゃないだろうか。だって少なくともこの時点ですでに「魔法少女物のお約束として『変身したら衣装が変わる』は存在し、パロディにされていた」という事は揺るがないのだから。1998年なのに!CLAMPは凄い。続編も映像化が決まっているけど、元々は違うのに現在では魔法少女物の本流に近いところに置かれた『カードキャプターさくら』が今どういう映像化をされるのか楽しみだ。

■一○位:おそ松さん

赤塚不二夫の『おそ松くん』のアニメ化……と言うよりは骨子を受け継ぎつつ、凄まじくリッチなコント番組に昇華されたアニメという印象の快作。オチを放り投げてそのまま回収しなかったり、キャラが死んだのに次週が始まったら何事も無かったかのように復活していたりとやりたい放題だけど、コント番組としてはあまりにも面白すぎた。設定が生えたり無くなったり変わったりするけど、基本的なところは揺るがないのがまた良い。
あの伝説の一話とかも本当によかったデスネ……。「流行ってるものを全部載せてみました」というあの無秩序さ。あれで方向性がはっきりわかったので、二期にもああいうのを是非……。
それにしても「とっくに死んでる」発言が監修済みとは思わなかったな……。

■番外

それはそれとして74位に入った『少年ハリウッド』はクリスマスに「二期最終話でやったライブパートを完全版にして放送する」ということをやってくれるので、興味がある方は是非見てください。少年ハリウッドのメンバー達を愛するファン達がクラウドファンディング形式で出資して制作されるという事実だけで既に面白くありませんか?

『キラキラプリキュアアラモード』プリキュアのお約束から脱却して見える新たな可能性について

『魔法つかいプリキュア!』はプリキュアシリーズのみならず、東映がこれまで制作してきた全ての女児向けアニメに繋がるような一つの集大成ともいえる作品だった。『ふたりはプリキュア』で見られた「本来なら接点のない人と人とが繋がる事で生まれる美しさ」を魔女っ子物的な要素で包み込んで昇華した『魔法つかいプリキュア!』は、本当に素晴らしい作品だった
『魔法つかいプリキュア!』がそんな「王道を往く」作品だとしたら、現在放送中の『キラキラプリキュアアラモード』は変化球であり野心的な作品だと言えるだろう。なぜなら『キラキラプリキュアアラモード』は、プリキュアシリーズにおいて「お約束」になっていた幾つもの要素を意図的に外している作品だからだ。
例えば事前情報でも明かされていた「アクションシーンで肉弾戦はしない」という点もそうだ。
プリキュアシリーズのアクションはファンタジックパワーを用いたりするなど、細部では細かい変化をつけているものの主となっていたのは肉弾戦だった。パンチだったりキックだったり。こうした肉弾戦は「どういう動きをさせるか」などでキャラごとの個性を演出をしていて、動きを見れば見るほど「キャラクターらしさ」を感じるところではあったのだが、『キラキラプリキュアアラモード』ではあえて肉弾戦を封印。肉弾戦をやりたいときもワンクッション挟ませるように変化した。
この変化がありかなしかは人によると思うが、個人的には「肉弾戦をやる時はワンクッション挟ませる」という工夫が必要になった事で、そのキャラクターらしさがより強調されているように思う。「腕にクリーム状のエフェクトをまとわせて殴る」というアクションは行ったキュアジェラートの「体力に自信がある」という部分を強調しているように思うし、キュアマカロンなどは肉弾戦を禁止したことで立ち回りだけで優雅な雰囲気を演出することが出来る。
直接的な肉弾戦を禁止し「やるとしても一工夫必要」にしたことでアクションの組み立て方が難しくなった部分もあると思うが、攻撃側に転じるアクション全てに変身アイテムでもある「スイーツパクト」が絡むため、今まででも屈指の存在感がある。この点は販促的な意味でも良くなったところなのではないかと思う。

また作劇の面で見ると「敵組織」というものが存在していない点も本作の面白いところだろう。
これまでは何だかんだ言いながらも「プリキュア対敵組織」という構図を採用し、ある一つのものを巡る敵組織との戦いの中でプリキュア達はその特定のものに関して自分達なりの答えを出していく物語が展開されてきたが、本作は「想いを込めたスイーツに宿るキラキラルというエネルギーを巡る戦い」なので「敵組織との対立」よりも「スイーツが生み出す力」の方に重みを置かれており、敵組織が存在していない。プリキュア達と対立する存在として11話からジュリオが登場しているものの、彼も組織だって行動しているような様子はなく、本当に本作は敵組織が不在のまま進行していく様相を見せ始めている。
正直なところ、「スイーツが生み出す力」に比重を置いた物語展開が既に面白いため、敵組織が必要かどうかでいえば必要ないとは思う。代わりにアクション要素の方がおまけになっているような気がしないでもないが、「スイーツ」を題材にした作品としてはそちらに比重を置いた話を展開していくのも悪くないし、むしろ様々なスイーツが登場し物語の中で重要な位置に配置していくことで「スイーツの持つ力」が随所で感じさせた方が本作のここまでの物語展開的には相応しいように思うのだ。
とはいえ、ジュリオとの対立は「スイーツを巡る戦い」であるため、このまま一筋縄ではいかないように思うし、序盤から登場していた悪い妖精たちもスイーツの素晴らしさに触れた事で変わっていくようにも思う。これまでとは違って「敵組織を倒して終わり」のような明確な終着点が見えないだけに、どこに行きつくのか気になるところだが、毎話ごとの面白さは既に確立されているし、既に『ドリームスターズ』で彼女達の強さは確認できているので、このまま流されるように見守っていきたい。

それはそれとしてキュアショコラさんが恰好良すぎる件について。
キュアショコラさんはなんというか「男装の麗人」じゃなくて、「自分の性別とか関係なくこの人はこういう格好いい挙動をさりげなくやってくる人なんだ」という強さがある。人間的にイケメンなので、そりゃもう格好いい……!変身前のあの気配りの出来るイケメン挙動っぷりを見てると「無敵か!」という気持ちになってくる。正直日曜の朝に見るのにはつらい。
ああ、格好いいなあ……。

今からでも間に合う『アイドルタイム・プリパラ』のススメ

2017年3月末で2014年から展開されていた『プリパラ』が放送終了しました。
4月4日からはそんな『プリパラ』の続編として新たに『アイドルタイム・プリパラ』が放送開始したので「今からでも間に合うよ」ということで宣伝しておきます。『けものフレンズ』の脚本を担当された田辺茂範氏も今作から脚本で参加されるそうなので見てください。よろしくお願いします。

■そもそも『アイドルタイム・プリパラ』って何?

タカラトミーアーツとシンソフィアが共同開発した女児向けアーケードゲーム及び、そのアーケードゲームを原作に展開されているタツノコプロ制作の女児向けアニメのことです。
アニメもゲームも基本となるストーリーは同じで、「プリチケ」と呼ばれる特別なチケットを手にした子なら誰でもアイドルになれて、どんな夢でも叶えられる夢のテーマパーク「プリパラ」を舞台に、少女達が「神アイドル」というアイドルの頂点を目指して「自分だけのアイドル活動」に奮闘します。
本記事は主にアニメの宣伝のために執筆しているためゲームについては割愛しますが、アニメの制作を手がけているタツノコプロとタカラトミーアーツ&シンソフィアは良好な関係を築いている事や、前作『プリパラ』の際には「アニメで再登場を果たしたキャラクターが期間限定でその週のうちにゲームにも再登場する」をやっていた事を考えると、『アイドルタイム・プリパラ』はそのうちゲームとアニメの連動性を意識した動きを見せてくると思いますので、気が向いたらプレイしてみてください。オンデマンド印刷でプリントされるプリチケはこの世に一つしか無いものなので結構嬉しいですよ。

■で、『アイドルタイム・プリパラ』ってどんな話?

簡単にまとめれば「「神アイドル」の真中らぁらとプリパラアイドルに憧れる夢川ゆいの二人の少女が、アイドル活動によってオープンしたばかりのプリパラを盛り上げていく」という話です。
本作の舞台となるパパラ宿は物語が始まる直前までプリパラが存在せず、「女子は男子のプリパラ、略して「ダンプリ」で男性アイドルを応援するのが普通!」で「そもそも女子のアイドルなんてはしたない」という空気感のある街。プリパラが大好きなゆいは周囲からは当然のように「変わり者」として扱われているのですが、そんな彼女の元にプリチケが届いたことと、神アイドルのらぁらと出会った事をきっかけにアイドルデビュー! みんなにプリパラを知ってもらって、ライブをする場所しかないプリパラを盛り上げるために「みんな友達!みんなアイドル!」を胸にアイドル活動に奮闘します。
『探偵オペラミルキィホームズ』の森脇真琴監督が監督を努めているので全体的な色合いとしてはコメディが強く、連続性はあるものの基本的には一話完結なのでいきなり見ても大丈夫だと思います。

■見どころは?

いくつかありますが、何と言っても物語でしょう。
本作がコメディ色の強い作品であることは事実ですが、しかしながらその根底にあるものは非常に重いものです。
今作の根底にあるものは前項でも少し触れましたが「空気感」です。「プリパラは男子がやるもので、女子がやるものではない」「女子はダンプリのアイドルを応援するもの」という空気感が存在するパパラ宿は「プリパラでアイドルをしたい」と考えるゆい達のような少女にとっては逆境そのものです。
またゆい達の通っている私立アボカド学園は全寮制で、風紀委員が常に目を光らせ、地獄耳で監視しているため、「プリパラでアイドルがしたい」と言ってもアイドルとして活動することはままなりません。「プリパラを盛り上げたい」と考えているゆい達は、まはその「空気感」に立ち向かう事になります。そうした空気感を作り出している存在として君臨しているのが風紀委員長であり、私立アボカド学園の理事長である大神田川ババリアですが、彼女達も一筋縄ではいかないキャラクターであるため、彼女達にまずはプリパラの魅力を知ってもらうところから始めなければなりません。また女子がアイドルデビューをガンガン果たしていけばダンプリの盛り上がりにも影響が出てくることも予想されるので、プリパラVSダンプリも考えられるところです。
このように「パパラ宿のプリパラ」は周囲を取り巻く環境が環境なだけに、ゆい達の戦いは苦労しそうですが、この辺りを重さを損なわないように配慮しながらもコミカルに見せていくのが本作の最大の見所です。

また毎週の見どころとしてはライブパートがありますね。
タツノコプロ渾身のCGで描かれるライブパートは美麗ですし、物語に合わせて徐々にアップデートされていくのも面白いところです。現在はまだ三人チームでのライブはありませんが、三人で一つのものを作り上げた瞬間とその喜びで胸がときめく彼女達の姿が楽しみですね。

■推しアイドルは?

え、STG(スタイリッシュ・タフ・ガイ)のめが兄ぃ……という冗談は置いておいて、既にアイドルデビューが確定している組としては「虹色にの」でしょうか。
運動神経抜群なキャラクターなので、「なぜプリパラでアイドルをするのか」「どんなアイドルになるのか」が気になりますね。その運動神経の高さを活かしたダンスパフォーマンスには期待したいところです。
全キャラクターということならタッキー……。「足が生えていてオカマ口調で喋る炊飯器」とか言っている意味がまるで分かりませんが、出てきてすぐに異常なキャラの立ち方をしていて見ていて面白いです。なんなんでしょうね、タッキー。
またダンプリで活躍している三人組アイドルチームの「WITH」も気になります。一体彼らはどんなライブをやってくれるのでしょうか。注目です。

■最後に

キッズ向けアニメなので放送時間は火曜の夕方17時55分からですが、あにてれしあたーやニコニコ動画でも一話と最新話は配信中なので、今からでも見てください。

あにてれしあたー:アイドルタイム・プリパラ
ニコニコ動画:アイドルタイム・プリパラ

夏にサマーライブツアーで大阪と東京でライブもやるのでよろしくお願いします。

■最後に その2

前作の『プリパラ』を見たほうがいいかでいうと、特に見なくても問題ないと思います。
ただ「らぁらがどうやって神アイドルになったのか」も含め、「このスタッフに本気で作らせるととんでもないものを作る」ということが分かるので、見ておいて損はしないと思います。全部で140話ありますが、1話から38話、39話から89話、90話から140話で大きな話には一区切りついているので、140話もある長編作品の割には見やすい方だと思います。個人的には12話ぐらいまで一気に見るのがオススメです。

おわり。

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター